MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年10月12日

みなとみらい21

先日B'zのLIVE-GYMで日産スタジアムに行ったので、横浜自体は久しぶりではなかったんですが、こうやってぶら〜っと歩いてみるのは久しぶりです。

鎌倉に行く途中の途中下車的な感じですが、「みなとみらい」に寄ってみました。
今でも日本一の高さを誇る『横浜ランドマークタワー』がそびえ立ってました。
1993年に完成したので、もう15年も経っているんですねぇ…。

横浜ランドマークタワー

確かに当時の新鮮さは感じられない、あって当たり前の存在になっています。

世界では年々、超高層ビルの高さが更新され続けてますが、技術的に高い水準を保っているはずの日本では、なぜ1993年完成の横浜ランドマークタワーがいまだに日本最高の高さを誇る建築物なのでしょうか?

だって、台湾のタイペイでは『Taipei 101』というタワー部分(アンテナ部分を除く)が509mで世界最高の建物が造られているんです。しかも2004年竣工なので、もう4年も前の話です。
「横浜ランドマークタワー」の高さが約296mですから、509mって相当高いですよね!
世界の高層ビルの高さランキングがこのサイトで確認することができます。
World's Tallest Skyscrapers (英語)

何でなんだろう??
ってチョットだけネットで調べてみました。




普通に考えると日本は地震が多いので耐震構造的な問題が大きいのかなぁって思うじゃないですか?
それも要因のひとつなのですが、最も大きな影響力…抑止力を与えているのは『航空法』らしいんです。『横浜ランドマークタワー』の高さもこの航空法による高さ制限で現在の高さが決まったみたいです。

横浜ランドマークタワー

詳しくはwikiから引用します。
概ね空港滑走路からの距離で定まる。滑走路の中心にある標点の標高を基準に制限表面と呼ばれる高さ規制があり、標点から半径4kmまでは標点の標高プラス45m(水平表面)、そこからすり鉢状に高くなり(円錐表面)、空港から16.5kmから24kmの範囲内では標点の標高プラス295mに制限される(外側水平表面)。
滑走路の前後方向にはさらに厳しい規制がかけられる(進入表面・延長進入表面)。
ただし、仮設物や避雷設備、その他飛行の安全を害さないものは、所管航空局長の承認を受ければ制限表面を超えて設置することもできる。

だそうな。まぁ、安全第一ですからね!
そこら辺は仕方が無い感じですな。

509mの『Taipei101』って…真下から見上げてみたいですね!

2011年に竣工する予定の『東京スカイツリー』は高さ610mで計画されていますよね。今から楽しみです。
あ!『航空法』のカラミで羽田空港から距離をとった押上に建築することになったんですかねぇ〜。何で押上なんだろう??って思っていたんですよぉ。

そんな未来に思いを馳せつつ、「みなとみらい」で相棒を撮影!!

みなとみらいとMINI

実は相棒の後ろ姿がとても好きです。

よこはまコスモワールド

ついでに『よこはまコスモワールド』の観覧車も!
この「コスモクロック21」って観覧車、実は世界最大の時計機能を持つ観覧車なんだそうな。
ふ〜ん (^-^;


さて、次回は『赤レンガ倉庫』で撮ってきた写真をご紹介!


posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。