MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年01月15日

秋の上高地探索紀

10月も中旬、秋が深まり、
全国各地の紅葉情報が気になる今日この頃。

…と記事を書いていたのが、10月の中旬 (^-^;

あっという間に新年を迎えてしまいました。。。
というわけで、10月中旬に書いていた記事として
お読み下さい m(_ _)m


10月も中旬、秋が深まり、
全国各地の紅葉情報が気になる今日この頃。

土曜日の夜、天気予報をチェックしていると
1週間前の週間天気予報では、
あまり良い予報ではなかった日曜日の天気が、
『晴れ時々曇り』降水確率10%以下
行楽日和のいい天気になる予報にかわっているではないですか!!

「明日は特に何もない、来週はゴルフだから行けない」

次の瞬間、「行くなら明日だ!」
これで明日の予定が『もみじ狩り』に決定!

奥日光を除いて、まだまだ紅葉のシーズンではないものの、
標高の高い「上高地」だったら、もう始まっているだろうと思い、
前々から気になっていた「上高地」の紅葉情報を調べてみました。


そして、行って来ました『秋の上高地』

秋の上高地

しかも、西穂高の「西穂山荘」まで登って
俯瞰的に『上高地』を眺めてきました。

丸山から俯瞰的に上高地を望む

大正池が見えます!感動です♪
しかし、この景色を眺めるまでには、
ハラハラ、ドキドキの大冒険があったのでした。
その「大冒険」については、後日ゆっくりとお伝えすることにします。

「ん?一日で??しかも日帰り???」

 って思いますよね (^-^;

「そう日帰り、強攻日程です!!!」

日曜日の午前0:40、自宅を出発!
月曜日の午前0:10に無事帰還!!

23時間30分、544.4kmの旅。
これを日帰りと呼べるのかは置いておいて、
とても濃〜い一日になりました!

さすがに、帰り道自宅まで残り50kmくらいの
熊谷あたりでは、疲労でクラッチを踏む足の
力に衰えを感じましたが… (^_^;

