MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年07月31日

足利尊氏公像

今回は足利駅方面から足利氏の邸宅址『金剛山鑁阿寺』の山門へとまっすぐ伸びる
参道とも言うべきかメインストリートの「大日大門通り」に静かに佇む

『足利尊氏公像』

へとご案内いたします!

足利尊氏公像 in 大日大門通り


中学校で歴史の授業を受けていれば、
『足利尊氏』の名前を聞いたことのない方はいらっしゃらないですよね?
言わずと知れた室町幕府(足利幕府)の初代征夷大将軍です。

『足利尊氏』のアウトラインは歴史の教科書に任せるとして、
実際に足利尊氏はどんな人だったんでしょう?



「私欲なく、武略に優れ、書画・楽の好んだ勇将」
と言われています。

実際に個人的に親交のあったとされる「夢窓疎石」は、
尊氏の徳を評価した文章を残しているんです。
しかも、尊氏は傘下の武将たちへの恩賞を惜しむことがなく、
そのことが苦境に立たされても常に武将たちの支持が得られた
理由だとする見解もあるくらいです。

そんな高評価な『足利尊氏』ですが、
江戸時代から戦後まで、天皇を放逐した「逆賊」として
評価されていたんですよぉ。

足利尊氏公像 in 大日大門通り

そうそう、チョット前に「歴女(れきじょ)」と呼ばれる
歴史好きな女子たちが登場しましたね。
今もそう呼ばれているのかな?

その歴女の間で「戦国バサラ」というゲームに登場する
戦国武将のキャラクターの人気が高いんですが、
『バサラ』とは何か?
考えたことありますか??

『バサラ』とは南北朝時代の社会風潮や文化的流行を
あらわす言葉で、実際に当時の流行語として用いられていたんですよ〜。
知ってましたか?
さて、その社会的風潮?文化的流行とは?どんなものか??
身分秩序を無視して公家や天皇といった時の権威を軽んじて反撥し、粋で華美な服装や奢侈な振る舞いを好む美意識であり、後の戦国時代における下剋上の風潮の萌芽となった。
(by wikipedia)


そして、『足利尊氏』は『建武式目』において『バサラ』を禁止していました。
確かに当時の権力者からすると好ましくない風潮ですからね…。
でも、この『バサラ』が後に誕生する傾奇者「前田慶次」を生む土壌になったのではないでしょうかね〜?


いきなり、歴史や『足利尊氏』から離れますが、
『バサラ』とは、サンスクリット語「vajra = 金剛石(ダイアモンド)」を意味するらしいのですが、「vajra」=バジュラ?
「マクロス」というアニメをご存知の方はピンとくると思うのですが、
「マクロス・フロンティア」というアニメの中で「バジュラ」と呼ばれる
生命体が登場するんです。
もしかしたら、『バサラ』からきていたのかもしれないなぁ〜と
思いました。(個人的に… (^-^;)


まぁ、そんな個人的意見は置いておいて、もっと『足利尊氏』のことを知りた〜い!って方にオススメの本がコチラ
←←←←←←

『足利尊氏』といえば、やはり「太平記」!DVDで手っ取り早く知るにはコチラ→→→→→→


さて、次回は足利氏の宅跡として国の史跡にも指定されている
『鑁阿寺(ばんなじ)』へご案内いたします。
お楽しみに!!


【足利尊氏公像の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 02:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。