MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年11月25日

上高地から見る穂高連峰

『山紫水明』そんな言葉があてはまる『上高地』
今までの記事では、とかく「水」の透明度、美しさについて
ご紹介していましたが、今回は「山」にスポットを
あててみたいと思います。

上高地から見る穂高連峰

これは上高地から見ることができる『穂高連峰』の姿です。
頂上付近には「雪渓」らしき白いものが見えますね。

「雪渓」といえば、日本では「白馬の大雪渓」が有名です。

比較的低い場所に見える白い(薄い灰色)部分はガレ場と呼ばれる
岩がゴロゴロしているエリアのようですが、岳沢カールの頂上付近に
見える白いものは「雪渓」のようですね。

この3000m級の山々が連なる『穂高連峰』の中で一番高い山は
どの山だかご存知ですか??

三択です。

1.涸沢岳
2.奥穂高岳
3.北穂高岳





答えは『奥穂高連峰』でした!

実はヒントというか答えを先日の記事
上高地バスターミナル
で書いていたんですねぇ。
まぁ、続けて読んでくれている人がどれだけいらっしゃるか
微妙なところですが…いないかも? (^-^;


この『奥穂高岳』は、「富士山」「北岳」に続き、
日本で3番目に高い山なのです!!
長野県と岐阜県にまたがります。

上高地から見る穂高連峰

上の写真で一番左に写っているのが、「間ノ岳(2907m)」、
この左隣には写真に入っていませんが「西穂高岳(2909m)」があります。
「間ノ岳」から「天狗岩」「ジャンダルム」「ロバの耳」を挟んで
『穂高連峰』最高峰の『奥穂高岳(3190m)』が見えます。
更に右方面にいくと「前穂高岳(3090m)」、「明神岳(2931m)」と
3000m級の山々が連なります。

上高地が既に標高1500mですが、さすがに3000級の山々が
ここまで近接しているとその高さはもの凄いです。


いつかは、登山に挑戦したいなぁって思いますが、
富士登山とは比較にならないくらい危険な登山になりそうです。
まずは、富士山で訓練を…ん?何かおかしい気がする (^-^;


とりあえず、最初は「新穂高ロープウェイ」で西穂高口に登って、
上高地が一望できる「西穂独標(2701m)」を目指そうかな (^0^ゞ


さて、次回はまた「水」の話で恐縮ですが、
「梓川」に負けない透明度の『清水川』へご案内します。

▼『清水川』はこちら

次の記事:清水川

NEXT STORY

清水川
六百山に降った雨や雪解け水が地下水になり湧き出た水が『清水川』になり、梓川に流れ込みます。梓川と同じく、とても綺麗な清流です。
『上高地放浪紀の目次』に戻る

【奥穂高岳の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 04:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。