MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2010年05月29日

2650km走破!

山陰・山陽道放浪紀

今年のゴールデンウィークが終ってから早くも3週間が
経ってしまいました。早いですね〜!
ゴールデンウィークが終ってから目の回るような忙しさで
なかなか更新することができず、前回の更新から20日以上が
経過してしまいました。

みなさん、今年のゴールデンウィークはどう過ごされましたか?
25年ぶりに晴天続きで行楽日和になったゴールデンウィーク!
自分は相棒のMINIとともに九州上陸を目指し、西へ旅しました!

そして!

関門海峡の夜景

今回の放浪の旅で、念願だった
九州上陸を果たしました!!

なんと走行距離は2650km!
相棒がよく頑張ってくれました。



さて、今回の『山陰・山陽道放浪紀』で立ち寄ってきた場所は、

浜松城
浜松城〜山陰・山陽道放浪紀
静岡県浜松市の浜松城。
浜松市民の憩いの場所「浜松城公園」にあります。
公園内には家康像もありましたよ。
伊賀上野城
伊賀上野城〜山陰・山陽道放浪紀
あの築城の名手「藤堂高虎」によって改修が行われた『伊賀上野城』です。
この『伊賀上野城』がある上野公園の敷地内には、松尾芭蕉を祀る「俳聖殿」や「芭蕉翁記念館」があります。
また、忍者に関する博物館である「伊賀流忍者博物館」も公園敷地内にあります。
平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂〜山陰・山陽道放浪紀
日本人なら知らない人はいない。いや、その姿を知らない人はいないと思われる世界遺産「平等院鳳凰堂」です。
修学旅行(中学生)で来ているはずなのに…初めて訪れたような気がしました。
やはり子供の頃に見た感覚と大人になってから見た感覚が大きく異なったのでしょうか?
宇治神社
宇治神社〜山陰・山陽道放浪紀
世界遺産に登録されている「宇治上神社」が近くにあるせいか、こちらは若干人影が薄い気がします。
しかし、本殿は鎌倉時代のもので歴史を感じることができる貴重な文化財です。
木造の狛犬に注目してくださいね!
そうそう、チョット変わっている点は「手水舎」の水が出る蛇口(?)がウサギの形をしているんです。
宇治上神社
宇治上神社〜山陰・山陽道放浪紀
世界遺産にも登録されている現存している日本最古の神社建築である『宇治上神社』です。
本殿はなんと!平安時代後期に建てられたそうです。
すごいでしょ??
境内には宇治七名水のひとつに数えられていた「桐原水」が湧き出ています。
伏見桃山城
伏見桃山城〜山陰・山陽道放浪紀
「伏見桃山城」は今は観光施設としての役割は果たしていません。
これだけ立派な天守閣なのに、今は運動公園の一角に静かに佇んでいます。
塩見縄手
塩見縄手〜山陰・山陽道放浪紀
「塩見縄手」?って方が多いと思います。
現存天守である「松江城」の北側の堀に面する通りで、昔の面影を感じることができます。
秋には「松江水燈路」でライトアップされるみたいですよ。幻想的な雰囲気がでるのでしょうねぇ〜。
一畑薬師
一畑薬師〜山陰・山陽道放浪紀
チョット時間があったので、寄ってみた「一畑薬師」。目の病気に御利益があるのだとか「目のお薬師様」とも呼ばれています。
そうそう、ここで意外な動物に出逢いました。
出雲歴史博物館
出雲歴史博物館〜山陰・山陽道放浪紀
出雲大社の近くにある、とても綺麗な博物館です。
建物が綺麗なだけじゃないんです!
働いている女性も綺麗なんです♪
「どこ見てるの??」って言われそうですね (^-^;
展示内容も充実していますよ〜見どころ満載です!!
出雲大社
出雲大社〜山陰・山陽道放浪紀
縁結びの神様としても有名な「出雲大社」です。
10月「神無月」には、全国の神が出雲に集結するとも言われていますが、諸説のひとつのようです。
さすがは全国区で有名な神社です。たくさんの観光客で賑わっていました。
残念だったのは本殿が改修工事中だったことです…。平成25年までなのであと3年は本殿を見ることはできません。
石見銀山
石見銀山〜山陰・山陽道放浪紀
2007年に世界遺産に登録された『石見銀山遺跡』に行ってきました。
