MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年02月14日

西穂山荘への登山道

「新穂高ロープウェイ」を利用する人の目的は
大きく2つに分かれると思います。

一、西穂高口駅展望台からの絶景を楽しむ人

一、西穂高口駅から西穂山荘、更に先の山々を登山する人


その違いは格好を見れば一目瞭然でわかります。
自分はそんな中でも、かなり曖昧なポジションだったかもしれません。

リュックは背負っていましたが、
格好はとても山登りする感じではありませんでした。
ジーパンにシャツ、フリースを羽織り、
片手には一眼レフ…。
なんかこうやって言葉にすると「アキバ系」っぽいですね (^-^;

もちろん、リュックの中にはいろいろと
準備していきましたよ!
フィギュアとか…いやいや防寒着や非常食を!

実は登山準備をしていないと、登山道に入ることができないのです。
と言っても、誰かが監視しているわけではないのですが…。
入り口のところに、
「この先は登山装備のない人はダメ」的な
看板が立てかけられています。

さて、まずは目的地となる
「西穂山荘(にしほさんそう)」
の位置を確認しましょう!!

西穂高口

実は上の写真に、目的地の『西穂山荘』が写っています。
どこに写っているか分かりますか??

「えっ!マジで!?」

っていうのが正直な感想です。
答えは下の写真を見てください。

西穂高口
▲西穂山荘の位置…遠い。。。

そして、入り口の手前に『登山計画書』を書いて提出する小屋があります。
ここも自分が行ったときは無人でした。
登山計画書の用紙とインク切れのボールペンが置いてあるのみ…。

念のためペンを用意しましょう!

たまたまかもしれませんが、書けないボールペンしかありませんでした。
筆記用具は持参された方が無難です。

「登山計画書」とともに「下山報告書」も
設置されています。
無事下山したら「下山報告書」も提出しましょう!




西穂高口から西穂山荘に続く登山道の入り口
▲登山道入り口

上の写真のように、森の中をひたすら登るような感じです。
「谷底に滑落!」「道に迷って遭難」という可能性は低いですが、
怪我をして動けなくなってしまう可能性もありますので、
キチンと登山計画書を提出して登山してくださいね。

西穂山荘までの登山道
▲西穂山荘までの登山道

◆距離は2km(たぶん、水平距離)
◆高低差は209m
◆所要時間:約90分


現地の看板に距離は2kmと書かれてました。
これは多分、水平距離なんだろうなぁ…と思うくらい長い距離を歩く印象です。

何回も下山してくる方に
「あとどの位ですか?」
って聞いてしまいました (^-^;

高低差を単純に標高差で「209m」と書きましたが、
途中登っては下がって、下がっては登ってという
感じのアップダウンがあるので、
単純に209mの高低差では語れない感があります。

登山道として人が通れる道はできているのですが、
足元は大小さまざまな石、木の根で構成されているため、
足の裏にかかる負担が予想以上に大きいです。

靴底が厚い靴の方がいいかも!

体重の軽い子供であれば、運動靴でも大丈夫かもしれませんが、
大人は登山靴とは言わないまでも、
靴底の厚い靴を履いて臨まれることをオススメします。

自分は「フットサルシューズ」で登ったのですが、
結構、足の裏が痛かったです (^_^;
(友達に足の裏の皮が薄いってよく言われます…。)


所要時間大人の足で90分程度と聞いていましたが、
体力に自信のある方は、もう少し短縮できるかもしれません。
ただし、油断は禁物です。
先程お伝えしましたが、足元があまりイイ状態ではありませんので、
気を抜くと足首を捻挫する危険性があります!

自分は諸事情により、40分程度で「西穂山荘」
到達することができました。
諸事情も含めて、なぜそうなったのか
次回の記事でご説明したいと思います。

次の記事:余裕をもった計画を!

NEXT STORY

余裕をもった計画を!
登山は十分な準備、十分な計画、余裕を持ったタイムスケジュールでのぞみましょう!!

秋の上高地探索記の目次に戻る

【新穂高ロープウェイ(西穂高口駅)の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。