MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年06月17日

石廊崎港

2003年9月まで運営されていた「ジャングルパーク」の閉園によって
現在はここ『石廊崎港』が「石廊崎」の観光拠点になっています。

石廊崎港

この『石廊崎港』から30分間隔で遊覧船が出航しています。
所要時間は30分前後でおとな一人1200円だったと思います。

詳しくはこちらにお問合せを⇒0558-65-0036

この『石廊崎港』の景色、素晴らしいですよ♪
水の色がエメラルドグリーンに輝いていました!!



石廊崎港

見てください!
綺麗でしょ?透き通ってるでしょ?エメラルドグリーンでしょ?

石廊崎港

透明度が高く、海底の岩を見ることができます。
しかも水の色が本当に綺麗なんです。
写真で100%表現しきれていないのが残念です。

石廊崎港

山々に囲まれた『石廊崎港』

残念なことに遊泳することはできません。
港だから当たり前か・・・(^-^;

しかし、見つけました『ヒリゾ浜』!
この『石廊崎港』の海のようなエメラルドグリーンの海で
海水浴を楽しめるところです。

陸路でその『ヒリゾ浜』に行くことはできないみたいなので、
「中木港(三坂漁港)」から船で向かうようです。
今年の夏、行けたら行ってみたいですね〜!

詳しくはこちらを⇒「ヒリゾ浜」


役の行者・小角

さて、『石廊崎港』に話を戻します。

上の写真は石廊崎港に立っている「役の行者・小角(おずぬ)」の像です。
この「役の行者・小角」とはいったい何者?
天智天皇6年(673年)、大和国葛城上郡芽原現在の(奈良県御所市茅原)に生まれ、神童と称せられた。成長して益々明敏博学特に修験者となり呪術に秀で神通力の持主となり修験道の開祖と崇められた。しかし、その呪文で世を惑わし秩序を乱したと密告され、時の文武天皇の命令で伊豆に流された。
と現地の案内板には紹介されていました。

案内板には書かれていなかったんですが、
頭の上に小さな角が生えていたので役の小角(おづぬ)と呼ばれ
神童と称せられたみたいです。どんな角だったのかわかりませんが、もはや人間では・・・。

むかし話でよく呪術などの話が伝記として残っていますが
本当のところはどうなんでしょうねぇ〜。
昔に居たなら、今も居るはず。
人知れず、現世でもどこかの離島に幽閉されているのかも?
なんて想像をふくらませてしまいます (^0^ゞ



【『石廊崎港』の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。