MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年12月09日

東照宮〜三猿

前回の『東照宮〜神厩舎(三猿)』の続きです。
なぜ「神厩舎」の欄干に猿の彫刻が彫られているのか?

日光東照宮〜三猿

厩(うまや)になぜ猿?

古の信仰(言伝え)によるものらしいです。
ガイドのおばさんのお話では、中国から伝わったようなんですが、
猿が馬の健康を守ると言われているそうなんです。

だから、厩(うまや)に猿の彫刻なんですね〜。
すっきり!

ところで、この『神厩舎』には「三猿」の他に7枚の猿の彫刻が
彫られているのはご存知ですか?



日光東照宮〜神厩舎
これは「悩む仲間の猿を励ます猿(友)がいる。」という猿の彫刻です。

日光東照宮〜神厩舎
これは「恋に悩む猿」の彫刻です。

日光東照宮〜神厩舎
これは「結婚した猿に今後どのような荒波が起こるのか?」という
意味のある彫刻のようです。

本当はこの他にも4枚の彫刻があります。
残念ながら全てを撮ってくることはできませんでした。。。

このように一枚一枚の彫刻に意味を持たせていて、実はそれが
全て時系列に並んでいるんです。
人の一生を猿が演じてくれているのです。

へぇ〜って今になって思います。
いかに小学生の時にガイドのお兄さんの話を聞いていなかったのか
を確認することができました (^ー^;

皆さんも大人になって行ったからこそ気付く点が
あると思いますよ〜!
ぜひ、おとなになってから行っていただきたいですね (^-<)


次回は、とてもゴージャスな手水舎。
重要文化財にも指定されている『御水舎(おみずや)』
ご案内いたします。


posted by pleasure1975 at 23:15| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、pleasureさん。
ワクです。
へぇ〜、猿かぁ。。

神様で猿と言えば、
猿田彦さんを思い出すけど
ホンマ不思議やね〜。
象や猿が神格化して、龍がいたりと。

人間が想像で作ったのか?
それとも、
本当に現れて像としているのか?

神社仏閣は、不思議な感覚を与えてくれる場所ですね?
Posted by ワク at 2008年12月16日 06:47
>ワクさん

こんばんは、レスが遅くなってしまいまして
申し訳ありません。
最近、イベントごとが多くてなかなか更新することも
出来ていません…(^-^;

師走ですね(言い訳)

それにしても、ワクさんってものしりですね〜!
凄いです。
「猿田彦」って知りませんでした。
さっそくググって調べました。
「天狗の原形とされる」とwikiには書いてありました。

三重県に行くことがあったら「猿田彦神社」に
よってみたいと思います。


>神社仏閣は、不思議な感覚を与えてくれる場所ですね?

ホント、その通りですね!
今回の東照宮は特別にそのような感覚を強く感じました。
Posted by pleasure at 2008年12月18日 03:16
ばーーーーーーか
Posted by 山下太郎 at 2011年09月28日 14:44
山下 太郎さん、コメントありがとうございます。

なかなか深い一言ですね。
何に対してのコメントなのか
非常に気なるところですが…。

わざわざ貴重なお時間を割いていただき、
誠にありがとうございました。
Posted by MINIなオトコ at 2011年09月28日 16:41
すごくおもしろい
三猿大好き

Posted by ひうこ at 2012年05月15日 09:35
ひうこさん

はじめまして、
コメントありがとうございます!!

三猿をはじめ、日光東照宮はいろいろなエピソードがあって、
とても面白いですよね♪

自分も三猿好きです。
Posted by MINIなオトコ at 2012年05月15日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。