MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年01月26日

東照宮〜神楽殿・祈祷殿

陽明門をくぐって右手に見えるのが『神楽殿』

日光東照宮〜神楽殿

この建物は、春秋の大祭の時に八乙女が神楽を奏するところです。
前後に部屋が分かれていて、前は舞台、後は装束の間となっています。

そして、その奥に見えるのは『祈祷殿』
正式名称は「上社務所(かみしゃむしょ)」。

日光東照宮〜祈祷殿

『神楽殿』『祈祷殿』もさすがは東照宮。
きらびやかです!!

そして、この2つの建物に挟まれるように『奥宮』『眠り猫』の
参拝入口があります。

奥宮・眠り猫参拝入口

東照宮の入口で1300円の拝観料を払っていれば
別途拝観料を払わなくても参拝することができます。

さぁ、この先に国宝にも指定されている『眠り猫』が姿を現します。
次回は『眠り猫』です。
posted by pleasure1975 at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

『SHIMBASHI』

『眠り猫』に行く前にチョット寄り道。

みなさん、『新橋』の駅に行ったことはありますか?
もしくは『日本橋』
関西の方は『難波』の駅!

これらの駅に行ったときに
何か気になったことってありませんか??

『SHIMBASHI』
『NIHOMBASHI』
『NAMBA』

おっと駅の名前だけではありませんでした。
昨年ACLで優勝した『ガンバ大阪』
これもローマ字にすると
『GAMBA OSAKA』

そう、おわかりですよね。
『ン』という発音なのに『M』なんです。

『新宿』は同じ『ン』の発音なのに『SHINJUKU』
『銀座』『GINZA』
おぉ〜!なぜだぁ〜??

『ン』なのに『M』なわけは?
posted by pleasure1975 at 00:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

東照宮〜陽明門4

今回で4回目の『陽明門』
でも、今回が最終回です。

写真を中心に当時最先端の工芸の技が凝縮されている『陽明門』
ご案内していいきます。

日光東照宮〜陽明門

貝殻を焼いた顔料、胡粉で仕上げた軸部の白と、軒周りの黒漆塗りのコントラストが美しい陽明門は正面三間、側面ニ間の楼門。

日光東照宮〜陽明門

左側から見た『陽明門』です。
どこから見ても素晴らしい門は素晴らしい!!

そして、さすがは世界遺産に登録されている日光東照宮です。
連休中ということも手伝ってか大勢の観光客がその素晴らしさを
楽しんでいました。


そんな素晴らしい門を楽しんでいただくために知っておきたいポイントは?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

東照宮〜陽明門3

今回も引き続き、『陽明門』をご案内していきます。

ところで、まず質問です。
陽明門の『逆さ柱』をご存知でしょうか?

陽明門は12本の柱で支えられています。
そして、その柱には「グリ紋」と呼ばれる文様が彫られています。

日光東照宮〜グリ紋

上の写真の赤い部分が「グリ紋」と呼ばれる文様。
耳の大きいミッキーマ○スみたいですよね。

で?『逆さ柱』って??
その12本のうち1本だけが逆さなんです。
グリ紋が!!

日光東照宮〜逆さ柱

上の写真、耳の大きいミッキーマ○スが逆さになっているでしょ?
そう「グリ紋」が逆さになっているんです。
この1本だけ!!

しかし、一体なぜなんでしょう??


なぜ?1本だけ逆さまなの??
posted by pleasure1975 at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

東照宮〜陽明門2

またまた前の記事と間があいてしまいましたね…。
寒いせい…いやいや言い訳です。

さて、今回も引き続き『陽明門』について紹介していきたい
と思います。

日光東照宮〜陽明門

どうでしょう?
この威風堂々たる出で立ち (^0^)

さて、この『陽明門』
名前の由来をご存知でしょうか??

京都御所の十二門のうちの名称を朝廷から賜ったもののようです。
後水尾天皇の御宸筆による勅額があるので「勅額門」ともいわれたそうです。


他にも別名があります。何という名称だったでしょうか?
posted by pleasure1975 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

東照宮〜陽明門1

いよいよ、日光東照宮といえばこれ!と言ってもいい程
有名な『陽明門』の登場です。

陽明門001

行かれたことはありますか?
関東近県の小学校に通われていた方であれば修学旅行か
遠足で行かれたことがあるんじゃないでしょうか?

まぁ、でも小さい頃なので鮮明に記憶されてないかも
しれませんね。
ぜひ、大人になってから大人の視線で『陽明門』を見てみて
ください。全然違うと思いますよぉ〜。
まだ行かれたことがないという方は是非是非!!
損はしないと思います。
posted by pleasure1975 at 22:00| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

東照宮〜鼓楼

今回は「鐘楼」とは反対側に位置する『鼓楼』
ご案内いたします。

日光東照宮〜鼓楼

「鐘楼」をご案内した時にお伝えした通り、「鼓楼」に彫られている
彫刻の数は38体と「鐘楼」と比較すると半数以下です。
ですが、建物の構造自体は「鐘楼」と同じなので高さは12.6mあり
立派な建物であることは変わりありません。

日光東照宮〜鼓楼

立派でしょ?
「鼓楼」の特徴は立て札に記されていました。

日光東照宮〜鼓楼

なるほど、建築物下部のスカートのような裾廻りのことを
「袴腰形」と言うんですねぇ。

さて、次回はいよいよ『陽明門』です。
posted by pleasure1975 at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

東照宮〜鐘楼

さて、「唐銅鳥居」をくぐり石段を上ると正面には
『陽明門』が見えます。
「陽明門」を向いて右手に『鐘楼』、左手に『鼓楼』
建っています。

今回は、右手に見える『鐘楼(しょうろう)』をご案内します。

日光東照宮〜鐘楼

『鐘楼』とは読んで字の如く、
鐘(釣鐘)が納められている建物です。

日光東照宮〜鐘楼

鐘をつく棒の「撞木(しゅもく)」が見えるでしょ?


さて、「鐘楼」と「鼓楼」は飾り付けが違うんだそうです。

どんな違いでしょうか?
posted by pleasure1975 at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

東照宮〜輪蔵・唐銅鳥居

ゴージャスな手水舎「御水舎(おみずや)」から
陽明門方面を見ると見えるのが
『唐銅鳥居(からどうとりい)』

唐銅鳥居

これは青銅で作られた高さ6メートルの鳥居で、
日本で初めて作られた青銅製の鳥居なんだそうです。
2000両もかけて作られたようですよ。
凄いですよね!!

そして、この「唐銅鳥居」をくぐり左手にあるのが
『輪蔵(りんぞう)』です。

日光東照宮〜輪蔵

仏教の経典を納める「経蔵(きょうぞう)」ですが、
一切経1456部、6325巻を納めた8角形の回転式の書架が
置かれていることから『輪蔵』という名前がついている
ようです。

回転式の書架?
posted by pleasure1975 at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

2009年START!!

新年あけましておめでとうございます!
2008年もあっという間に過ぎ去ってしまい、
2009年がスタートしましたね。

正月2009仕様

新年を迎え、『MINIでいくMINIなオトコの放浪紀』も
正月モードに切り替えました。
若干、クリスマス仕様と比較するとやっつけな感じが
ありますが… (^-^;

でも、相棒を牛カラーにしたり、ディテールには少しこだわりが。


2008年も相棒と一緒にいろいろなところへ行きましたが、
今年2009年も相棒と一緒にいろいろなところへ放浪したいと
思います!!

お暇な時にお好きな時に覗いてみてくださいね。
本年もよろしくお願いしま〜す!!
posted by pleasure1975 at 13:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。