MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2010年10月24日

甲斐の猿橋

久しぶりの更新です…。
サボりすぎました (^-^;
ウォームアップ程度に軽い記事からアップしたいと思います。


もう先月の話になってしまいましたが、
9月の連休で河口湖にバス釣りをしに行きました。

河口湖から見る富士山

釣果は…
…20cmくらいの小バスが1匹と…

かなりしょっぱい話になってしまいますので、
帰り際に寄った日本三奇橋の一つである『猿橋』のことを
書きたいと思います。

日本三奇橋「猿橋」

前々から『猿橋』ってどんな橋なんだろう?って
河口湖からの帰り道で思ってはいたんですが、
なかなか寄ることできなかった場所なのです。
甲州街道沿いにあるので、寄ろうと思えばすぐに寄れたのですが…。

でも、今回は釣果があまりにもしょぼかったので、
何か思い出作りにと寄ってみました (^-^;

日本三奇橋「猿橋」

「日本三景」や「日本三名園」などは有名で一般常識問題としても
よく出題されるので、日本人ならご存知ですよね (^Q^)
しかし、「日本三奇橋」はその存在すら知らない日本人も多いことでしょう。
もしかしたら、外国の方々のほうが知っているのかもしれません…。



『日本三奇橋』とは?
どうやら、いくつか説があるようです。
「日本三大仏」みたいですね。

一、「錦帯橋」「猿橋」「かずら橋 (徳島県)」
一、「錦帯橋」「猿橋」「神橋 (栃木県)」
一、「錦帯橋」「猿橋」「愛本刎橋(今は無い)」

と有力な説はこんなところでしょうか?


これを見る限り、「錦帯橋」「猿橋」は確定っぽいですね!
「かずら橋」「神橋」あたりが候補生って感じでしょうか。


山口県岩国市の「錦帯橋」はこちら
日本三奇橋「錦帯橋」

山梨県大月市の「猿橋」はこちら
日本三奇橋「猿橋」


どちらも、変わった構造の橋になっております。
特にこの『猿橋』は日本で唯一現存する刎橋(はねばし)なのです!

刎橋(はねばし)とは、岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込み、
中空に突き出させ、その上に同様の刎ね木を突き出させ、
それを幾重にも重ねます。
これを足場に上部構造を組み上げ、板を敷いた橋のことを言います。

日本三奇橋「猿橋」

そして猿橋では、斜めに出た刎ね木や横の柱の上に
上の写真のように屋根を付け、構造体を雨などの
腐食する原因から保護していました。
現在の猿橋の肘木は、鋼材のH鋼に木材を覆いかぶせているだけなので、
腐食を防止する屋根も、フェイクです。

まぁ、それは置いておいて、猿橋の上から見れる景色をご紹介しましょう!

日本三奇橋「猿橋」

これは下を流れる桂川の下流方面を望んだ景色です。
向こう側に見える赤い橋が「新猿橋(国道20号 - 甲州街道)」です。
その手前にある「八ツ沢発電所一号水路橋」

日本三奇橋「猿橋」

「猿橋」の上から真下をのぞくと、こんな感じです。
結構高いです。

日本三奇橋「猿橋」

桂川の上流方面に階段で下りていける道があるのですが、
その階段を下りていくと「猿橋」の展望場所という案内が
あります。
正直「微妙…」です (^-^;

それよりも先ほどの「新猿橋」から猿橋を見た方が
よっぽどいい眺めになります。
それが下の写真です。

日本三奇橋「猿橋」

日本三奇橋「猿橋」

もし、甲州街道で山梨方面にお出かけの際は、
チョット寄り道するポイントとしてオススメの場所です。

さて、次回は先週末に行った「秋の上高地」へ
ご案内したいと思います。

次の記事:秋の上高地探索紀 2010 秋

NEXT STORY

秋の上高地探索紀 2010 秋
前回は真夏の「上高地」をご案内しましたが、今回は黄葉で色づく秋の「上高地」をご案内いたします!
そして、今回は更に!!


【猿橋の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 01:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。