MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年11月16日

上高地散策マップ

書こう!書きたい!!と思いつつもなかなか書くことが出来なかった
『上高地放浪紀』
がいよいよスタートです!!

「上高地」に行かれた方はご存知のことだとは思いますが、
「特別名勝」「特別天然記念物」に指定されている
『上高地』は本当に素晴らしいところです!!

まずは、『上高地』を全体的に俯瞰するために
「上高地ウォーキングマップ」
を作成してみました。
※今回、自分が散策した範囲だけですが…。

上高地ウォーキングマップ
▲上の画像をクリックすると拡大表示されます


それでは、早速『上高地』をご案内していきましょう。




『上高地放浪紀の目次』

上高地について
上高地について〜上高地 2010 夏
「上高地の場所」や「マイカー規制」、「上高地でやってはならないこと」など、ザックリですが上高地の概要をご紹介します。
まだ「上高地」に行かれたことがないという方はご覧ください!
沢渡大橋駐車場
沢渡大橋駐車場〜上高地 2010 夏
東日本側(長野県側)から「上高地」にアクセスする場合は、たいてい『沢渡大橋駐車場』にマイカーを駐車します。
そして、シャトルバスに乗り換えて「上高地」にむかいます。
おまけで朝に起こったショッキングな出来事もご報告 (^-^;
上高地バスターミナル
上高地バスターミナル〜上高地 2010 夏
「上高地」の玄関口である『上高地バスターミナル』をご案内いたします。
バスを降りたその瞬間から「おぉ〜、なるほど。ここが上高地かぁ。」って思えるほど、空気がおいしく感じるはずです。
梓川の清流
梓川の清流〜上高地 2010 夏
まず、最初に「上高地」でおどろくことは『梓川』の透明度!!こんなきれいな川が存在したのか?と思えるほどの透明度、そして上高地周辺の地質から、とても青く見えるんです♪
これを見たらあなたも「上高地」へ行きたくなっちゃいますよ!
梓川の名前の由来
梓川の名前の由来〜上高地 2010 夏
「梓川の清流」で梓川の透明度、青さをご紹介しましたが、その清流「梓川」の名前の由来をご紹介します!
名前の一部の「梓」は木の名前なのですが、きれいな清流にはふさわしくない変わった呼び名もあるそうです。それはいったい?
河童橋
河童橋〜上高地 2010 夏
「上高地」のシンボルブリッジであり、絶好の撮影スポットでもある『河童橋』へご案内します!
ここから見る梓川の上流、下流どちらも絶景が広がっています♪
やはりここが一番お気に入りポイントです!!
上高地から見る穂高連峰
上高地から見る穂高連峰〜上高地 2010 夏
上高地からは「穂高連峰」の山々を仰ぎ見ることができます。上高地自体、標高1500mの高地なのですが、そこから見ても「穂高連峰」の山々の高さには圧倒されてしまいます。
ここは日本なのか?と思えるほどヨーロッパちっくです(笑)
清水川
清水川〜上高地 2010 夏
六百山に降った雨や雪解け水が地下水になり湧き出た水が『清水川』になり、梓川に流れ込みます。
「梅花藻(バイカモ)」と呼ばれるきれいな川にしか自生しない植物が『清水川』の川底にはびっしり。きれいな水の証拠なのです。
上高地ビジターセンター
上高地ビジターセンター〜上高地 2010 夏
「上高地」の散策をする前に必ず寄っていただきたい施設のひとつです!
なんと100円でお手製の「上高地散策ガイドマップ」を購入することができます。
「上高地」の植生や動物など、内容が充実した超オススメの一冊です!
小梨平キャンプ場
小梨平キャンプ場〜上高地 2010 夏
「小梨平キャンプ場」は水場・炊飯棟などの設備が整ったところで、多くの方々がテントを張って野営をしていました。
こんな素敵な場所でバーベキューとかしたら最高に気持ちいいですね〜♪
ただ「熊出没」の看板にはビックリです。
ネイチャーガイド
ネイチャーガイド〜上高地 2010 夏
やはり専門家と一緒に散策するとぜんぜん違うんですね。自分は単独で歩いていたのですが、ネイチャーガイドさんと一緒に歩いている一団の横を通りすぎるときに、普通では気づかないような場所を教えてくれていました。
白い砂浜 in 上高地
白い砂浜 in 上高地〜上高地 2010 夏
海でもないのに「白い砂浜」、標高1500mに「白い砂浜」。でも、これが「梓川」の青を作り出しているんでしょうね〜。
森を抜けると突如現れる「白い砂浜」はこちら!
奥宮参道標
奥宮参道標〜上高地 2010 夏
ここから「明神池」のほとりにある「穂高神社奥宮」までつながる道が「奥宮参道」になります。
ここも人気の記念撮影スポットのひとつです。
この道標と明神岳を背景に記念撮影をする方が後を絶ちません。
明神橋と明神岳
明神橋と明神岳〜上高地 2010 夏
河童橋の上流で梓川を渡る「明神橋」です。
河童橋ほど360°パノラマ絶景という感じではありませんが、「明神岳」方向を望むといい写真が撮れますよ〜♪
穂高神社奥宮
穂高神社奥宮〜上高地 2010 夏
質素ではありますが、荘厳な雰囲気が漂う『穂高神社奥宮』。
「穂高神社」の由緒が説明された立て札を読むと、「上高地」は「神降地」「神合地」「神垣地」とされ、神々を祀るのに最も相応しい神聖な浄地なのだそうです。
明神池〜一之池
明神池〜一之池〜上高地 2010 夏
拝観料300円がかかりますが、必見の『明神池』です。
ここを見逃したら後悔しますよ〜。
池の透明度もさることながら、「明神岳」の迫り来る迫力!!
そして、優雅におよぐイワナと鴨の親子。
明神池〜二之池
明神池〜二之池〜上高地 2010 夏
一之池と二之池の境がイマイチどこかは分かりませんが、若干一之池とは違った表情を見せてくれるのが「二之池」です。
明神池のかわいい親子
明神池のかわいい親子〜上高地 2010 夏
明神池のかわいい親子をご紹介します。
秋に訪れたときは、鴨の姿はありませんでした。
夏などあたたかい季節限定かもしれません。
とてもかわいいです♪ただし、エサはあげちゃだめですよ!!
嘉門次の碑
嘉門次の碑〜上高地 2010 夏
ウォルター・ウェストン夫妻を北アルプスへ案内した「上高地の案内人」であった「上條 嘉門次」の記念碑が明神池のほとりにひっそりと佇んでいます。
案内人は副業?本職は?
岳沢口湿原
岳沢口湿原〜上高地 2010 夏
「湿原」って何?って聞かれて明確に答えられますか?
ちょっと曖昧な「湿原」を『岳沢口湿原』へご案内しつつ、少しだけ解明したいと思います。
「湿原」とは?
梓川右岸
梓川右岸〜上高地 2010 夏
上流から下流方向を見て右手「梓川」の右岸には、宿泊施設が集中しています。
そんな人影も多く、開けた場所(道)に思わぬ危険が!!
危険とはいったい!?
ウエストン・レリーフ
ウエストン・レリーフ〜上高地 2010 夏
「上高地」のシンボル的な扱いになり、記念撮影の人気ポイントにもなっている『ウエストン・レリーフ』。
この記念碑になっている「ウォルター・ウエストン」とは一体何者?
自然研究路
自然研究路〜上高地 2010 夏
「穂高橋」「田代橋」で梓川の左岸に渡ると、そこから「大正池」まで続く道は『自然研究路』として整備されています。「林間コース」と「川沿いコース」の2種類あるけど、どちらがオススメ?
田代池
田代池〜上高地 2010 夏
大きな水たまり?湿原??と思わせる『田代池』。
ここで、ふと考えた「湖、池、沼の違いは??」
みなさんはこの違いがわかりますか?
『田代池』へご案内するついでに調べた結果をご紹介します!
大正池
大正池〜上高地 2010 夏
「上高地」といえば?
と聞かれたら、必ず名前があがるであろう「上高地」のシンボル的な存在『大正池』へとご案内します。
そんな『大正池』に存続にかかわる大きな問題あるのだそうです。問題とはいったい?
焼岳
焼岳〜上高地 2010 夏
この美しい景観「大正池」を作り出した主である『焼岳』をご紹介します!
今もなお火山活動を続けている活火山です。
飛騨山脈の中でも最も活動が激しい『焼岳』は、過去に全面登山禁止にもなったことがある火山なのです。
上高地の植生
上高地の植生〜上高地 2010 夏
最後は、『上高地の植生』について、すこしご紹介いたします。
「上高地」にはどんな花が咲き、どんな植物が生きているのか?



