MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年01月16日

三太刀七太刀之跡

さて、今夜も『八幡原史跡公園』についてです。
今回はもう少し、「川中島の戦い」関連の史跡を紹介していきます!!
まずは『三太刀七太刀之跡』です。
これは「みたち ななたちのあと」って読みます。

三太刀七太刀之跡

武田信玄上杉謙信の一騎討ちの場所と伝えられていて、三度斬りつけ軍配団扇には七つの傷が残っていたことから、こう言われているのです。
なので近くには、武田信玄上杉謙信が一騎打ちをしている像が立っています。

この像は結構有名ですよね?

武田信玄と上杉謙信の一騎打ち

武田信玄と上杉謙信の一騎打ち2
↑武田信玄と上杉謙信の一騎打ち像

『三太刀七太刀之跡』の碑の近くに立っている看板に書いてある解説を紹介します。


永禄四年(1561) 9月10日、ここ八幡原を中心に上杉、武田両軍三万余の壮絶な死闘が展開された。上杉謙信は(中略)長光の太刀抜き放ち、名馬放生に跨がり戦況の進展に注目、乱戦で武田本陣が手薄になったのをみ、旗本数騎をつれ信玄の本営を強襲した。このとき、武田信玄は軍配を右手に持ち、この地で崩れかかる諸隊を激励指揮していた。この信玄をめがけて謙信はただ一騎、隼の如く駆け寄りざま、馬上より流星一閃、信玄は軍配で受けたが、続く二の太刀で腕を、三の太刀で肩に傷を負った。後にこの軍配を調べたところ刀の跡が七カ所もあったといわれ、この一騎打ちの跡を世に三太刀七太刀之跡という。


今から450年以上も前にこの地で武田信玄と上杉謙信が一騎打ちを行っていたのかと思うととても不思議な気分になりました。

ぜひ、長野に行く機会があったら『八幡原史跡公園』で三太刀七太刀之跡や武田信玄と上杉謙信の一騎打ちの像を見に行ってみてください!!







posted by pleasure1975 at 02:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 武田信玄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。