MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年08月09日

鑁阿寺〜中御堂など

『鑁阿寺』もいよいよ最終回!
そして、『足利放浪紀 Part I』も今回の記事で終了です。

最終回はドォ〜ンとまだ案内していない鑁阿寺の建物を一挙公開!

・中御堂(不動堂)
・御霊屋
・大酉堂
・蛭子堂
・校倉


一気にご案内します。

まずは、本堂の『大御堂』の横にある『中御堂(不動堂)』から!

中御堂(不動堂)〜鑁阿寺

寺伝では、足利義兼公が創建したとなっているようですが、『多宝塔』などと
同様にそうではないらしく、1592年(文禄元年)に再修によるものだそうです。

商売繁盛を祈念する堂であるみたいです。
商売繁盛を祈りましょう!!




続いては、『一切経堂』の奥にある『御霊屋』

御霊屋〜鑁阿寺

創建は鎌倉時代。
現在の建物は徳川11代将軍の家斉の寄進によって再建されています。
『足利学校』もそうでしたが、徳川家とのつながりが強かったみたい
ですね。


次は『大酉堂』

大酉堂〜鑁阿寺

この『大酉堂』は、足利尊氏公を祀るお堂として、
室町時代に建立されたのだとか。
大酉大権現は俗に「おとり様」といい、古来武神として、
武門の信仰が篤く、殊に東国では近世より商売繁盛、
福の神として信仰されているそうです。


さて、ドンドン行きましょう!
次は『蛭子堂』です。

蛭子堂〜鑁阿寺

この『蛭子堂(ひるこどう)』は、「時姫堂」とも呼ばれ、
足利義兼の妻である北条時子(北条政子の妹)を祀っています。

妊娠の女性がこの『蛭子堂』をお詣りすることで、安らかに
子を産むことができるという安産の効き目があると言われています。
安産祈願にどうぞ!!


次は、『校倉』です。

校倉〜鑁阿寺

ん?『校倉』?確かに奈良の「正倉院」の校倉造りに似ています。
でも、"建築様式は校倉風"って案内板にも書いてあります (^-^;

この建物は元来、宝物を収蔵するための宝庫として建てられたのだそう。
しかし、後に宝物は他に移されて大黒天が祀られたことから「大黒堂」
とも呼ばれるそうです。


一気に5つの建物をご案内しました。
ちょっと駆け足でしたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひ、栃木県足利市の『鑁阿寺』に足を運ばれて、ご自分の目で
確認してみてください。
鎌倉から室町時代にかけての質実剛健な建築様式当時の歴史
垣間みれてなかなか面白いですよ!


さて、次回からは『鎌倉放浪紀 Part II』を書き始めたいと
思います。
今回の鎌倉は、アジサイの季節にいったので人がい〜っぱい
いましたが、アジサイの花が一斉に花開いた鎌倉はまた
ひと味違いました!

『鎌倉放浪紀 Part II』はこちら!

【鑁阿寺の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。