MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年08月07日

続々・厳島神社

この記事で「中国地方」に関する記事が30記事目です。
関東人のなに「関東地方」はまだ3件です…。
ネタはあるんですが、なかなか記事にする勢いが得られなく…
ま、そのうちに書きたいと思います。

さて、今日から暦の上では『秋』です。
まだまだ暑い日が続きますけどね…。


さて、今回は「厳島神社」の本殿から「大鳥居」を見てみます。

夕暮れに佇む大鳥居

日が傾き、夕暮れに佇む「大鳥居」が何かいい感じです。
多くの人々が「平舞台」に座り、そんな「大鳥居」を眺めつつ近づく波の音を聞きながらゆっくりとした時の流れを楽しんでいるようでした。

夕暮れに佇む大鳥居

自分も30分から40分ほど満潮になるのを待ったのですが、なかなか満潮になる気配がないので、諦めてその場を去りました。
次回、宮島を訪れる時は満潮時に「厳島神社」が海に浮かぶ状態を見てみたいです。


この『厳島神社』が世界文化遺産に登録されていることはご存知ですよね。
しかし、この世界文化遺産の登録を維持するのってとても大変なことなんだそうです。



これは小学生に説明をしていたガイドのおばさんの話の受け売りなですが、

例えば、台風が来て厳島神社の平舞台などが波にさらわれてしまったりしますよね?
そうなってしまったら、流された建て材(木材)を集めて、その建て材を使って修理・修繕しなければならないそうなんです。
新しい木材を使って修理をしてしまってはいけないのだそうな。。。

さすがは「世界文化遺産」
厳しいですねぇ〜。


本殿の中から大鳥居方面を見る

本殿から五重塔を望む

この写真は本殿内部から「大鳥居」「五重塔」を見た写真です。
どこからどこを見ても素晴らしいのは、やはり「世界文化遺産」に登録されている「厳島神社」が醸し出すオーラなんでしょうかねぇ〜。


次回は「厳島神社」最後の記事で、「能舞台」と「反橋」をご紹介します!


posted by pleasure1975 at 22:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界遺産も楽じゃないのですね。
これから台風シーズンに入るので関係者は大変です。
命がけで板を集めてるニュース映像を見た事あります。
新しい資材で修復したらダメなんだね、知らなかった。
Posted by sanae at 2008年08月08日 21:13
先日、岩手県の妙好山雲際寺が火災で全焼したというニュースが流れていました。何でも「源義経のものと伝えられる位牌」が安置されていたとか。
位牌はどうなってしまったのでしょうかね?

歴史的建造物などを保守メンテナンスするのは一般家屋と違い、構造の面からも歴史的側面から言っても大変なんでしょうねぇ〜。
厳島神社の場合は、火災にも気をつけなければならないし、台風などの水害にも気をつけなければならいない上に世界文化遺産ですから、相当気をつかっているのでしょう!

そんな関係者の努力と苦労を噛みしめつつ、歴史的な建造物の観光をしなければなりませんね!!
Posted by pleasure at 2008年08月09日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。