MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年11月29日

小梨平キャンプ場

今回は『上高地』にあるキャンプ場
『小梨平キャンプ場』へご案内します。

小梨平キャンプ場〜上高地

この『小梨平キャンプ場』は河童橋から明神橋方面へ5分ほど
歩いたところにあります。

沢山の方々がテントを張って野営をしていました。
真夏でも涼しい『上高地』は夜の防寒対策とか必要なんでしょうかね?
ここ『小梨平キャンプ場』は結構設備が整ってますよ!

どんな設備があるの?
posted by pleasure1975 at 02:23| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

上高地ビジターセンター

『河童橋』からそれほど離れていないところにある
『上高地ビジターセンター』へご案内します。

上高地ビジターセンター

『上高地』が初めてで、あまり『上高地』のことを知らない方は
ぜひこの『上高地ビジターセンター』に寄って予習してみてください。
ここである程度予習してから『上高地』を散策するのとそうでないのでは
だいぶ見る範囲というか深さが変わってきてしまいます。

「いいの!大自然の空気を吸いにきただけなんだから!!」

って方には無理強いはしませんが、
初心者必見の場所だと思います。

そんな『上高地ビジターセンター』には何があるの?
posted by pleasure1975 at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

清水川

今回は「河童橋」から「明神橋」方面へ数十メートルのところにある
清水橋の下を流れる『清水川(しみずかわ)』へご案内します。

清水川〜上高地

この『清水川』は、六百山に降った雨や雪解け水が地下水になり
湧き出たものなんだそうです。
そして、『清水川』の全長は200mと短いため、
そのまんま綺麗な地下水が流れているんです。

そのため、ほとんどの上高地の施設の飲料水として
この清水川の水源が利用されているんだそうです。
川底には『清水川』が綺麗な証拠となる、あるものが!

『清水川』の水のキレイさを証明するものとは?
posted by pleasure1975 at 01:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

上高地から見る穂高連峰

『山紫水明』そんな言葉があてはまる『上高地』
今までの記事では、とかく「水」の透明度、美しさについて
ご紹介していましたが、今回は「山」にスポットを
あててみたいと思います。

上高地から見る穂高連峰

これは上高地から見ることができる『穂高連峰』の姿です。
頂上付近には「雪渓」らしき白いものが見えますね。

「雪渓」といえば、日本では「白馬の大雪渓」が有名です。

比較的低い場所に見える白い(薄い灰色)部分はガレ場と呼ばれる
岩がゴロゴロしているエリアのようですが、岳沢カールの頂上付近に
見える白いものは「雪渓」のようですね。

この3000m級の山々が連なる『穂高連峰』の中で一番高い山は
どの山だかご存知ですか??

三択です。

1.涸沢岳
2.奥穂高岳
3.北穂高岳


さて、どの山が『穂高連峰』最高峰の山でしょう?
posted by pleasure1975 at 04:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

河童橋

今回は『上高地』の中でも最も有名なスポットと言ってもよいくらい
人気のスポット『河童橋(かっぱばし)』へご案内します。

河童橋〜上高地

上の写真にも書きましたが、
この『河童橋』「五代目」なんです!
見た感じも新しい感じがしますよね?
1997年に架け替えられたものなので、まだ12年しか経っていないんです。
チョット歴史を感じることが出来ないのが残念ですね。

河童橋〜上高地

この『河童橋』はバスターミナルから歩いて10分程度の場所にあり、
バスターミナルでバスを降車したら、まずはここに向かうのではないでしょうか?
やはり、『河童橋』の人気は高いらしく『河童橋』を背景に記念撮影をされている
方々が多かったです!

やはり、芥川龍之介効果もあるんでしょうかねぇ〜?
ここ『河童橋』は芥川龍之介著の小説「河童」の
舞台になっているところですから。

初代『河童橋』が作られたのは1891年、
芥川龍之介の小説「河童」が発表されたのは1927年。
ですから、小説の影響で『河童橋』という名前になったのではない
ことがわかります。

ではなぜ『河童橋』と呼ばれるようになったのでしょうか?
posted by pleasure1975 at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

梓川の名前の由来

前回の記事で『梓川(あずさがわ)』の美しさをご紹介しましたが、
今回の記事ではその美しい『梓川』が『梓川』と名付けられた理由や、
上高地を通り抜けた後、どこへ流れ着くのか?をご紹介したいと思います。

梓川と穂高連峰

まずは、名前の由来から。
『あずさがわ』ってなかなか美しい響きですよね?
そう思うのは自分だけかな?

