MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2010年06月29日

焼岳

今回の記事が『上高地』の一番最後の記事です。
前回の記事でご案内した『大正池』誕生の原因
作った『焼岳(やけだけ)』へご案内します!

焼岳と梓川

河童橋の上から撮影した『焼岳』です。

この『焼岳』は、今もなお活動し続けている「活火山」なのです。




昭和37年6月に『焼岳』は噴火しているようです。
そして、大正4年6月6日に『焼岳』の中腹で起こった大爆発による
火山泥流が梓川をせき止めて、上高地のシンボルのひとつに数えられる
『大正池』を作り出したのです。

この日は噴煙をあげていませんでしたが、
噴煙をあげている日もあるんだそうです。
さすがは、飛騨山脈の中では最も活動の激しい活火山ですね!

焼岳と大正池

この写真を見ると穏やかな山に見えるんですけどね!

それを言ったら「富士山」も活火山ですから、
噴火していない時は、他の休火山や死火山と変わらないのかな?
ただ、そんな『焼岳』にも立ち入り禁止のエリアがあるみたいです。
やはり「活火山」なんですね。


さて、次回は『上高地』の植生などをご紹介します!

▼『上高地の植生』はこちら

次の記事:上高地の植生

NEXT STORY

上高地の植生
最後は、『上高地の植生』について、すこしご紹介いたします。
「上高地」にはどんな花が咲き、どんな植物が生きているのか?
『上高地放浪紀の目次』に戻る

【上高地の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 02:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。