MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2012年05月08日

小倉城

いよいよ小倉城の復興天守に迫ります!

小倉城

野面積みの石垣の天守台に、唐造の天守が再建されています。
そう、この天守は1959年に小倉市民の強い要望によって
再建されたRC造の復興天守なのであります。

小倉城

1602年、関ヶ原の戦いの功績で小倉に入国した
細川忠興が築城した「唐造り」の天守を再現しているのですが、
再現する際に残念なことをしてしまうのです。

これはあくまで私見ですが、
この余計なことが「日本百名城」に選出されなかった原因なのではないかと思うのです。
その余計なこととは、一体何のことだと思いますか?



復元時にやってしまった余計なこととは、
下の写真を見比べてください。

小倉城
▲現在の小倉城(復興天守)

小倉城の模型(拡大)
▲創建当時の小倉城(再現模型)

お分かりになりますか?

模型のお城の方がシンプルな造りをしていますよね?
模型だから手抜きして単純な形にしたわけではないのです。
創建当時の天守は、模型のようなシンプルな形だったのです!

復元する際に、より「お城」っぽく見せるために、
・大入母屋破風
・千鳥破風
・唐破風

などの破風が付けられてしまっているのです (^-^;

このようにかつて天守が存在したことは確実で、
元の場所に再建された天守のうち、史料不足により
規模や意匠に推定の部分があるものを『復興天守』といいます。
規模・意匠を再建時に改変してしまったものも含まれます。
「小倉城」は後者に該当します。

お城ファンとしては、昔の姿を忠実に再現してもらいたかったなぁ
と思ってしまうのであります。

さて、次回の記事では小倉城の天守の中に入ります!
小倉城の中はどんな風になっているんですかね?
お楽しみに!!

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



【小倉城の場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒


posted by pleasure1975 at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268959993

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。