さて、なぜ『梓川』という名がついたかというと
その昔、上流では梓弓の材料として朝廷にも献上していた
上質な「梓(あずさ)」が取れたからといわれています。

ところで『梓』って?
カバノキ科の植物で、落葉高木だそうです。
材質は堅く、器具・家具材とし、古くは弓や板木に利用されたそうな。
なるほど、それで「梓」は朝廷に献上されたんですね。

『梓』って「ヨグソミネバリ(夜糞峰榛)」って別名があるんです。
「あずさ」って美しい響きから想像することができない
「夜糞」って言葉…。

『梓』にはサリチル酸メチルという物質を多く含んでいて、
枝を折ると独特の臭いがすることから、「夜糞」という名が
ついているようです。
どんな臭いがするのか気になるところではありますが、
最近では良質の「梓」が減少してしまっているようで
植樹・育成活動が始まっているということですので、
大切に扱わなくてはいけませんね!


さて、この『梓川』は上高地を抜けた後はどこへ流れ着くの?
『梓川』が流れ着くのは太平洋?日本海?
posted by pleasure1975 at 02:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

梓川の清流

『上高地』と聞いて、最初に何を思い浮かべますか?
という質問をしたらどんな結果になるのでしょうか?

知名度が高いのは、やはり芥川龍之介の小説の影響で『河童橋』
一番になるのかもしれませんね。
その次は、「大正池」あたりでしょうか?

この両方に関わっているが『梓川(あずさがわ)』なのです。
パッと思いつく名所としてすぐに名前はあがってこないかも
しれませんが、間違いなく『梓川』は『上高地』の主役であると
思います。

今回はそんな『上高地』のシンボルリバーである
『梓川(あずさがわ)』
へご案内します!!

上高地のシンボルリバー「梓川」

この写真、「上高地について」という記事のメインビジュアルにも
使用していますが、お気に入り写真の一枚です♪
青い空と穂高連峰、そして梓川の青(エメラルドグリーン)が
とてもキレイに撮れた一枚なんです。

今回はこの中の『梓川(あずさがわ)』にスポットをあてて
ご案内していきたいと思います。

『上高地』を訪れて感動するポイントのひとつとして
透明度の高い『梓川』の美しさは外すことができないでしょう!
写真でどこまで伝わるかわかりませんが、
『梓川』の透明度、美しさが伝わりそうな写真を何枚かピックアップ
してみました!

『梓川』の写真はこちら!
posted by pleasure1975 at 02:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

超薄型モバイルノート

今回は旅ネタを少しはなれて気になる商品コレクションです。

以前、『Mac Book Air』発売されたときも驚きましたが、
今回のこのモバイルノートも驚きました!
なんと!最薄部が0.97cm、最厚部が1.03cm!!
平均0.99cmなんです。

そのモバイルノートは『Adamo XPS』(DELL)

「Mac Book Air」は最薄部が0.4cmとありえない薄さでしたが、それはホントに先端部の最薄部の厚み…最厚部が1.94cmでしたから、およそ2年間でここまで薄くなるんですね〜。

技術の進歩っていうのはスゴいです。
ホント日進月歩ですね。

畳んで真横から見ると「ペン」が置いてあるじゃないか?
って思うくらい薄いですよ。
標準バッテリー搭載の最小構成で重量は1.44kg〜。
これは「Mac Book Air」以下にはならなかったですね…。
でも許容範囲の重量なのではないでしょうか?

しかも「インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー」搭載!


こんな説明じゃ全然わからないよ…
って方はこちら ⇒ Adamo XPS

【商品スペック】
 Dell Adamo XPS BREATHTAKER

・Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビット
・インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー SU9400 (1.4GHz)
・4GBメモリ
・128GB SSD
・ワイヤレスLAN
・13.4インチワイド画面
・1年保守 [出張対応による修理]
・24時間テクニカル電話サポート

販売価格:174,000円  <11/20時点>


Adamo XPSの詳細はこちら
posted by pleasure1975 at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

上高地バスターミナル

今回は、沢渡大橋駐車場からシャトルバスに乗って
『上高地バスターミナル』をめざします。
駐車場にとまっている車の数はそこそこあるのですが、
まだ午前7時過ぎということもあってか、
バスを待っている人影はまばらでした。

それでも、途中途中のバス停から人が乗り込むと
そこそこの乗車人数になってました。

「マイカー規制」が行われているおかげで渋滞はありません。
すいすいとシャトルバスは上高地に向けて進んでいきます。
もちろん、バスの中からでも美しい景色を
満喫することができます♪

シャトルバスの中から見る梓川

もし、バスの座席を選ぶ余裕があるのであれば、
進行方向に向かって左側の席
陣取られることをオススメします!
復路は逆の右側を。

シャトルバスの中から見た大正池

バスの車窓からの撮影なので、電線が見切れてしまっていますが、
朝一の幻想的な「大正池」を眺めることができます♪
シャトルバスは、大正池の右岸を通るため、
視界が開けているのは左側なのです!

焼岳もきれいに眺めることができますよ~!

いよいよ『上高地バスターミナル』に到着!
続きはこちら!

posted by pleasure1975 at 02:26| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

沢渡大橋駐車場

さて、今回は上高地の玄関口って感じの沢渡周辺の駐車場をご案内します。
「沢渡」と書いて「さわんど」って読みます。

沢渡大橋駐車場

前回の記事でも書きましたが、
1996年から『通年マイカー規制』が始まり、自分の車で上高地に
入ることは出来ないんです!

