MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2010年07月29日

お鉢巡り

富士山頂の火口のまわりを回ることを
『お鉢巡り(おはちめぐり)』といいます。

お鉢巡りのコース

これはお鉢巡りのコース図。
左上の方に見えるのが最高峰の『剣ケ峰(けんがみね)』
その隣に白いドーム型の建物が描いてありますが、
今はありません。

1999年に解体された『富士山レーダー』です。
昔は天気予報でよく聞いていたんですけど、
いつの間にか聞かなくなってしまってましたからね。

富士山測候所

今はこのように「富士山レーダー」が解体移築されて
富士山測候所が残っています。


さて、お鉢巡りですが、正式には回る方向が決まっているようなんです。
時計回り?反時計回り?



正解は『時計回り』です。

明治以前の富士登山は「仏教」的な要素が強かったのだそうです。
そして、仏教では聖地を時計回りにまわるのが慣しだったようで、
『お鉢巡り』は時計回りが本来のまわる方向なのだとか。

自分はそんなことを知らずに登ってしまったのと、
富士宮口から登頂して、御来光のベストポジションを探しに
はじめから反時計回りで東側を目指してしまったため、
反時計回りで『お鉢巡り』を敢行しました!!

といっても、反時計周りに回っている人も結構いるので、
「敢行」なんて大げさですけどね (^-^;

というわけで、今回から数回にわたって『お鉢巡り』の体験談を
ご紹介していきたいと思います。

お鉢めぐり(今回の記事)
金明水と銀明水詳しくはこちら
久須志神社詳しくはこちら
大内院と小内院詳しくはこちら
影富士詳しくはこちら
剣ヶ峰詳しくはこちら
電子基準点詳しくはこちら
馬の背詳しくはこちら
富士山頂郵便局詳しくはこちら
浅間大社奥宮詳しくはこちら


最後に『お鉢巡り』について。
富士山の頂上は直径800mもあり、単純計算ですが、
半径400mと考えると円周は400×2π=約2500m※になります。
※あくまで単純計算です。実際は2.5〜3km程度あると思います。

しかも、久須志神社付近の標高が3,715m
最高峰の剣ケ峰は3,776mとその差は60m
20階建て相当のビルの高低差があるんです。

標準タイムは1時間半〜2時間となっていますが、
2時間半くらいは見ておいた方がいいかもしれません。
そして、登頂するだけでも大変なんですから、
そのあと2,3時間歩いて、そこから下山しなければなりません。

体力に自信のない方はよ〜く考えてから行ってくださいね。

自分は結構、体力に自信のある方なのですが、
下山して5合目に到着したとき、狂牛病のように足が
ガクガクしてしまいました (^-^ゞ

※途中、道幅が狭く強風に煽られたら崖を転がり落ちてしまいそうな
ポイントもありますので、十分注意して『お鉢巡り』を楽しんでくださいね!


次回は、富士山頂で貴重な湧き出る水「金明水」と「銀明水」に
ついてご紹介たいと思います。

次の記事:金明水と銀明水

NEXT STORY

金明水と銀明水
雪解け水が溶岩の隙間から湧き出ているとされる富士山頂の貴重な湧水「金明水」と「銀明水」。琵琶湖の水が富士山頂に!?という逸話も残る、これらの御霊水は浅間大社奥宮でゲットできますよ!!


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 03:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。