MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年07月13日

足利学校〜字降松

今回は、「足利学校」の敷地内にある変わった名前のついている松をご紹介します。

その名も…
『字降松(かなふりまつ)』です。

字降松〜足利学校

この松の枝に、読めない字や意味の分からない言葉などを、
紙に書いて結んでおくと、翌日には「ふりがな」や「注釈」が
ついていたと伝えられているんです。

そういった物語?伝説?からこの松には、いつしか『字降松』という
名前がついたんだそうです。




字降松〜足利学校

松の枝に紙を結ぶことはできませんが、
今でも質問をすることができるみたい…できるのかな?

質問箱が設置されていました。


最後に『字降松』のそばに建てられていた案内看板に書かれていた
内容をご紹介します。
字降松
足利学校の七世庠主(校長)玉崗和尚は自ら九華老人と称したが、そのころ廟(びょう)の前に一本の松があった。学生がよめない文字に出合ったとき、紙に書いてこれを枝につけておくと和尚が見てふり仮名や注釈をつけてくれたので、誰れいうことなく字降松と呼ぶようになり、遂には町の人々までこの松に教えを受けたという。
当時学問を志して足利学校に学んだ学生と訓導(先生)との交流を、いみじくも伝えた心温まる足利の伝説である。
と紹介されていました。

なんと学生だけではなく、町の一般の方々もこの『字降松』
利用していたんですねぇ〜!

ぜひ、『足利学校』にいかれる際は質問を用意していかれてみては?
どうやって返答してくれるのかはわかりません…。
実際にやったことのある方、教えて〜!! (^0^ゞ

次回は『孔子廟(こうしびょう)』へご案内します。
お楽しみに!!

『足利学校〜孔子廟』はこちら

『足利放浪紀の目次』に戻る


【『字降松』の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。