MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年10月19日

鎌倉〜鎌倉大仏

まずは手水舎で手を清めましょう。

高徳院の手水舎

高徳院の手水舎

手水の作法は覚えていますか?
柄杓(ひしゃく)で1回水をすくい、左手、右手とすすいだ後に手に水をためて口をすすぎ、改めて左手をすすいだら、残った水で柄杓(ひしゃく)をすすぎます。
これが一般的な手水の作法です。

『武田神社』を紹介したときにも説明しましたよね。

まぁ、あくまでも一般的な作法ということで!

手水舎の向こう側にはいました『鎌倉大仏』が!

鎌倉大仏

国宝『鎌倉大仏』です。
さて、この『鎌倉大仏』『奈良の大仏』、どちらが大きいと思いますか??



奈良の大仏の高さが約14.7m
鎌倉の大仏の高さが約13.4m
違いは約1.3mしかありませんが、感覚的に『鎌倉の大仏』の方がかなり小さいように感じました。

比較する対象物との距離が大きいからですかねぇ?
奈良の大仏は「大仏殿」の中で、他の像とも大きさの比較ができるからでしょうか。

鎌倉大仏

昔はこの『鎌倉の大仏』も大仏殿の中に安置されていたんだそうです。

その大仏殿は1334年(建武元)と1369年(応安2)の台風により倒壊しますが、その都度建て直されました。しかし1498年(明応7)の海潮に流失以来は復興されることなく、現在のような露像という形になっているんだそうな。

鎌倉大仏

かなり猫背です (^0^;

鎌倉大仏

この『鎌倉大仏』、誰が何のために造ったのかなど資料が少なく、明らかになっていない部分が多く謎が多いのだそうです。

う〜ん、謎多き仏像…『鎌倉大仏』

しかし、高徳院にはこう説明されてました。
源頼朝の侍女であったといわれる稲多野局(いだののつぼね)が発起し、僧浄光が勧進(資金集め)して造った。零細な民間の金銭を集積して成ったもので、国家や王侯が資金を出して作ったものではない。
はじめは木造で暦仁元年(1238)に着工し6年間で完成したが、宝治元年(1247)台風で倒れたので、再び資金を集め、建長4年(1252)に至って現在の青銅の像を鋳造し、大仏殿を造って安置した。
原型作者は不明であるが、鋳工として大野五郎右エ門や丹治久友の名が伝えられる。

はて?何が正しいのやら??
こういった情報が多ければ多い程、謎は深まっていきますね。

鎌倉大仏

鎌倉大仏

以上、『鎌倉大仏』のリポートでした。
そうそう、20円払うと大仏胎内の拝観ができますよぉ。
特に中に何があるってわけではないのですが、仏さまの胎内を一度体感してみては?

次回の記事では、鎌倉ではよく見かけるかわいい小動物の写真をお見せしますね!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんんばんわ〜、pleasureさん。
ワクです。お久しぶりです!(⌒▽⌒)

鎌倉の大仏、中に入れるんですか??

すごい!!
僕も神社仏閣好きで、
いろいろ周ったりするのですが、
胎内に入れるというのは
初めて知りました。

ええ〜!!
スゴイ興味ありますね〜。

奈良の大仏、
春日大社のすぐ近くですよね。
pleasureさんが、いろんなところを旅行する。
僕たちがそれを見て
自分の経験と重ね合わせて
「ああ!そうそう、こういうのあった」とかになる。

pleasureさんは、
僕にとってネット上の「るるぶ」のようなモノかなぁ。

いつもコメントなくて
ゴメンナサイ、pleasureさん。
でもpleasureさんの旅行記、
楽しみにしています♪

ではでは〜
Posted by ワク at 2008年10月19日 20:59
こんばんは、ワクさん!

そうなんですよぉ〜!
なんと鎌倉大仏は胎内に入れちゃうんです。
仏さまの胎内に入れるなんて珍しいですよねぇ〜。

しかも20円というリーズナブル?な料金設定 (^-^;
まぁ、価格相応の内容ではあるのですが、仏さまの胎内に入るという貴重な体験が20円で実現するのであれば、安いですよね?

>pleasureさんは、
>僕にとってネット上の「るるぶ」のようなモノかなぁ。

なんて言ってもらえるなんて…
本当にありがとうございます。

>自分の経験と重ね合わせて
>「ああ!そうそう、こういうのあった」

そのように感じていただけると書いている甲斐が
あるってものです。

そして、ワクさんのように
「僕はこう感じた」
「わたしはこう思った」って感想を
コメントに残していただけると
とても嬉しいですねぇ〜♪

ワクさん、いつもありがとうございます!!
Posted by pleasure at 2008年10月20日 02:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108041324

この記事へのトラックバック

【まちねり】初夏の鎌倉〜江ノ島(1/3)
Excerpt: 大仏の内部
Weblog: PoweredTEXT
Tracked: 2009-08-18 14:21

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。