MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年07月17日

足利学校〜庭園

今回は「足利学校」の美しい庭園にご案内いたします!

梅雨も明けて本格的な夏がやってきたわけですが、
足利を放浪したのは5月。
新緑が美しく輝く季節でした♪

そんな新緑がまぶしい「足利学校」の庭園はこちら!

南庭園〜足利学校

どうですか?
すばらしい庭園でしょ??

ご覧いただいているのは、敷地の南側に位置する『南庭園』

南庭園〜足利学校

足利学校の方丈の北と南それぞれに池の庭があります。この当時一般に行われていた書院庭園の形態をもつ築山泉水(つきやませんすい)庭です。
この庭は、湧き水をたたえ池の入り組んだ汀(みぎわ)と巨大な立石、それにかぶさる松が特色です。三つの峰をもつ築山は比較的高く、池の水面から3メートルほどもあり、池に映えてよく調和しています。
発掘調査の結果と江戸時代の絵図によって修復しました。この整備の資料として用いた絵図は、精密で色彩も美しいものであり、庭の築山やそれぞれ植木などは絵図により復原したものです。(江戸時代中期の姿に復原)
と説明されています。

たしかに美しい!
日本庭園っていいですよねぇ〜♪

南庭園のかるがも〜足利学校

かるがも君も気持ち良さそうに池に浮かんでました。
そして、その美しい風景を方丈の縁側で眺めている人たち。
なんだか時間がゆくっり流れているような感覚でした。

方丈から南庭園を眺める人々

しかし、これだけ美しい『南庭園』よりも格式の高い庭が方丈の北側に
あるんだそうです。




まずは『北庭園』にある案内板の内容から紹介します。
奥の庭おして、南庭園より格が高く、大きく、方丈、書院から観賞するように造られています。形式は、南庭園と同じく築山泉水庭です。
池は湧き水をたくわえ、亀の形の中島を置き、そこに弁天をまつる石祠(せきし)があります。築山が四つの峰で池を囲み、一番高い峰で水面から三メートルほどあります。
かつては、鑁阿寺の森や遠く両崖山の峰が築山越しの借景になっていたと思われます。
発掘調査の結果、この庭は南庭園より古く、三回にわたって改修され、作庭当初と合わせ四期の変遷があったことがわかりました。
と南庭園よりも古く格式高い庭と紹介されています。

書院(校長室)からみる『北庭園』

説明の中にあるように、書院(当時の校長室)から眺められるようになっています。

北庭園〜足利学校

北庭園〜足利学校

こんな感じ確かに南庭園と比べ、静かで上品な感じはしますが、
ダイナミックさでいうと『南庭園』の方が優れているような気がします。
どちらかというと個人的には『南庭園』の方が好きですね!


さて、次回はより当時の学生たちの生活に接近したいと思います。
「裏門」「衆寮」「菜園場」などへご案内します。
お楽しみに!

『足利学校〜裏門と衆寮』はこちら

『足利放浪紀の目次』に戻る

【足利学校の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。