MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年10月13日

赤レンガ倉庫の歴史

今回は横浜の観光名所のひとつとして多くの方が訪れる
『赤レンガ倉庫』にやってきました。
足を運ぶのは今回が初めてではないのですが、こうやって写真を撮りにくるってのは初めてです。一眼レフを買ったからですかねぇ、写真が撮りたくて (^-^;

赤レンガ倉庫

この日の横浜は朝のうち雲が多く…もっと澄んだ青空だったらもっとイイ感じで撮れたのかもしれませんが、残念 (ToT)

赤レンガ倉庫を見ると真っ先に『あぶない刑事』のエンディングテーマだった舘ひろしの「冷たい太陽」が頭の中を流れてくるんですが…自分だけかな (^0^;
1986年のドラマだっていうから、もう22年前のドラマになるんですねぇ〜。

赤レンガ倉庫から見る「新港埠頭」
↑赤レンガ倉庫から見る「新港埠頭」

『赤レンガ倉庫』は国営保税倉庫として明治終わりから大正はじめにかけて完成し、ここに税関埠頭、現在の「新港埠頭」が生まれたそうです。

赤レンガパーク

「赤レンガパーク」から『赤レンガ倉庫』を眺めてみました。
手前の右側が「2号倉庫」、奥の左側が「1号倉庫」です。



わざとらしい質問でしたねぇ。
ことさら、そんな質問をするってことは…
そう、「2号倉庫」の方が先に完成したのです。
「2号倉庫」の完成は1911年(明治44)、そして「1号倉庫」が完成したのは1913年(大正2年)。「1号倉庫」よりも「2号倉庫」の方が2年も早く完成しているんです。

何でなんでしょうね?

規模も「2号倉庫」の方が大きいような気がするんですけど…。
どなたかご存知の方がいたら、教えてください!!

旧税関事務所遺構

旧税関事務所遺構

赤レンガパークには、「旧税関事務所の遺構」があります。
上の2枚の写真がそうです。
今は花壇として利用され、ライトアップされています。

なんと、この「旧税関事務所の遺構」は赤レンガパークを造成する工事が始まるまで発見されませんでした。そんなことがあるんですねぇ。
関東大震災で焼失し、復旧されないまま埋め戻され、荷さばき用地になっていたそうです。

次回も引き続き、『赤レンガ倉庫』をご紹介いたします。
お楽しみに!!


posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。