MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2007年05月18日

風林火山館 其の二

大手門の両脇には館の見張り台として
活躍したであろう『二階櫓』がそびえ立っています。

風林火山館(二階櫓)

そして、大手門を通って中に入ると、
ドラマの中で孫子の旗を披露した広場が
広がってます。

風林火山館(孫子の旗)

テレビの中で見た広場は結構、広い印象でしたが、
実際に現場に立ってみると意外と狭かった印象が。。。
人が一杯いたからかな??

そして、ここが『本殿』です。

風林火山館(本殿)

武田信玄の居館「躑躅ヶ崎館」もこんな感じだった
のでしょうか?
ガイドのおじさんが話していましたが
結構忠実に再現されているようです。


でも、やっぱり撮影セット的な感じがしてしまうんです
よね…。そこで改めて感じることは撮影技術は凄いなぁ
ってことです。
本物に見えてしまいますもんね!

そうそう、大手門のところでは似非・山本勘助が
いましたが、似非・武田信玄もいましたよ。
観光客と一緒に記念撮影していました。


風林火山館については今回で終わりです。
次回は諏訪頼重討伐の際に、武田信玄が本陣を敷いた
と言われてる『御射山社(みさやましゃ)』について
です。
お楽しみに。
posted by pleasure1975 at 03:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

風林火山館 其の一

まずは発券所で観覧券を購入します。
列に並んで待つこと5分くらいでチケットを
買うことはできました♪

風林火山〜戦国時代を駆け抜けた名将「武田信玄」と軍師「山本勘助」〜
その発券所で
『風林火山』
〜戦国時代を駆け抜けた
 名将「武田信玄」と軍師「山本勘助」〜
という冊子(パンフレット?)が
定価500円のところ300円で販売していたので
ついつい買ってしまいました (^0^;)

でもなかなか読みごたえのある冊子でしたよ♪
内容的には歴史を背景に「武田信玄」「山本勘助」
にゆかりのある土地・物の紹介や
謎につつまれた「山本勘助」の生い立ちなど。

もしまだ売っていたら300円なので、
買いだと思いますよぉ!
※私はその出版社のまわし者ではありませんよ わーい(嬉しい顔)




発券所から門をくぐり、右手にお土産屋を見ながら
冠木門まで歩いて行くと冠木門の手前から長い行列が
出来てました。
あちゃ〜、大手門に入るのにこんなに並ぶんだぁ・・・。
って思ってたら何のことはない。
鎧をまとった似非「山本勘助」との記念撮影待ちの
行列でした。
大手門をバックに「山本勘助」と記念撮影をしていました。
私は時間的な余裕がなかったので、その列を横目に
大手門に急ぎました。
風林火山館(大手門)


立派な水堀もあり、パッと見は「おぉ〜」って感じでした。
風林火山館の水堀(濠)

風林火山館の開館時間は?
posted by pleasure1975 at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

風林火山館到着!!

やっと山梨県は北杜市に位置する
大河ドラマ「風林火山」の撮影の為に建てられた
躑躅ヶ崎館を再現した「風林火山館」に
辿り着きました!
風林火山館とMINI

午前8時半開館だとばかり思って、
8時半過ぎに「風林火山館」の駐車場に到着したら
客足もまばらで大して人気がないんだなぁ〜って
思っていたら、午前9時半開館でした。

そんじゃ車の中で仮眠をとろうと思い、
1時間ほど寝てしまって起きたら、
周りは車だらけ…。
しかも、駐車場に入ることができない車もいるくらい
人が集まってました。流石はゴールデンウィーク!
そして今、注目の「風林火山」
GWの風林火山館


それでは「風林火山館」の配置図をご覧にいれましょう。

風林火山館の案内図



風林火山館の場所
posted by pleasure1975 at 02:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

武田信玄の棒道

前回の「三分一湧水」から徒歩でいける距離に
武田信玄が軍用道路として作ったとされている
『武田信玄の棒道』があります。

棒道には、「上の棒道」「中の棒道」「下の棒道」の
3本が存在していたと伝えられています。
『武田信玄の棒道』はその中の「上の棒道」です。

武田信玄の棒道1

この棒道の途中には5キロ間隔に36体ほどの(観音様)が
設置されていて、現在はハイキングコースとなっています。
武田信玄の棒道の石仏

ハイキングコースと言っても特に整備されている様子もなく
時々道標が設置されているだけです。
それよりも「発砲注意」という看板にはビックリ!
気をつけないと撃たれますよ わーい(嬉しい顔)
発砲注意の看板

獣道に近い感じなので、軽装でのハイキングは難しいと
思います。行かれる方はある程度覚悟の上でハイキング
してみてください くつ

次はいよいよ「風林火山館」です。お楽しみに♪


武田信玄の棒道の位置
posted by pleasure1975 at 06:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

