MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年08月06日

続・厳島神社

昨日に引き続き、『厳島神社』についてです。

今回は「本殿」「高舞台」「平舞台」などなど、
厳島神社の社殿の中でもメインとなる部分を撮ってきた写真と
ともに紹介していきたいと思います!

厳島神社の「本殿」と「高舞台」

工事関係の人ですかねぇ。
補強工事の打ち合わせかな??
工事関係者がいる隣が「高舞台」そしてその奥が「本殿」です。

厳島神社の「本殿」と「高舞台」

団体の旅行客がわんさかやってきました。
さすがは世界文化遺産です。次から次へといろいろな観光客が訪れてました。

厳島神社の創建は西暦593年と言いますから、今から1415年も前のことなんですね。まぁ今のような壮大な社殿が建てられたのは、西暦1168年の平安時代後期ですから840年前。それでも800年以上前に建てられた社殿が今も美しく残されているというのは、多くの人々の信仰を受けて守られてきた証しですよね。



海の中の厳島神社

なぜ海の中に作られたのか?
「宮島」に行かれたことがある人は耳にしている可能性が高いです。
なぜなら行き帰りのフェリーの館内放送で語られてましたから。

それは…
『島全体がご神体とされ神聖視されていたため』
と言われています。
島本体に社殿を建てて傷つけること嫌ったのでしょうね。
しかし、大きなご神体ですねぇ (^-^)


明日は本殿から見た夕暮れに佇む「大鳥居」をご紹介します。


posted by pleasure1975 at 23:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はぁ、そういう理由で海にねぇ…。

pleasureさんの説明って心地よいです。
いつもそう思います。

Posted by sanae at 2008年08月07日 15:33
ありがとうございます!!

徒然なるままに旅の記録をただ書いていて、
あとはその時にどんなことを感じて思ったのかを
残していこうって、最初は日記のようなものでした。

でも、いろいろな人がこのブログに訪れて
自分の文章を読んでくれているんだなぁって
思ったら、自分の知識を深めるという目的も
含めつつ、その地、その時に発見したこと
後で調べて分かったことを伝えていければな!
って勝手に使命感をもって書いています。

そんな自分にsanaeさんの言葉はあたたかいです♪
本当にありがとうございます。

これからも、よろしくお願いしま〜す (^-^)v
Posted by pleasure at 2008年08月08日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。