MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年10月23日

小伝馬町牢屋敷

今回は牢屋敷『小伝馬町牢屋敷』へご案内します!
江戸時代には「懲役刑」がなかったので、刑務所は無く、
有罪判決が下って処刑を待つ罪人達が収容されていた施設です。

お子さんは泣いてしまうかもしれないほど、
拷問や処刑の様子が蝋人形で再現されています。

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

これは罪人が拷問を受けて取り調べされているところ。
「そろばん板」の上に正座させられ、その膝の上に「伊豆石」
乗せていく。
この石抱きに使われた「伊豆石」は特別に堅くて重いらしい。
普通の人だと2、3枚積むと音をあげて白状したそうです。

これ…やってなくても「やった」って言ってしまいそうですよね…。


他にも罪人を生け捕りにする「大捕り物」など
当時の状況が蝋人形で再現されてます。




小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

これは「大捕り物」を再現しているジオラマです。
刀などの武器を持っている凶悪犯を逮捕する時、
「はしご」「戸板」「大八車」「捕縄」などを利用して、
巧みに犯人を捕まえたようです。

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

岡っ引キッズ達が罪人を逮捕して『小伝馬町牢屋敷』へやってきました。
子供限定で岡っ引ごっこが出来るんです!
大人もやってみたいですよね?自分だけかな… (^-^;

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村
↑唐丸篭

さすがに岡っ引キッズは「唐丸篭」を使ってなかったです。

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村
↑「牢」の種類を紹介しています。
実際にジオラマで「大牢」「二間牢」が再現されてました。

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

『引き廻しの刑』を説明しています。
引き廻しのルートも!
浅草から始まり、馬喰町や八丁堀を通り、最南端は品川・泉岳寺付近まで
南下してそこから北上。現在ロシア大使館がある飯倉町付近を通り、
赤坂、四谷、牛込、水道橋を経由、湯島天神や不忍池付近を通過して
スタート地点の「浅草」に戻ってきたようです。
結構な距離ですよね (^_^;

でも、この『引き廻しの刑』はある意味、幕府の権威を示す
政治的な側面もあったため、一大パレードとして行われたそうです。
罪人も最後に娑婆の空気を吸えると喜んだとか w

なかなか面白いですね。

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

これは『入墨刑』
犯罪者として一生消えることのない「烙印」を押されます。
各地で入墨の入れ方が異なったようです。

「阿波」「肥前」「高野山」「広島」は額に…
これは「どこで」「何回」罪を犯しているのかを知るために
各地で入墨の方法を変えているのだそうです。

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

この絵を見ていて思ったのですが、もしかしたらキン肉マンは…
『肉』だから、6回罪を犯した罪人なんじゃないか!?
なんてことを (^-^ゞ

小伝馬町牢屋敷〜日光江戸村

最後はチョット気持ち悪い感じですが、「獄門刑」です。
極刑です。
江戸時代に庶民に科されていた6種類の死刑の一つで、打ち首の後、死体を試し斬りにし、刎ねた首を台に載せて3日間(2晩)見せしめとして晒しものにする公開処刑の刑罰。梟首(きょうしゅ)、晒し首ともいう。元は獄舎の門前に首を晒したことからこの名前が付いた。付加刑として財産は没収され、死体の埋葬や弔いも許されなかった。
by Wiki
この「獄門刑」に処される犯罪は、強盗殺人、主人の親類の殺害、
地主や家主の殺害、偽の秤や枡の製造だったようです。
強盗殺人に関してはまぁ納得ですが、「不正な計量器の製造」
この極刑はなかなか厳しい気はしますが…。


ここ『小伝馬町牢屋敷』は、当時のくらしを知ることができる
いろいろな資料が展示されていて勉強になりますよ。
お子様には向かないかもしれませんが…。

▼【番外編】日光江戸村

次の記事:【番外編】日光江戸村

NEXT STORY

【番外編】日光江戸村
最後は『日光江戸村』の番外編です!
結構、多くの外国人の方々がここ「日光江戸村」で働かれているんですね〜。
他にもさまざまなイベントが行われています。

『日光江戸村の見どころ』に戻る

【小伝馬町牢屋敷の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 03:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。