三分一湧水

「風林火山館」が開館するのが、
午前9時30分なのでそれまでの間は周辺に
位置する「武田信玄の棒道」に行ってみようと思い、
MINIを走らせました。

その途中、日本アルプスをバックに記念撮影。
快晴で最高の観光日和になりました。
日本アルプスとMINI


さてさて、「武田信玄の棒道」へ行く途中、
武田信玄の発案で造られたと言われている灌漑用施設の
『三分一湧水』
に立ち寄りました。
※武田信玄が関わっていたか真偽の程はわかっていません。

三分一湧水1

今は公園として整備されており、周辺を散策することが
できるようになっています。敷地内には「三分一湧水館」
があり、湧水の仕組みや水質を中心に民話や歴史などを
紹介されています。
三分一湧水とMINI

さらに「そば処三分一」や農産物直売所が併設されていて
食事や買い物をすることもできます。
隣接する児童公園にはアスレチックがあり、子供たちも
十分楽しむことができる公園になっています。

「風林火山館」に行かれる際に時間に余裕がある場合は
寄ってみてはいかがですか?
三分一湧水公園


詳細はこちら

信州放浪紀 目次に戻る



三分一湧水の場所は?
posted by pleasure1975 at 02:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

躑躅ヶ崎館って?

さて、武田神社の続きです。
ここで、なぜ「躑躅ヶ崎館」と呼ばれるようになったのか?
武田氏三代(信虎・信玄・勝頼)の居館にして、躑躅ヶ崎の西方に
あるところから後世、この別称を用いたと伝えられている
ようです。
『躑躅ヶ崎』の読み方ですが、「つつじがさき」って読みます。

武田神社全図

この武田神社は武田氏三代の居館であったこと以外にも
「武田水琴窟」や「姫の井戸」なんてものも存在します。
「武田水琴窟」とは?下の写真をご覧下さい!

武田水琴窟

この「武田水琴窟」とは、土中に底に穴をあけた竹筒を埋め、
そこにわずかな水を流す。水はその穴から水滴となって落ち、
竹筒の中で反響して、琴の穴にも似た澄んだ音色を地中に
響かせています。
隣でニワトリがうるさいかったですが、耳を筒に近づけて聞いてみると確かに軽い金属音のような感じで、水滴が落ちる音が聞こえてきました♪

次に「姫の井戸」を紹介します。

姫の井戸

「姫の井戸」は躑躅ヶ崎館の中でも生活の中心となる場所にあり、
一説によると信玄公のご息女誕生のおりに、産湯に使用したことに
より「姫の井戸」と名付けられたと言われています。

最後に「手水の作法」をご紹介いたします。
下の写真で勉強してくださいね!

手水の作法

次は武田神社(躑躅ヶ崎)を出発して、向かった「武田の棒道」について
旅の思い出を綴ります。
お楽しみに♪

信州放浪紀 目次に戻る


武田神社(躑躅ヶ崎館)の場所
posted by pleasure1975 at 02:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

武田神社

いよいよ始まりました!! 武田信玄カテゴリー。
最初は『武田神社』
武田信虎、武田信玄、武田勝頼と3代にわたって拠点とした
武田氏の居館跡である躑躅ヶ崎館。
武田神社(神橋)

この武田神社(躑躅ヶ崎館)は武田信玄の父である
武田信虎が永正16年(1519年)に石和から館を移した
ことから始まった!
その後、武田信玄、武田勝頼と武田家当主の館として
使われました。

武田神社

また、敷地内には能が行われる『甲陽武能殿』建てられている。

武田神社(甲陽武能殿)

武田神社(甲陽武能殿)2

次回はもう少し詳しい内容をお届けします!
お楽しみに♪

信州放浪紀 目次に戻る
posted by pleasure1975 at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

信州放浪紀 目次

今回のGWの旅のテーマ
「武田信玄・山本勘助・由布姫ゆかりの地めぐり」
NHKで『風林火山』という大河ドラマを放送して
おりますが、その流れにのって、
武田信玄、山本勘助、由布姫に関連する場所をメインに
信州放浪の旅を敢行してきました。

その道程を実際に訪れた順に紹介していきます。
※記事が追加されるごとにリンクも追加していきます。

5/4(金)

■武田神社(躑躅ヶ崎館)
■三分一湧水
■武田信玄の棒道
■風林火山館
■御射山社
■諏訪大社上社本宮
■小坂観音院
■高島城
■諏訪大社下社秋宮
■建福寺・由布姫の墓
■高遠城址
■杖突峠




5/5(土)

■小諸城址・懐古園
■生島足島神社
■葛尾城跡(坂城町)
■荒砥城跡
■川中島古戦場[八幡原史跡公園]
■松代城跡[海津城]
■真田邸
■勘助墓地
■北斎館

とりあえず、今回まわることができたのは
上記のポイントだけでした。
この他にも武田信玄や山本勘助、由布姫にまつわる場所は
たくさんありますが、ご勘弁を!
また、上記以外にもこんないいところがあるよって方は
ぜひぜひ教えてください。
次の旅先リストに加えたいと思います!

随時、今回まわったポイント毎に写真や情報、感想などを
アップしていきます。お楽しみに♪武田神社までの道のり(青梅街道の早朝)
posted by pleasure1975 at 02:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

GW終了!!

