MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年09月14日

石見銀山のお土産

閉館ギリギリで『旧河島家』に入館したので、
見学して出てきたころには、すでに他の見学スポットは
閉館しておりました・・・。

〜石見銀山
▲熊谷家住宅

内部を見学することができませんでしたので、外の案内板に書かれていた
『熊谷家住宅』の説明文をご紹介します。
熊谷家は、文献によると17世紀に石見銀山の経営に携わり、その後、掛屋(かけや)で郷宿(ごうやど)、代官所の御用達を勤めたことが知られている。当主は代々町役人(年寄職)を勤めていた。
主屋は寛政12年(1800年)の大火後の享和元年(1801年)の建築で、幕府巡見使の公用宿や町役人としての用向き、御用達などの商用や日常生活にあてたと考えられる。
町並みの中で最も大きく質の優れた民家建築で、有力商人の身分や生活の変遷をよく示した建物として高い価値が認められる。
建物は平成13年度から17年度にかけて保存修理工事を行い、幕末から明治初年(1868年)の姿に復原した。

次回、『石見銀山』に訪れた際には第一優先で『熊谷家住宅』に向かいたいと思います。

さて、そんなわけで他の観光スポットは
全て閉館してしまっている状況だったので、
何かお土産でも〜?って思いながらキョロキョロしていると

「ここ石見銀山でしか売っていないよ〜!」

って売っているせんべい?クッキー?屋さんが!



どうしても『ここでしか…』とか『限定』という響きに弱い自分は
強い磁石に引き寄せられているような感じで店内へ (^-^;

〜石見銀山

しかも試食させてくれるので、遠慮なくパク!
『か、かたい!』
一瞬、前歯がかけるかと思いました。。。(←大袈裟かも)

なにか懐かしい感じのするその食べ物は
小麦粉や黒糖を使った焼き菓子で、
『げたのは』
という島根県大田市のブランド認定菓子でした。

〜石見銀山

なぜ、「げたのは」って名前なのか?


「げたのは」を2枚持って、叩いてみると
下駄を履いて歩いている時の音がするということから、
「げたのは」という名称がついたみたいです。

12枚入り525円
お茶、コーヒー、牛乳どれにでも合うという万能お菓子!
しかも高温多湿を避ければ、90日間もつので長期旅行の
お土産にも最適ですよん♪

石見銀山に行かれて、お土産に迷ったら、
「げたのは」を候補の一端に加えてみては?

この他にも雑貨屋など、いろいろなお店が軒を連ねています。
〜石見銀山

〜石見銀山

〜石見銀山


石見銀山の最初の記事が6月18日に書いた記事なので、
約3ヵ月かけて紹介した『世界遺産・石見銀山』はいかがだったでしょうか?
※途中さぼって3ヵ月もかかってしまったのですが (^-^;

次回は石見銀山から山口県萩市に向かう途中で発見した
「おぉ〜」という景色を簡単にご紹介します。

次の記事:竜ー山と石見城址

NEXT STORY

竜ー山と石見城址
石見銀山から山口県方面に走っている時に、姿を現した奇岩の塊の山「竜ー山」!
思わず車を路肩に停めて写真を撮ってしまう存在感だったのです!

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



【石見銀山の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 02:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。