MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年07月24日

足利学校〜方丈

前々回の「土用の丑の日」って記事で関東地方関連の記事数が
100記事を超えました。他の地方の記事もどんどん書きたいですなぁ。
あぁ〜旅がしたい!!

さて、前回、前々回とチョット寄り道をしてしまいましたが、
今回からまた『足利放浪紀』に戻りたいと思います。
今回、ご案内するのは『方丈(ほうじょう)』とそのまわりに付随する
建物です。

方丈〜足利学校

これは、『足利学校』内で最大の建物の『方丈・庫裡』です。
正確には、台所の「庫裡(くり)」と校長室の「書院(しょいん)」が
連結している建物なんです。

なんかキレイですよね?
あまり歴史の重みみたいなものを感じませんよね?





それは、復原された建物だからなんです。
なんとその工事が完了したのが平成なので、建物自体は全然新しいのです。

実は廃藩置県が行われて、『足利学校』が栃木県の管轄になると
方丈、庫裡、書院などの多くの建物が解体されて、その敷地が
小学校へと転用されてしまったのです。

その当時、それほど『足利学校』という歴史的建造物に対する意識が
低かったのでしょうね。むしろ幕府の息のかかっていた『足利学校』は
撤去すべき的な風が吹いていたのかもしれません。
もったいない話ですが、時代の流れですから仕方のない話かもしれません。

そんなわけで、この「方丈」「庫裡」「書院」
復原された建物なんです。

木小屋〜足利学校

↑炊事につかう薪や農耕機具などが格納されていたといわれている
「木小屋」です。これも復原された建物のひとつです。

土蔵〜足利学校

↑これは大切なものを保管するのに使用していたと思われる「土蔵」です。
堅牢な耐火構造で造られていることから容易に想像できますね。
これも復原されています。


日本最古の学校である『足利学校』も歴史の荒波にもまれ、
大半の建物が解体されてしまったという残念な歴史が残っています。
しかし、当時の資料や発掘作業で立派に復原されています。
今後は、このような歴史的価値のある遺構を大切に未来へと
継承していきたいですね。

さて次回の記事では、「方丈」「庫裡」「書院」の内部へ
潜入したいと思います。
お楽しみに!!

『足利学校〜宥坐の器など』はこちら

『足利放浪紀の目次』に戻る


【足利学校・方丈の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 06:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。