MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年06月18日

ペリー上陸記念碑

伊豆半島最南端の「石廊崎」から若干東北東へ移動して辿り着いたのは、
ペリーが来航した『下田港』です。

下田港

ペリーがアメリカの国書を持って一番最初に来航したのは浦賀ですが、
その後「日米和親条約」が結ばれ、開港されたのが「函館」と「下田」の
2港だったのです。

なので、ペリーが来航したのは「日米和親条約」締結後の開港された
『下田港』ということになります。



ペリー来航記念碑

ペリー来航記念碑です。
ここら辺が「日米和親条約」締結後、ペリー艦隊が入港して、
その乗組員が上陸した場所のようです。

上の写真の「ペリー来航記念碑」の横に写っている錨は、
アメリカ軍から寄贈されたものなんだそうです。

ペリー来航記念碑

上の写真の案内板にはこう記されています。
嘉永7年(安政元年-1854年)再来したペリーと幕府の間でもたれた日米和親条約の交渉過程で、開港地として下田港が提示されると、ペリーは調査船を派遣した。下田港が外洋と接近していて安全に容易に近づけること、船の出入りに便利なことなど要求している目的を完全に満たしている点にペリーは満足した。条約締結により即時開港となった下田に、ペリー艦隊が次々と入港した。そして、ペリー艦隊の乗組員が上陸したのが、下田公園下の鼻黒の地であった。ここを上陸記念の地として、「ペリー上陸記念碑」が建てられた。
と説明されています。

下田港

今はすっかり観光港的な役割が主になっている『下田港』
なんだかの〜んびりした田舎の漁港的な雰囲気が漂ってました。

ここ下田には、「ペリー上陸記念碑」以外にも開国の歴史を残す
様々な観光ポイントがあるみたいですので、ゆっくり見て回って
おいしい魚介類に舌鼓を打つなんてのがいいかもしれませんね!

下田港とMINI

久しぶりに相棒の後ろ姿も、カシャ♪


次回は、道の駅『下田みなと』へご案内します!
お楽しみに!!

『道の駅 下田みなと』はこちら

『伊豆半島放浪紀の目次』に戻る

【『ペリー上陸記念碑』の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。