MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年11月30日

吉田松蔭の生誕地

前回の記事でご案内した松下村塾発祥の地『玉木文之進旧宅』から
少し歩いたところに、吉田松陰の生誕地跡と墓地があります。

吉田松陰の生誕地

現在、その建物は残っておらず、「建物の敷石」と「松陰産湯の井戸」が
残っているのみです。
敷地内には明治維新100周年を記念して1968年に
吉田松陰とその弟子・金子重輔を従えて、
下田沖のペリー艦隊を見つめる姿が銅像で再現されています。

《続きはこちら⇒》『吉田松陰の銅像』はこちら!
posted by pleasure1975 at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

玉木文之進旧宅

前回の記事でご案内した「松下村塾」の発祥の地といわれている
『玉木文之進旧宅』へご案内します!

玉木文之進旧宅
▲玉木文之進旧宅

建物は、木造茅葺き平屋建て。
8畳の座敷のほか4畳の畳部屋・3畳半の玄関・4畳半の板間と土間の台所があるそうです。
残念ながら、建物の内部を見学することはできません。

さて、「玉木文之進」とはいったい何者?

《続きはこちら⇒》『玉木文之進』って何者?
posted by pleasure1975 at 02:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

松下村塾

吉田松陰も講義をおこなった『松下村塾』へ
ご案内します!

松下村塾

松下村塾
▲松下村塾


前回の記事で紹介した「松蔭神社(萩市)」の
境内に修復され現存しています。

この建物は松蔭の実家である杉家の母屋を増築したもので、
ここで幕末に活躍した志士たちが松蔭の講義を聞き、
学んでいたのだそうです。

ここで松蔭の講義を受けていた門下生には
どんな人々がいたのでしょうか?

《続きはこちら⇒》松下村塾の門下生とは?
posted by pleasure1975 at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。