MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年08月07日

富士登山〜防滴対策

前回の『富士登山シリーズ』では、『防寒対策』について
ご案内しましたが、今回は『防滴対策』について書きたいと思います。

前回の記事でも「富士登山」で重要なことは

・防寒対策 防寒対策についてはこちら!

・防滴対策

とご紹介しました。
今回の富士登山では、「防寒対策」も甘くて苦労したんですが、
「防寒対策」よりも「防滴対策」の方でより一層苦労したんです。

皆さん、『防滴対策』をなめてしまってはいけませんよ。。。
衣類が濡れてしまうと、どんどん体温を奪っていきます。

しかも、富士山では雨があらゆる角度から降ってきます (^-^;
よく「富士山は雨が下から降ってくる」って聞きます。
今回の富士登山で下から降ってくる雨を体験することはできませんでした。
真横は体験しましたが…(>_<)

それでは具体的に『防滴対策』はどんなものを用意すればよいのか
ご紹介していきますね!



レインコート(合羽)※透湿性の高いものをオススメします。
・防水性の帽子
・リュックサックカバー
・ブーツカバー
・グローブカバー
☆ 防水スプレーで事前に防水加工しておくと良いです!


【必携アイテム】



←このレインウェアはゴアテックスではないのですが、
なかなか好評を得ています。
何回も富士山にチャレンジする!って方には
オススメできないかもしれませんが、
とりあえず1度だけでも富士山に登ってみよう!
なんて方にはオススメの一品。
カラーバリエーションも8色となかなか豊富ですよ!



【必携ではないけど持っていきたいアイテム】



防水性の帽子
合羽にフードは付いているものの、風が強いケースが多いので帽子もあった方が安心です!

リュックサックカバー
せっかく持っていった着替えがビショビショでは、シャレになりません…。
これがあれば、荷物が濡れてしまう心配をしなくても大丈夫!



【あったら尚可シリーズ】




ブーツカバー
これは靴が完全防水になっていれば問題ないんですが、染み込んでしまいそうな靴の場合は重宝します!装備している人を結構見かけました。

グローブカバー
軍手とか防水性ゼロの手袋では濡れて、指先が冷えきってしまいます。
雨で濡れて思ったんですが、これあった方がいいかも。



とまぁ、「必携」から「あったら安心」レベルまでのアイテムを
ご紹介しましたが、とりあえずはある程度の透湿性の機能を持っている
上下セパレートタイプの「レインコート(合羽)」があればOKでしょう!

リュックや靴、帽子などに『防水スプレー』で防水処理して
あげれば気持ち違うと思いますし。


次回は、『防寒対策』『防滴対策』以外の部分で、必要だったり
便利だったりするアイテムを紹介したいと思います。



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。