MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年09月14日

石見銀山のお土産

閉館ギリギリで『旧河島家』に入館したので、
見学して出てきたころには、すでに他の見学スポットは
閉館しておりました・・・。

〜石見銀山
▲熊谷家住宅

内部を見学することができませんでしたので、外の案内板に書かれていた
『熊谷家住宅』の説明文をご紹介します。
熊谷家は、文献によると17世紀に石見銀山の経営に携わり、その後、掛屋(かけや)で郷宿(ごうやど)、代官所の御用達を勤めたことが知られている。当主は代々町役人(年寄職)を勤めていた。
主屋は寛政12年(1800年)の大火後の享和元年(1801年)の建築で、幕府巡見使の公用宿や町役人としての用向き、御用達などの商用や日常生活にあてたと考えられる。
町並みの中で最も大きく質の優れた民家建築で、有力商人の身分や生活の変遷をよく示した建物として高い価値が認められる。
建物は平成13年度から17年度にかけて保存修理工事を行い、幕末から明治初年(1868年)の姿に復原した。

次回、『石見銀山』に訪れた際には第一優先で『熊谷家住宅』に向かいたいと思います。

さて、そんなわけで他の観光スポットは
全て閉館してしまっている状況だったので、
何かお土産でも〜?って思いながらキョロキョロしていると

「ここ石見銀山でしか売っていないよ〜!」

って売っているせんべい?クッキー?屋さんが!

《続きはこちら⇒》石見銀山でしか売っていなお菓子とは?


posted by pleasure1975 at 02:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。