そんな濃〜い一日の記憶を少しずつ整理したいと思います。
時間があり余っていて、興味のある方はお付き合いください。




上高地探索記 2010 秋

【秋の上高地探索紀の目次】

※上高地に関しては、一度ご案内しているので、写真メインでご案内いたします。
夏の『上高地』の様子はこちら ⇒ 上高地探索記 2009夏

アカンダナ駐車場(平湯温泉)
アカンダナ駐車場(平湯温泉)〜上高地探索記 秋 2010
今回は「上高地」を俯瞰的に眺めるため「新穂高ロープウェイ」で西穂山荘を目指すため、「沢渡」ではなく「平湯」側の「アカンダナ駐車場」に相棒を駐車しました。
安房トンネル
安房トンネル〜上高地探索記 秋 2010
火山帯を掘削するという難工事の末に完成した、とても便利なトンネル「安房トンネル」をご紹介します。このトンネルの開通により所要時間は何分間縮まったのか?
早朝の大正池
早朝の大正池〜上高地探索記 秋 2010
今回は朝一で「大正池」を訪れました!
朝もや漂う神秘的な「大正池」を見ることができたのか?
そして、大正池でカメラを構えていたカメラマンたちのレンズの先には何が??
早朝の上高地
早朝の上高地〜上高地探索記 秋 2010
早朝の「上高地」は半端なく寒かったです・・・。
10月中旬なのにすでに霜がおりてました。そして、木々の葉も。
秋の梓川
秋の梓川〜上高地探索記 秋 2010
夏に訪れたときの「梓川」の透明度は半端ありませんでした。
秋の「梓川」は水の○○○さが半端ありませんでした。
紅葉と黄葉、褐葉
紅葉と黄葉、褐葉〜上高地探索記 秋 2010
「紅葉」と「黄葉」と「褐葉」、これらの言葉の違いがわかりますか?
さて、ここ上高地はこれらの言葉のうち、どれが当てはまるでしょう?
田代橋と穂高橋
田代橋と穂高橋〜上高地探索記 秋 2010
まだ早朝で人影の少ない「田代橋」「穂高橋」の上から眺める「梓川」や「穂高連峰」の写真をご紹介します。
上高地で足湯!
上高地で足湯!〜上高地探索記 秋 2010
寒〜い、この季節にはありがたいポッカポッカの足湯スポットへご案内します。
もちろん無料(足湯のみ)で楽しめます。
足湯以外の日帰り温泉情報もあわせてご紹介します!
秋のウェストン碑
秋のウェストン碑〜上高地探索記 秋 2010
記念撮影の有名スポット「ウェストン・レリーフ」の秋の早朝の様子をレポートします。
秋の河童橋
秋の河童橋〜上高地探索記 秋 2010
「上高地」のシンボルと言っても過言ではない「河童橋」。
やはり「河童橋」の上から眺める景色が最高にイイです♪
夏とは違った趣の「秋の上高地」の姿をご紹介します。
そばおやき
そばおやき〜上高地探索記 秋 2010
当ブログではめずらしいグルメネタです。
長野といえば「おやき」、今回は河童橋の近くのホテル「五千尺ホテル」のそばおやきをいただきました。
気になるお味は?
秋の明神岳と明神池
秋の明神岳と明神池〜上高地探索記 秋 2010
秋の「明神岳」と「明神池」のコラボレーション最高でした。
かわいい鴨の姿はありませんでしたが、黄葉で色づいた美しい風景を見せてくれます♪
写真はこちら!
新穂高ロープウェイ
新穂高ロープウェイ〜上高地探索記 秋 2010
「上高地」を俯瞰的に眺めるためにやってきました「新穂高ロープウェイ」です。
このロープウェイで一気に標高2156mを目指します!!
ロープウェイ内からの眺めも最高でしたよ♪
西穂高口駅
西穂高口駅〜上高地探索記 秋 2010
「新穂高ロープウェイ」の終点の「西穂高口駅」です。
この駅には360°viewのパノラマ展望台があります!その展望台で撮った写真もご紹介します。
西穂山荘への登山道
西穂山荘への登山道〜上高地探索記 秋 2010
「西穂高口駅」から「西穂山荘」へ続く登山道です。
入り口には登山計画書の提出小屋があり、ものものしい雰囲気の登山口…その先に待ち受けるものは一体?
余裕をもった計画を!
余裕をもった計画を!〜上高地探索記 秋 2010
行き当たりばったりの無計画が仇となり、「ハラハラ、ドキドキ山登り」になってしまいました。
皆さんがそうならないために、知っておいた方がいい情報を地図と一緒のご案内します。
西穂山荘
西穂山荘〜上高地探索記 秋 2010
北アルプスの稜線、そして森林限界に立つ山小屋「西穂山荘」へご案内します。
標高2385mに立つ山小屋、山小屋とは言いがたいほどの収容力を備えているんです。何人くらい宿泊できると思いますか?
丸山からの眺望
丸山からの眺望〜上高地探索記 秋 2010
このために、ここまで登ってきました!
いよいよ「上高地」を俯瞰的に眺める瞬間です!!感動です。登ってきて良かったぁ〜♪
下山
下山〜上高地探索記 秋 2010
いよいよ下山です。下り最終ロープウェイに間に合うことができたのか?
この頃、世間を騒がせていた「熊遭遇」を避けることができたのか?そして、その対策は??
下りロープウェイ
下りロープウェイ〜上高地探索記 秋 2010
下りロープウェイには、チョットしたアクティビティが存在しました。
その「チョットしたアクティビティ」とは一体?
燃える穂高
燃える穂高〜上高地探索記 秋 2010
無事、下山を果たし相棒の待つ駐車場で目にしたものは、真っ赤に燃える「穂高」の姿でした。


次の記事:アカンダナ駐車場

NEXT STORY

アカンダナ駐車場
岐阜県側から上高地にアクセスする場合に利用する「アカンダナ駐車場」。今回はこちら側から「上高地」にアクセスしました!


【上高地の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 02:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。