MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2012年07月17日

門司港レトロ

前回の記事でご案内した『門司港駅』も含め、
外国貿易で栄えていた時代のレトロな建物が点在する地域を
『門司港レトロ』と言います。

旧門司三井倶楽部
▲旧門司三井倶楽部

門司港駅を出て一番最初に視界に飛び込んでくるレトロな建物が
『旧門司三井倶楽部』です。
この建物に、あのアインシュタイン夫婦が宿泊されたんだそうです。
現在も「アインシュタインメモリアルルーム」として、
当時の状態で保存され、展示されているみたいです。
「見てみたかったなぁ・・・」

この他にもレトロな建物たちが門司港を
ノスタルジックな雰囲気にしてくれています。



「旧門司三井倶楽部」の隣に建っているのが、

旧大阪商船
▲旧大阪商船

オレンジ色と白の調和が美しい「旧大阪商船」です。
大阪商船の門司支店を修復したものだそうです。
2階が「わたせせいぞうギャラリー」となっていて、
100円の入場料がかかるみたいですが、
その他のエリアは無料で入館・見学ができるみたいです♪

旧門司税関
▲旧門司税関

昭和初期まで税関庁舎として使用されていた『旧門司税関』
建設当時は、平屋建てだったようです。
平成6年にリニューアルされ、今の形になったみたいですよ。

国際友好記念図書館
▲国際友好記念図書館

この建物は明治35年(1902年)に、中国の大連市の
「東清鉄道汽船事務所」を複製して建てられた図書館だということです。
ここも入館料は無料♪
中国の大連市にも、まったく同じ建物があるというのが、何とも感慨深いですね。

門司港レトロ
▲海峡プラザ

「海峡プラザ」と呼ばれる商業施設が集中したエリアがあります。
そのエリアに停泊中(ほぼ固定?)の船があるのですが、
自分が行った時は、その船上から生演奏の心地よい音色が流れていて
とても良い雰囲気でした♪

以上「異国の文化」をわずかに感じ、ノスタルジックな雰囲気を演出してくれる素敵な町並み『門司港レトロ』をご案内しました!
今回、ご紹介した建物以外にも
「関門海峡ミュージアム」「港ハウス」「出光美術館」などなど
行ってみたい観光スポットが盛りだくさん!
今度「門司港」へ行く時は、
それらも含め一日かけて『門司港レトロ』を味わいたいと思います。

さて次回の記事は、門司港レトロ内で一際異質な存在の
『門司港レトロハイマート』へご案内いたします。
お楽しみに!!

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



【門司港レトロの場所】


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒



posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。