MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年06月26日

城ヶ崎〜半四郎落し物語

『半四郎落し物語』

…この断崖絶壁にも切なくも悲しい物語が存在しました。

半四郎落し物語

むかし、ここ城ヶ崎にほど近い富戸村に、半四郎とおよしというたいそう仲のよい夫婦がおりました。ある日、半四郎はひとり海へトジ(※1)刈りに出掛けました。
カゴにいっぱいのトジを背負い岩場で休んでから家に帰ろうとつかれた腰を伸ばした瞬間、背中のトジに引かれ、あっという間に海へ落ちてしまいました。
知らせを聞いたおよしはたいそう悲しみ、ここへ来ては立ちつくし涙を流す日々が続きました。
以来ここ城ヶ崎一帯には毎年秋になると飛び散ったおよしの涙にも似たイソギクの花が可憐な姿を見せるようになりました。
そして、いつの頃か村人達は、ここ「半四郎落し」と呼ぶようになったということです。
※1:"トジ"とは、しっくい壁に使う海藻のこと。
※2:"イソギク"とはキク科の多年草。秋に黄色い花を咲かせる。
と説明されています。

『半四郎』が落ちて亡くなった断崖絶壁とは?


posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。