MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年11月05日

飛騨牛

「さんまち」をぶらぶら歩いて「高山陣屋」前に
たどり着いたのは午後5時半過ぎ。

高山陣屋の閉門

残念ながら「高山陣屋」はすでに閉門していました…。
また明日にしよ〜。

仕方が無いので、高山駅周辺をぶらぶらしていると
そろそろ夕食の時間。

飛騨高山といえば『飛騨牛』
まぁ、その他にも「朴葉味噌」「高山ラーメン」など
名物、名産は数ありますが、
とりあえずは『飛騨牛』を食さねば!!

というわけで、飛騨牛が食べれるお店を探しました。
経済的な問題もあって高級店で食すことはできません
でしたが、店を探す条件として。

・気軽に入れる店
・混んでない店
・高級店はNG

さて、街を歩き探しているとありました!
「金政」ってお店です。

飛騨牛「金政」

店内はこんな感じで普通にある定食屋さんのようなお店です。
でも、ちゃんと『飛騨牛』を食べさせてくれるんですよ。
しかも、結構リーズナブルなお値段で。

なんで、ちゃんとした『飛騨牛』ってわかるかって?
牛肉トレーサビリティって奴です。



これです。

牛肉トレーサビリティ

「金政」で食べた牛肉の個体識別番号で検索してみると。

平成16年4月3日に高山で生まれ、その後平成18年8月8日に
屠畜(とちく)されるまで2年と4ヵ月を飛騨で過ごした
黒毛和種の正真正銘の『飛騨牛』でした。

飛騨牛とは岐阜県内で14ヶ月以上肥育された「黒毛和種」で、日本食肉格付協会の枝肉格付で5等級〜3等級に認定された物である。
とwikipediaに説明されています。

すごいですよ。
この牛肉トレーサビリティって。
いつ、どこで生まれて、どこに行ったのかが
全てでデータで記録されているんです。

今回はその「飛騨牛」を鉄板焼きでいただきました。

飛騨牛の鉄板焼き

「鉄板焼き」と聞くとシェフが鉄板で焼いてくれて…
なんてオシャレな感じを想像される方もいると
思いますが、金政の鉄板焼きは家庭的な鉄板焼きです。

若干、ジンギスカンを想像する肉の焼き方ですが、
野菜まで肉のうまみが染みて美味しい焼き方なんだ
そうです。(女将さん談)

感動〜☆って感じまではたどり着きませんでしたが (^-^;
確かに美味しかったです♪

でもでも、こういうこじんまりとしたお店がいいんです。
放浪の旅では!!
女将さん一人で切り盛りしているお店なんですが、
その女将さんがいろいろ高山のことを話してくれるんですよ。

そこで「朝市」の情報をゲットしました。
今は何が美味しいとか。
旅先でのこういう会話が結構重要なんですよ (^-<)☆

【地図】『金政』の場所



さて次回は、女将さんの「朝市」情報をもとに
高山の二大朝市『宮川朝市』『陣屋前朝市』へご案内いたします!


posted by pleasure1975 at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。