MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年02月27日

神橋

日光に行かれたことがある方は必ずと言っていい程
目にしている可能性がある橋、それが『神橋』です。

神橋

日光山の開祖・勝道上人は両岸が断崖絶壁のこの大谷川を渡ったのでしょうか?




まるで日光山が俗界から切り離された聖域のように
日光山と俗界の間を流れる大谷川。
護摩をたいて神仏の加護を求めると、雲の中から深沙王-じんじゃおう-が現れて2匹の蛇を放った。蛇は大谷川に架かり、やがて蛇の背中から山菅-やますげ-が生えて橋となった。
という言伝えが残されているようです。

このような伝説から『神橋』は「山菅橋」または「山菅の蛇橋」などとも呼ばれているそうです。
奥日光の戦場ヶ原の伝説にも大蛇が現れますが、
むかしの伝説ものには結構な割合で「蛇」が登場しますよね。
何か神格的なものがあるのでしょうか。

ちょうど、自分が行った時は『神橋』の上で結婚式(?)が
行われていました。
神橋
二荒山神社ですので、「神前結婚式」ですかね。

今は『神橋』の隣に立派な橋がかけられて、日光の交通の要所になっています。
おかげでここを起点に交通渋滞が…
神橋
この渋滞は結構シャレにならないですよ。
この渋滞を避けるには、やはり午前中の早い時間帯での日光入りを
オススメします。

さて、次回は日光で一番有名なホテル「金谷ホテル」です。
別に宿泊したわけではないんですけどね。


ラベル:日光
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。