MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年05月19日

清洲城

さて、名古屋城の次の目的地は『清洲城』です。

名古屋城のあと、味噌カツを食べてたもんだから
清洲城にたどり着いたのは午後4時半過ぎになってしまいました。
夕日が『清洲城』の天守閣の赤に反射してとても綺麗でしたけどね。

清洲城


この天守閣、実は本当に存在した『清洲城』と同じ形だったのかどうか
定かではないのです…。
それはなぜかというと・・・続きはwebで (^_^;






ってもったいぶったものの (^0^ゞ
そんな大した理由ではないのです。

現在、存在している天守閣は平成元年(1989年)に再建されたものなんですが、実は資料がほとんど残っていなかったので外観は想定して作られているらしいのです。
しかも、建設された場所も実際の場所ではなく、現在は清須市清洲地域文化広場内に建てられています。

清洲城と大手橋
これは近くを流れている「五条川」にかかる「大手橋」から清洲城を見た写真です。また、この「大手橋」の赤も夕日が当たってとても綺麗に輝いていました。

清洲城

やはり模擬天守閣で人が想定・想像して作ったものだからでしょうか?
形がとても格好良いんですよね。
まだ建設されてから8年しか経っていない築浅の天守閣だからでしょうかねぇ??
今回の城郭巡りの旅の中でも1、2位を争う格好良い天守閣でした。

公園側から見た清洲城
これは裏の公園側から見た『清洲城』です。


そして、これが清洲城側から「大手橋」の方を見た写真。
庭も綺麗に整備されています。


夕日が当たってとても綺麗だったのは良かったのですが…
この『清洲城』
入館時間は午前9時から午後4時15分まで。。。
ぎりぎりアウトで入館することが出来ませんでした (涙)

簡単に情報を書いておきますね。(注.2008年5月現在の情報です)

開館時間:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時15分まで)
入館料 :大人…300円 小人(小中学生)…150円
     ※30人以上から団体割引があるようです。
休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日[平日]が休み)、12月29日〜12月31日

行かれる際には注意してお出かけくださいな。

清須市のホームページ内でも『清洲城』を紹介しているページがありますので、そちらのページのURLもご紹介しておきますね。

清洲城|清須市のホームページ

【地図】清洲城の位置



さて、次の目的地は滋賀県彦根市の『彦根城』です。
とその前に『清洲城』から『彦根城』に向かうその途中に不思議な建造物を発見しました。とても不思議な…そしてとても巨大なその建物は一体??

お楽しみにぃ〜!!


posted by pleasure1975 at 23:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。