MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年03月26日

伊賀上野城

いよいよ『伊賀上野城』の本丸へ!
天守閣に迫ります。

伊賀上野城の天守
▲本丸からのぞむ『伊賀上野城』

これが『白鳳城』という雅名をもつ『伊賀上野城』の天守です。
確かに白く輝く美しい天守です♪

でも、この天守は慶長17年(1612)の暴風雨で工事中に倒壊してしまった
幻の「五層大天守」の天守台に昭和10年(1935)、地元の名士・川崎克氏が
私財を投じて復興再建した「模擬天守」なのです。

なので、実はこのお城、実に現代っぽい正式名称があるのです。




現在の『伊賀上野城』の正式名称は

『伊賀文化産業城』

といいます。
伊賀の産業陳列館としての役割も担っていたようです。

この城を復興再建した名士・川崎克氏は、前々回の記事でご紹介した
松尾芭蕉の生誕300年を記念して建てられた『俳聖殿』も自費で建てた、
故郷である伊賀上野を愛した政治家だったようですね、すばらしい!!


話を「伊賀上野城」に戻します。

想定上の伊賀上野城天守
▲想定上の5層だった伊賀上野城天守

これは1612年当時、城主であった藤堂高虎が建てようとしていた
5層の『伊賀上野城』の天守の図です。

今、建てられている模擬天守は3層3階です。
そして、外観も再建当時にアレンジされたものなのでしょう!
「入母屋破風」「切妻破風」「唐破風」を組み合わせた
美しい天守に再建されております。

倒壊してしまった幻の天守の様式を模倣してはいないようですが、
再建に際し、ひとつの「こだわり」があったようです!
それは、「鉄筋コンクリート造」ではなく「木造」にこだわったこと。

日本各地に再建されている模擬天守はそのほとんどが
鉄筋コンクリート造です。
同時期に再建されている『大阪城』も鉄筋コンクリート造です。
それをあえて、「桃山形式」の『木造建築』にしたというのは、
川崎克氏の強いこだわりを感じずにはいられません。

伊賀上野城の天守

この美しい『白鳳城』という雅名をもつ『伊賀上野城』
『日本100名城』にも選ばれています。
建物からその歴史を感じ得ることはできませんが、
城郭は築城の名手・『藤堂高虎』が縄張りをした遺構を見て回ることができます。
また、天守内の展示スペースには、歴史的価値のある資料が多く展示されてます。

というわけで、次回の記事では、
『伊賀上野城』の天守内をご案内したいと思います。
お楽しみに!!

次の記事:伊賀上野城天守

NEXT STORY

伊賀上野城天守
『伊賀上野城』の天守の中には、「藤堂高虎」が「豊臣秀吉」から拝領した『唐冠形兜』も展示されています。また、5層にはおよばなまでも3層天守から見る「伊賀上野」の城下町の景色も素晴らしいです。

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



【伊賀上野城の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。