MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2007年12月27日

諏訪の浮城『高島城』

諏訪の浮城『高島城』に行ってきました。
このお城の築城が天正18年(1590)から慶長3年(1598)であることから、1521年から1573年を生きた武田信玄とは全く持って関係はないかもしれませんね。

でも、どうせ諏訪まで足を運んだので、諏訪の浮城『高島城』に行ってみました。

この城の歴史は、慶長6年(1601)から270年間、諏訪氏の居城として、その威容を誇ってました。
しかし、明治4年(1871)の廃藩置県から4年、明治8年(1875)に天守閣は撤去されてしまいました。それから約100年が経過した昭和45年(1970)に諏訪市民によって高島城は復興されたそうです。

高島城

高島城(冠木門と冠木橋)
↑高島城の冠木門(カブキモン)と冠木橋(カブキハシ)


なるほど、復興されてから37年なんですね。
ちなみに、この天守閣は入場することができます。
基本的には年中無休のようなんですが、門のところに「臨時休館のお知らせ」という貼り紙が貼ってあったので、行かれる際にはチェックしてからの方がいいかもしれませんね!

天守閣の入場料は「大人:300円、小人:150円」です。
開館時間は午前9時から夏は17時半、冬は16時半のようです。
※入場は閉門の30分前となっているので、夏は17時、冬は16時に入館しないと入れないってことですね。お気をつけ下さい。
※休日に車で行かれる方へ。隣接する諏訪市役所の駐車場が無料で解放されてました♪あれはイベントをやっていたからかな?すみません、保証はできません。

さて、いよいよ入館です。

高島城天守閣の入り口

天守閣の中には高島城の歴史、北斎関連の資料などが展示されていました。
そして、大河ドラマ『風林火山』が放映されていることもあって、小日向文世がドラマで使用していた「諏訪頼重」の衣装や由布姫の衣装が展示されてました。

諏訪頼重の衣装

続いては、天守閣から見た「諏訪湖」と「二の丸公園」の写真をご覧ください。

高島城から見た諏訪湖

高島城天守閣から見た二の丸公園


諏訪湖が結構、遠くに見えますね。
昔、この高島城が完成した頃は諏訪湖に突き出した水城でした。
しかし、江戸時代に諏訪湖の干拓が行われて、現在の姿になり、水城の面影はありません。今は遠くに見える諏訪湖がその当時は眼下に広がっていたんですね。

この高島城は今でこそ水城の面影はありませんが、日本三大湖城の一つとして数えられているそうです。
★日本三大湖城
松江城(島根県松江市)、膳所城(滋賀県大津市)、高島城(長野県諏訪市)

機会があったら他の湖城にも行ってみたいものです。
さて、次回の武田信玄ゆかりの地めぐりツアーは『諏訪大社下社秋宮』です。

お楽しみに。


posted by pleasure1975 at 02:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「諏訪頼重」についてのブログリンク集
Excerpt: 諏訪頼重 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
Weblog: 最新ブログをまとめて検索
Tracked: 2008-01-26 02:03

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。