MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年05月15日

宇治川

「平等院」と「宇治上神社」、2つの世界遺産の間を流れる川
『宇治川』へご案内します!

宇治橋〜宇治川周辺散策
▲宇治川にかかる橋「宇治橋」

橋の近くに立てられている案内板によると
『日本最古級の橋』
だそうです。

案内板に書かれている内容を紹介しましょう!
1300年以上もむかし、大化2年(646年)に初めて架けられたと伝えられる。わが国最古級の橋です。
その長い歴史の中で、洪水や地震などの被害はもちろん、戦乱に巻き込まれたことも数えきれません。
しかし、橋はそのつど架けなおされてきました。ここ宇治が、交通上重要な場所であり続けたことのあらわれでしょう。
またこの橋は、古今和歌集や源氏物語をはじめとする文学作品、絵画や工芸品といった美術作品に描かれるなど、古くから景勝の地・宇治の象徴として親しまれてきました。
現在の橋は、長さ155.4m、幅25m、平成8年2月に架け替えられたもので、木製の高欄に擬宝珠があしらわれるなど、この橋の豊かな歴史と文化にふさわしいデザインがほどこされました。これからも宇治の名所のひとつとして優雅な姿を川面にうつしていくことでしょう。
橋なかほどに張り出した「三の間」は、豊臣秀吉が茶の湯の水を汲ませた場所と伝えられ、毎年10月に行われている宇治茶まつりでは今もここから水が汲まれます。
この広場には、昭和の宇治橋の「三の間」を利用してテラスを設けました。川と橋、そして周囲の山々が織りなす宇治の光風を、心ゆくまでお楽しみください。

なるほど、何度も架け替えられているのですな!
「日本最古級の橋」って橋の歴史がってことなんですねぇ〜。

でも、今もむかしもこの橋が「交通上重要な場所」というのは確かですね。
この日も、この橋の上はたくさんの車が走り渡っていました!

宇治川河畔の様子はこちら!


posted by pleasure1975 at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。