ここは「文化的景観」も含めてというよりも、そういうのがあったからこそ「世界遺産」に登録された遺跡なので、事前に歴史的背景を勉強してから行った方が見え方が変わってくると思いますよ!
明神池
明神池〜山陰・山陽道放浪紀
明神池、上高地の明神池をご紹介しましたが、今回は山口県萩市の「明神池」です。
この「明神池」は汽水湖で外海の潮の干満に応じて水位が変化します。
そして、ここにはマダイ、クロダイ、メジナ、スズキ、ボラ、メバルなどの海水魚が生息しています。
松下村塾
松下村塾〜山陰・山陽道放浪紀
吉田松陰が講義をした私塾です。
門下生には「高杉晋作」や「伊藤博文」などがいます。
松陰神社
松陰神社〜山陰・山陽道放浪紀
学問の神として吉田松陰を祭神とする神社です。
東京の世田谷にも存在します。
萩市の松陰神社の境内には「松下村塾」をはじめ「松陰幽囚の旧宅」「吉田松陰歴史館」など吉田松陰に関する施設があります。
東光寺
東光寺〜山陰・山陽道放浪紀
「東光寺」は毛利家奇数代の藩主の墓所として菩提寺となっています。
朝早すぎたために「総門」が開いておらず中に入ることができなかったんですけどね…まさに「門前払い」 (^0^;
吉田松陰誕生地
吉田松陰生誕地〜山陰・山陽道放浪紀
吉田松陰が生まれ、幼少期をここで過ごしました。
ここには明治維新100周年を記念して建てられた「吉田松陰銅像」があり、吉田松陰が弟子を従え下田沖のペリー艦隊を見つめている姿で立っています。
ここから萩市内が一望できるのですが、素晴らしい眺めですよ♪
松下村塾発祥の地
松下村塾発祥の地〜山陰・山陽道放浪紀
「松下村塾」のルーツです。
ここで吉田松陰の叔父である玉木文之進が「松下村塾」という名で、付近の児童を集めて講義をしていたそうです。
のちに吉田松陰が継承したことによって「松下村塾」という名が全国区になったみたいです。
伊藤博文旧宅
伊藤博文旧宅〜山陰・山陽道放浪紀
初代内閣総理大臣「伊藤博文」の旧宅です。
明治元年(1868年)に兵庫県知事になるまでは、ここを本拠としていたそうです。
木造茅葺きの29坪の平屋建てです。
萩市堀内伝建地区
萩市堀内伝建地区〜山陰・山陽道放浪紀
重要伝統的建造物群保存地区に指定されている歴史や文化を伝える町並みです。
堀内地区とは、萩城の三の丸にあたる地域で、藩の諸役所や侍屋敷が建ち並んでいたそうです。
現在も永代家老益田家の物見矢倉や旧周布家の長屋門など、昔の町割などが想像できます♪
菊ヶ浜
菊ヶ浜〜山陰・山陽道放浪紀
白い砂浜に青い松がとても美しい砂浜です。
夏にはたくさんの海水浴客で賑わうそうですよ。
このビーチは「日本の夕日百選」に選ばれる、とても夕日がきれいなんだそうです!
次は夕方に訪れたいポイントですね。
秋吉台
秋吉台〜山陰・山陽道放浪紀
日本最大のカルスト台地で、特別天然記念物に指定されています!
生まれて初めて見る「カルスト地形」に『おぉぉ〜、これがカルストかぁ!』って感じでした。
カルスト地形は「四国カルスト」や九州の「平尾台」など西日本には点在しているのですが、東日本には福島県の「仙台平」のみ。馴染みがない分、感動も大きかったです!
秋芳洞
秋芳洞〜山陰・山陽道放浪紀
日本最大の鍾乳洞「秋芳洞」です。
秋吉台の地下にあり、こちらも特別天然記念物に指定されています!
確かに大きかったです。と同時に人も多かったです…。
別府弁天池
別府弁天池〜山陰・山陽道放浪紀
透明度の高いブルーの水が神秘的な美しさの「別府弁天池」です。
カルスト地形特有の湧き水で「日本名水100選」にも選ばれている名水なのです。
マスの釣り堀が隣接していて、釣ったマスを食べることができるんです♪
関門海峡
関門海峡〜山陰・山陽道放浪紀
本州と九州をつなぐ橋(&トンネル)がある「関門海峡」です!
ここを渡れば念願の九州上陸です!!
この写真はすでに九州上陸を果たし、門司港から撮影した関門海峡の夜景です。もっと上手く撮れると良かったんですけどね…。
小倉城
小倉城〜山陰・山陽道放浪紀
小倉城です。チョットかわった形をしている天守って気がつきましたか?
普通、上層へいくに従って小さくなっていくのですが、「小倉城」は一部下層よりも出っ張っている部分があります。
この「小倉城」は一般的な天守と違い『南蛮造』の天守なのです!
常磐橋