今回の記事を含めて25回に渡ってご案内する『上高地』
今年は昨日、既に「閉山祭」が行われていて、
バスで『上高地』へ入ることはできません。
来年の4月下旬の「開山祭」が行われるまでは長い冬眠に入ります。
※徒歩で上高地まで行くことはできます。

この記事を読んで頂き、来年『上高地』へ行ってみよう!
って思って頂けたら幸いです。
それでは、次の記事「上高地について」では『上高地』について
概略をご紹介させていただきます。


▼『上高地について』はこちら

次の記事:上高地について

NEXT STORY

上高地について
「上高地の場所」や「マイカー規制」、「上高地でやってはならないこと」など、上高地の概要をご紹介します。
まだ「上高地」に行かれたことがないという方はご覧ください!


【上高地の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 01:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ

この地図開くのかこいいっすね

3年くらい熊谷に住んでたことがありました
案外、ご近所だったかもしれないですね

ではでは
Posted by たくや at 2009年11月17日 03:16
たくやさん

こんにちは。
この地図の表示はJavaScriptの『multiwindow』を利用したものです。
画像、動画、webページまで表示できるので便利ですよ。
自分の設定の仕方が悪く、IE6環境ではうまく動いていないようですが…(^_^;

熊谷にお住まいの時があったのですね!荒川沿いの桜がきれいですよね♪

たまに熊谷の友人宅に遊びに行ってます…最近行ってないなぁ。
Posted by Pleasure at 2009年11月17日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。