MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2010年07月31日

金明水と銀明水

富士山の頂上、正確には富士宮登山道の終点である
『浅間大社奥宮』にたどり着いたのは、
午前3時30分頃のこと。
事前に調べた情報だと、2009年8月23日の富士山の日の出時刻は5時10分頃。
なんと1時間30分以上も待たなくてはいけないのでありました… (^-^;

先程、9合目での気温は5.5℃
頂上付近は3〜4℃という真夏とは思えないほどの低気温。
しかも風が強〜い!
体感温度は氷点下に近いくらいなのではないだろうか??

風をよけられる場所を探して、
浅間大社奥宮から東へ、御殿場口に歩を進めると
ちょうど風をよけられそうな岩場が!
そこに腰をおろして15分、体にあたる風を感じることは
ないけれど、やはりジ〜ッとしていると寒い!!

しかも、日の出の5時10分までは、まだまだ時間が。。。
というわけで、ベストな御来光ポイントを探す旅(大袈裟な…)を続行!!

銀明水の位置

御殿場口の登下山道があるとこに
『銀明水』という湧き水ポイントがあります。
残念ながら、水が湧き出ているところは見れませんでした。
「山頂に出る貴重な水」ということで祠を置いて祭られています。

銀明水の位置

『銀明水』のほかに『金明水』というのも存在して
吉田口登山道の近くにあるようなんですが、
残念ながら、それを確認することはできませんでした…。

この『金明水』と『銀明水』に関して、
こんな逸話が残っているようです。

金明水・銀明水に関する逸話


posted by pleasure1975 at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。