ただいまっと!
武田信玄・山本勘助・由布姫ゆかりの地めぐり信州放浪の旅から
帰ってきました。いろいろな所を見て来ましたよぉ〜♪
2日間で移動した距離、なんと867km。
まぁ、よく走りましたな (^0^;)
でも、1日で1000km走った経験があるので、運転自体は結構
楽勝でした。しかし、行く所行く所、結構歩くところが多く
どちらかというと歩き疲れの方が大きかったです。

3・4・5日は晴天に恵まれて絶好の観光日和でしたが、
最終日は全国的に湿った感じで観光には向かなかった
ようですね。

皆さんはどこか出かけましたか?
旅の思い出などもしよろしければコメントを残して
くださいね!

とうとう、今年のGWも終わってしまいました。
次の大型連休は「夏休み」ですかな?
今から待ち遠しい限りです。
そんな待ち遠しい「夏休み」をキチンと迎えられるよう
明日からのお仕事、お勉強頑張りましょう!!
posted by pleasure1975 at 22:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

武田信玄カテ追加!

いよいよ、ゴールデンウィークの後半戦が始まりました!
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
既に日付けは5月4日になってしまっているので、残り3日ですね。
充実した連休をお過ごし下さい!!

我輩はこれから信州へ放浪の旅に行って参ります!

NHKの大河ドラマ「風林火山」で注目されている「武田信玄」
その武田信玄と山本勘助、由布姫にゆかりのある土地を
メインに気ままな旅をしてこようと思います。

と言うわけで、今回改めて新カテゴリー「武田信玄」を追加しました。
今回の旅の記事は「武田信玄カテゴリー」で書き綴りますので、
ぜひぜひチェックしてくださいね!
ま、チェックして下さいねって言っても更新は連休最終日に
なってしまいそうですが…。

それでは、これより甲斐の国へ出陣して参ります (^0^)/〜
posted by pleasure1975 at 02:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

浄土が浜(剛台展望台)

さてさて、また昨年のGWで行った東北巡りの放浪紀の続きを!

今回は岩手県は宮古市の海岸線に広がる陸中海岸国立公園内の
『浄土が浜』にスポットをあてたいと思います。
海岸線を走る国道45号線から脇道にそれて少し走ったところに
あります。

観光地だけあって、第一・第二・第三駐車場まであって、
合計で350台以上の車を停めることができます。
しかし、環境保全なのか?
各駐車場から本当の観光スポットである『浄土が浜』までは
結構歩く必要があります。
しかも、結構な坂道を下りて、帰りは上がってこなければならない
ので、歩き易い服装、靴で行かれることをオススメします!!

ゴールデンウィーク中ともあって、なかなかの人出があり、
第三駐車場まで満車に近い状況…。
今回は第三駐車場に駐車して『浄土が浜』の海岸線まで歩くことに。
その途中に『剛台展望台』があり"蛸の浜(たこのはま)"や"姉ヶ崎"を
見下ろすことができます。

こんな感じです。

蛸の浜(剛台展望台)

とても綺麗で気持ちのいい景色です♪
ぜひぜひ、ご自分の目でお確かめください!!

姉ヶ崎(剛台展望台)

この剛台展望台の他にも「御台場展望台」「舘ヶ崎展望台」があり
それぞれ絶好のビューポイントになっているようです。

詳しくは宮古市のホームページをご覧下さい!!

次回は『浄土が浜』の写真と感想を公開したいと思いますので、
お楽しみに♪
posted by pleasure1975 at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

【番外編】Google Map

どもども、このブログは旅先の情報を載せることが多く、
記事とともに地図があったらいいなぁ…なんて思っていた
のですが、会社のシステムエンジニアにアドバイスを
もらいつつも『Google Map』をこのブログに導入して
みました。

Google Map自体、一部のブラウザには対応しておらず、
現在自分が利用している「Safari1.3」ではGoogle Mapを
利用することができず…わざわざOperaかFireFoxで
動作確認をしなければならないのが面倒くさかったですが、
下の記事に搭載してみました。

★巨釜
http://coopers.seesaa.net/article/40387913.html

★ちょっと寄り道
http://coopers.seesaa.net/article/39970694.html

まだまだ、Markerを表示させたり、線を引きたかったり、
いろいろなことがしたいので、研究段階ですが、
これから皆さんに分かりやすい情報を提供できるように
精進してまいりますので、今後とも
『MINIでいくMINIなオトコの放浪紀』をご愛顧頂きますよう
よろしくお願い致します m(_ _)m
posted by pleasure1975 at 03:13| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ブログランキング参加

試しに、人気ブログランキングなるものに登録してみました。
『週間ブログ王』ってサイトです。
ここからどれだけのトラフィックを運べるかわからないけれど。
参加してみたいと思います。

相互リンクが必要なようなので、はっておきます。
ご興味のある方は覗いてみてください。
このリンクをクリックしたからといって
このブログのランキングがどうにかなるってことは
ないようです。

『週間ブログ王』
posted by pleasure1975 at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。