MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年07月29日

足利学校〜宥坐の器など

今回の記事が『足利学校』の最終回。
敷地はそれほど大きくはないのですが、なかなか見どころ満載なところでした。

方丈・庫裡〜足利学校

最終回の今回は足利学校内で最大の建物の「方丈」、
それに付随する「書院」の内部へとご案内いたします。

「方丈」への入口は、玄関からではなく、
勝手口と言うべき「庫裡」から入ります。
大きな土間がたくさんの観光客を
受け入れるのに都合もいいですしね。

そして、庫裡から玄関を通って「方丈」へ向かいます。
玄関には「孔子」や「孟子」「曾子」「顔子」などの像が!

脇玄関〜足利学校

この他にもいろいろなものが展示されてました。
孔子が説いた『中庸(ちゅうよう)』を教えてくれる不思議な器
『宥坐の器(ゆうざのき)』などが展示されていました。




『中庸』とは?
よく使われている言葉で「腹八分目」というのがありますが、
まさにその言葉の意味するところが『中庸』というのであります。

食べ過ぎればお腹をこわし、食べ足りないと体力がつかない。。。
そう、食べ過ぎず、少なすぎずもない『腹八分目』が理想なんです。
そんな理想の状態を『中庸』と孔子は説いたそうな。

そして、そんな『中庸』を体験する器(機械)が『宥坐の器』

宥坐の器〜足利学校

少しずつ器に水を注いでいきます。
腹八分目を過ぎると回転してこぼれてしまうし、
少ないと器を水平に保つことができません。

丁度、この器が水平になるとき、それが『中庸』
腹八分目の状態なのです!
なかなか面白そうでしょ?なかなか微妙な感覚でしたよ。


この『宥坐の器』の他にも

徳川将軍代々の位牌〜足利学校
↑徳川将軍代々の位牌

孔子像〜足利学校
↑孔子像

の他にも

展示品〜足利学校

展示品〜足利学校

などなど、いろいろなものが展示されてました。
「方丈」「庫裡」に展示されている品々を眺めているだけでも
結構楽しめます。

あのザビエルの話などが説明されてたりします。
ぜひぜひ、足利学校で当時の学生の様子や当時のくらしを
体感してみてください。

次回は『足利尊氏公像』をご紹介します!
お楽しみに!!

『足利尊氏公像』はこちら

『足利放浪紀の目次』に戻る


【足利学校場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒




posted by pleasure1975 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。