MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年05月20日

宇治上神社の拝殿

今回は世界遺産『宇治上神社』の境内に入って
一番最初に目に飛び込んでくる建物
『拝殿(はいでん)』をご紹介します!

〜宇治上神社
▲宇治上神社の『拝殿』

この『拝殿』は鎌倉時代初頭に建てられたものです。
国宝に指定されています!

この建物には「おぉ〜っ!!」と思える特徴があります。
※あくまで個人的な感想です (^-^ヾ




清め砂〜宇治上神社
▲拝殿の前に円錐形に盛られた清め砂

『拝殿』の前に円錐形に盛られた「清め砂」。
これが特徴?
まぁ、この「清め砂」も特徴といえば特徴なのですが、
自分が気になったのはこちら!!

縋破風〜宇治上神社
▲拝殿の屋根形状「縋破風(すがるはふ)」

そう、これ!『縋破風(すがるはふ)』
屋根の美しい曲線♪
この2つの曲線の融合、珍しいでしょ?
建物に翼がついているようにも見えます!

拝殿を妻側から見る〜宇治上神社
▲妻側から見る屋根形状

『拝殿』の屋根を妻側から見てみると、
「入母屋」?
と思える見た目なのです。

調べてみたところ、紙一重の違いでした。
ある意味、「入母屋」の出来損ない?(言い方が悪い… (^_^;)
「縋破風」のような凸凹がない形状に仕上がっていれば、入母屋なのです。

屋根の形状ひとつとってみても面白いですね♪

1間付け庇部分〜宇治上神社
▲この部分を付け足した感じ?

『拝殿』の前に立ててある立て札には、
桁行:6間、梁行:3間
一重切妻造 両妻一間庇付 桧皮葺 (寝殿造様式)
とあります。

なので、上の写真のように切妻造の本体の両妻側に
1間の奥行きを持った庇(赤い部分)を設けた感じになります。

最初からそういう設計だったのか?
それとも増築による結果なのか?
定かではありませんが、どちらにしても、
この見事な『縋破風』は、今まで見てきた神社仏閣の中には
なかったような気がします。

もしかしたら、気にしなかっただけかもしれませんが (^-^;

というわけで、宇治上神社の『拝殿』は
鎌倉時代初頭から現在に至るまで「寝殿造りの様式」
後世に伝えてくれている貴重な建築物なのです。


さて、次回は「拝殿」よりもさらに歴史が深い『本殿』へ
ご案内します!
いったい『本殿』はいつの時代の建築物なのか!?

次の記事:宇治上神社の本殿

NEXT STORY

宇治上神社の本殿
「流造」という神社建築様式の中ではオーソドックスな構造なのですが、その中でも日本最古の「流造」である『宇治上神社の本殿』。
日本最古とはいったい何時代の建築物なのか!?

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



【宇治上神社の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。