MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年03月16日

浜松城と家康

浜松城の天守
▲浜松城天守

今回はもう少しだけ『浜松城』『徳川家康』について
掘り下げてご紹介したいと思います。

と、その前に『浜松城』の歴史をおさらい。

徳川家康がここに拠点を移す前、
ここは『曵馬城』という名前でした。
そして、『曵馬城』を築城したのは、
今から500年ほど前の1504年〜1520年の間に
今川家によって行われたと言われています。

そして、武田軍の侵攻を防ぐために「岡崎城」から「曵馬城」に
拠点を移した徳川家康によって『浜松城』という名前に
改名します。

どうして、徳川家康は『曵馬城』という名前を良しとせず、
『浜松城』という名前に変えてしまったのでしょうか?



徳川家康が『曵馬城』から『浜松城』へ名前を変えた理由は、
戦国時代、戦国武将が考えそうなことが理由でした。

『曵馬城』⇒⇒ 馬を曳く⇒⇒敗退しているイメージ

なるほど、験を担ぎたがる戦国武将の考えそうなことですね (^-^)

浜松城
▲「浜松城公園」の若き日の家康石像

「岡崎城」から『浜松城』に拠点を移したのが家康29歳の時、
それから16〜17年の間、家康が45歳、本拠地を「駿府」に移すまで
徳川家康はここ『浜松城』で過ごしていたのです。

虎視眈々と天下を取るための準備をここでしていたのでしょうね。

天守の中に入ることができませんでしたが、
十分、浜松城の城郭を見て回ることができたので、
浜松城を離れ、三重県伊賀上野市の
『伊賀上野城』へ向かいます!!

とその前に、むかう途中、晴れた日はとても素晴らしい
運転しているだけでテンションがあがってしまう
ビューポイントをご紹介いたします。

次の記事:潮見バイパス

NEXT STORY

潮見バイパス
東京から浜松を越え、国道1号線で西へ向かうと、「潮見バイパス」といってとても気持ちのいい道になるのです♪その「潮見バイパス」にはさらにテンションがあがる風景を見ることができる坂があるのです!

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



【若き日の家康石像の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。