行ってみればお分かりになると思いますよ。マイカー規制の必要性を。

さて、そういうわけですので、松本方面からお越しの方は「沢渡周辺」、
岐阜方面からお越しの方は「平湯周辺」の駐車場に愛車を駐車して
低公害仕様のハイブリッドシャトルバスに乗り換えて『上高地』
目指すわけです。

上高地の低公害仕様のシャトルバス

これが低公害仕様の上高地行きのシャトルバスです。
さすが徹底していますね。
大量のガソリンを消費し排気ガスを出してしまう低速時にモーターが
回転して極力排気ガスを減らす努力をしているみたいです。

沢渡大橋駐車場

というわけで、相棒はここでお留守番。
今回、駐車した駐車場は沢渡の中でも一番松本よりなんじゃないかと
思われる「沢渡大橋駐車場」です。

1日駐車で500円というのは、良心的な価格設定じゃないでしょうか。
午前7時頃に到着したのですが、結構車が停まってました。

ここ沢渡周辺には15ヵ所の有料駐車場があります。
それぞれの駐車場の近くにはバス停が設置されているので心配ありませんよ。

沢渡大橋バス停

そして、「沢渡大橋駐車場」から200mくらいのところにある
「沢渡大橋バス停」へ。
ここ「沢渡大橋バス停」から『上高地』までは約25分。
乗車券は券販売所で購入します。
往復で2000円、片道1200円です。
確か途中の「大正池」までは若干安めだったと思いますが、
大差はありません。

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい⇒上高地公式Web

それでは、早速!
低公害車両のシャトルバスに乗って、『上高地』を目指しましょう!!
と言いたいところですが、少し脱線して。。。

ここにたどり着くまでにショッキングな出来事が…
続きはこちら!

posted by pleasure1975 at 01:21| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

上高地について

上高地放浪紀スタート!

行きたい!行きたいっ!!って思っていながらなかなか行くことができなかった
『上高地 (かみこうち)』
念願かなって今年の夏に行ってきました♪

想像していた以上に素晴らしい場所でした。
そんな『上高地』がどんなところなのか!?

簡単ではありますがご紹介したいと思います。

『上高地』って?
posted by pleasure1975 at 02:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

上高地散策マップ

書こう!書きたい!!と思いつつもなかなか書くことが出来なかった
『上高地放浪紀』
がいよいよスタートです!!

「上高地」に行かれた方はご存知のことだとは思いますが、
「特別名勝」「特別天然記念物」に指定されている
『上高地』は本当に素晴らしいところです!!

まずは、『上高地』を全体的に俯瞰するために
「上高地ウォーキングマップ」
を作成してみました。
※今回、自分が散策した範囲だけですが…。

上高地ウォーキングマップ
▲上の画像をクリックすると拡大表示されます


それでは、早速『上高地』をご案内していきましょう。

『上高地放浪紀』の目次はこちら!
posted by pleasure1975 at 01:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

うなぎ屋『尾花』

今回も放浪番外編。
うなぎ屋の老舗シリーズ第二弾!!

『尾花』(東京都荒川区南千住)

うなぎ屋〜尾花のうな重
↑3500円のうな重。

このお店は「松」「竹」「梅」などの名称でランク付けをしていませんでした。
「3000円」「3500円」「4000円」のうな重が用意されています。

何でこの時期に「うなぎ」?
まぁ、どのタイミングでうなぎを食べるって決まりはないのですが、
今年の土用の丑の日に「うなぎ」を食べにいった
『野田岩』で「うなぎ」の旬はいつなんですか?って質問してみたら
「秋」ってことだったので、
このタイミングでもうひとつの老舗『尾花』
訪れたのであります。

ここ『尾花』のうなぎはどうだったか?というと
とても美味しかったです♪
しかも、メチャクチャ柔らかい!
THE 東京の『うなぎ』って感じです (^-^)

口に入れると噛む前に鰻がとろけてしまいます。
秋のうなぎで脂が乗っているからかもしれません。

そして、『尾花』で初めて食べたあるものがとても美味しかったんです。

はじめて食べた美味しかったものとは一体?
posted by pleasure1975 at 03:46| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

戦国時代の武将シリーズ

またブログの更新をサボり中… (^-^;
ホントは夏休みで行った『上高地』のことを皆さんに紹介したいのですが。
只今、準備中であります。

そんな充電中の最中ですが、ジョージアが
PHP研究所の月刊誌『歴史街道』とコラボして
『戦国時代の武将シリーズ』
という形で武将の絵柄がプリントされた
缶コーヒーを期間限定?本数限定?で発売中!!

ジョージア「戦国時代の武将シリーズ」

※但し、コンビニ限定商品のようです。

まずは、『直江兼続』『前田慶次』
『真田幸村』が欲しかったんですが、ありませんでした。
10人の武将が描かれているんだそうです。

残りの7人は誰?
posted by pleasure1975 at 22:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。