常磐橋〜山陰・山陽道放浪紀
ここ小倉の「常磐橋」は九州五街道の基点になっていたんだそうです。東京の「日本橋」のような存在ですね。
ここから、「門司往還」「中津街道」「秋月街道」「唐津街道」「長崎街道」の5本の街道がのびています。
そして、ここが九州伊能測量の始発点なのです。
リバーウォーク北九州
リバーウォーク〜山陰・山陽道放浪紀
文化・芸術・情報発信・商業などの機能をもつ複合施設「リバーウォーク北九州」
関東でいうところの「ららぽーと」的な感じ?
多くの若者たちで賑わっていました。
門司港駅
門司港駅〜山陰・山陽道放浪紀
見るからに歴史がありますよ〜って感じの駅舎。
そうなんです、歴史があるんです。1914年(大正3年)に建築された木造駅舎で、駅舎としては日本で初めて重要文化財に指定されています。
門司港レトロ
門司港レトロ〜山陰・山陽道放浪紀
「門司港駅舍」をはじめ、門司港駅周辺の歴史的建造物などが「門司港レトロ」という観光スポットを形成しています。
大正10年築で重要文化財にも指定されている「北九州市旧門司三井倶楽部」など歴史的建造物を見る楽しみ以外にも、オシャレな町並がデートスポットになっているみたいでした。
レトロハイマート
レトロハイマート〜山陰・山陽道放浪紀
ひときわ目立っている高層建築。
2007年の東京都知事選でも有名な建築家「黒川紀章」が設計したタワーマンションなんです。
最上階の31階が「門司港レトロ展望室」という形で一般開放されています。
錦帯橋
錦帯橋〜山陰・山陽道放浪紀
ここは山口県岩国市の『錦帯橋』。
日本三名橋のひとつであり、日本三大奇橋にも数えられている珍しい橋です。
実際、こんな形をした橋ってなかなかないですよね?
そう、他には例をみない五連の反り橋か特徴の木造橋なんです!
岩国城
岩国城〜山陰・山陽道放浪紀
ここにもありました「小倉城」に引き続き、南蛮造の天守の『岩国城』です。
横山山頂に位置し、天守からは錦帯橋をはじめとする岩国の町並が一望できます。
福山城
福山城〜山陰・山陽道放浪紀
福山駅のすぐ近くにあるんです『福山城』。駅のホームからも天守を間近に見ることができるのではないでしょうか。
また、福山城本丸南側には1601年に建造されて現存する「伏見櫓」、「伏見櫓」とともに重要文化財に指定されている「筋鉄御門」など見どころ満載です。
備中松山城
備中松山城〜山陰・山陽道放浪紀
「備中松山城」は、今まで見てきた城郭の中でもトップレベルの難攻不落の城です。
久しぶりにタイムスリップして、この城を攻め落とす武将だったら「どうやって攻めようか?」って考えました(笑)。
そして12の現存天守のうちのひとつです!
津山城址
津山城址〜山陰・山陽道放浪紀
残念ながら到着した時には、すでに真っ暗闇…。散策することができませんでした。
津山は「津山城址」以外にも見どころがたくさんありそうな町だったので、改めて訪れたいと思います。
イナバ化粧品店
イナバ化粧品〜山陰・山陽道放浪紀
ここは知る人ぞ知る「イナバ化粧品店」
そうB'z 稲葉浩志の生家です。
B'zファンの自分にとっては聖地巡礼です。(大げさですね (^-^;)
今度は昼間に訪れたいですね。


36ポイントです。

埼玉県 → 東京都 → 神奈川県 → 山梨県 → 静岡県 → 愛知県 → 三重県 → 京都府 → 兵庫県 → 鳥取県 → 島根県 → 山口県 → 福岡県 → 広島県 → 岡山県 → 岐阜県 → 長野県 → 群馬県 → 栃木県 → 茨城県、通過しただけの都道府県もありますが、20の都道府県を渡り歩きました!

今回の放浪紀もいろいろな場所のいろいろなモノを見てまわることができ、
念願の九州上陸も果たせて、充実した旅となりました♪
そして、無事に帰ってくることができて良かったです。
相棒、おつかれさま!!

各ポイントの詳細については、「上高地放浪紀」のあとに
書き綴りたいと思います。お楽しみに!!

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



ラベル:BMW GW MINI
posted by pleasure1975 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。