MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年11月27日

郡代の役宅

前回の記事(続・高山陣屋)の続きで
『郡代の役宅』です。
読んで字の如く、郡代が生活した場所です。

この役宅の建築物は1830年(文政13)の図面をもとに
平成8年3月に復元されたものです。

「御居間」「御奥」をはじめ茶室である「御囲」など
10部屋ほどで構成されています。

高山陣屋〜茶之間
ここは『茶之間』です。
奥の二部屋は「女中部屋」です。

さらに奥に進むと『台所』
高山陣屋〜台所

さらにさらに奥に進むと『土間』です。
高山陣屋〜土間

ここが『郡代の役宅』の一番奥になります。
ここからは「御役所」の方に戻ります。

戻る際に「御居間」から庭園を見る事ができるんですが、
その庭園がとてもキレイでした。




高山陣屋〜庭園

こんな感じです。
これは、「郡代の役宅」の御居間から見た庭園です。

季節も手伝ってか緑がとてもキレイでした。
紅葉時期はまた違った趣を見せてくれるかもしれません。
雪が積もった庭園もキレイかもしれませんね!!

高山陣屋〜庭園

これは御役所の『大広間』の濡れ縁から見た庭園です。


高山陣屋〜大広間

この写真は御役所の『大広間』です。
この広間は三室に分かれていて、公式の会議等に
使われていたそうです。
書院造りの『大広間』からは濡れ縁を通して庭園を見る
ことができます。

そして、御役所最後の部屋『吟味所』と『御白州』です。
高山陣屋〜御白州

ここは刑事関係の取り調べが行われた所です。
拷問などもここで行われたようです。
「責台(せめだい)」「抱石(だきいし)」など拷問で使われた
と思われる道具が展示されています。

この見どころ満載の『高山陣屋』は無料でガイドさんの
説明を聞く事ができますよ。
今回は時間の関係で、お話を聞くことが出来ませんでしたが、
もし時間に余裕があるのであれば、是非ガイドさんにお願い
してみては!!オススメです。

さて、次回の記事で『高山陣屋』は最終回です。
倉庫の中をご案内します!


posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。