MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年01月04日

懐古園(園内みどころ2)

今回も引き続き、小諸城址・懐古園のみどころを紹介致します。

今回で小諸城址・懐古園については3記事目ですね。
ひとつの場所について、これほどの記事を残すのは、この「懐古園」と飛騨高山の「古い町並」くらいでしょうか?それくらいみどころ満載でよい場所でした。

さて、今回は『懐古神社』についてです。

小諸城址・懐古園内の懐古神社

この懐古神社の歴史は浅く、創建されたのは明治13年4月だそうです。
廃藩後に荒れ果ててしまった小諸城跡を整備して『懐古園』とする時に、本丸の東北に城の鎮守神として祀られていた「天満宮」「火魂(荒神)社」の二社と藩主・牧野公歴代の霊とを合祀したものです。
また昭和62年にも改築が行われています。

祀られている「御祭神」は
・藩主牧野公歴代の霊
・菅原道真(天神様)
・火之迦具土命(荒神様)

この懐古神社内には、あの山本勘助が愛用していたと言われているあるものがあるのです。今回、この懐古園を訪れた理由の一つとして、このものが大きな影響を与えていたのは間違いありません。

それは…



鏡石

そう、『鏡』です。
鏡といっても石の表面を研磨して鏡面にした『鏡石』ですが、これが本当の鏡のように姿を写し込んでいました。
「鏡石」のとなりに『また隕石とも言われている』と記載されていましたが、その真偽のほどは…(^_^;)

でも、山本勘助がこの鏡石で己の姿を見ていたのだなぁと思うと、チョット感慨にふけるものがありました。若干、年寄りっぽい発言ですが…。



この懐古神社、天守台の上に建てられていて、西側の「馬場」からみると、こんな立派な天守台の上に建っていることがわかります。

懐古園内の天守台1
懐古園内の天守台2

昔の人は凄いですよねぇ。これを重機を使わずに作るのですから…。

さて、今日はここまでです。
次回は、武田信玄や山本勘助などとは関係が薄くなってしまうかもしれませんが、この他の懐古園内のみどころを紹介させていただきたいと思います。
お楽しみに♪


ところで、皆さんは旅の計画・準備はどのようにされていますか?
インターネットという便利なものがあって、ホテルの予約やら観光地の情報収集やら簡単に行うことができます。しかし、すべての情報をネットや書籍から取得するのはなかなか骨の折れる作業です。
こんな経験ありませんか?

私「先日、○○○に行ってきたんだよ。」
友達「あぁ、そこって◆◆が名所らしいね!」
私「ん?◆◆…?何それ?」

旅行から帰ってきて判明する「絶景スポット」「名産」「グルメ」…。
行く前にわかっていたら…


なんてこと。

そういう場合は、プロに聞いてしまうのが一番です。
でも、どこでプロに相談すればいいのかわからない…。
そんな人にオススメのサイトを見つけました。
その名も『旅のお店の歩き方

是非、このサイトを参考にしていただいて、悔いの残らない旅を!◆小諸城址・懐古園

住所 :長野県小諸市丁311

営業時間:8:30〜17:00、動物園は8:30〜16:30、遊園地は9:00〜17:00

休業日:3月中旬〜11月は無休、12月〜3月中旬は水曜、12月29日〜1月3日休(遊園地は12月〜3月休)







posted by pleasure1975 at 04:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。