MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年03月14日

南房総放浪紀START!!

今回から南房総放浪紀〜その1がスタートします!

放浪したのは2月中旬。
ってことは今から1ヵ月前の話です。

南房総放浪紀

この日は、2月なのに「初夏の陽気」になった日の翌日。
前日の気温ほどは上がらなかったものの、暖かく真冬なのに春でした♪

さて、そんな春のような陽気の中、
今回の南房総放浪紀はどこに行ったのか?


今回の放浪の旅、どこへ行った?


ラベル:房総半島
posted by pleasure1975 at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

源三窟

久々に東北地方に足を踏み入れましたが、
一瞬で関東地方に戻ってきてしまいました (^-^;

さて今回は、塩原温泉郷にある
史跡鍾乳洞の『源三窟(げんさんくつ)』へご案内します。

源三窟

帰り道に看板を見かけて寄ったものの…
果たしてどんな史跡なのか?

自分がこの『源三窟』についたのは午後3時半過ぎでしたが、
一組だけお客さんがいました。
11月の三連休なのに・・・
まぁ、行ってみましょう!!

果たして『源三窟』とは?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

竜王峡

先週は何かと忙しく、ブログの更新をすることが出来ませんでした…。
今週から放浪紀を再開したいと思う次第であります (^-^;


では、前回の「鬼怒川温泉郷」の続きで
今回は『竜王峡』へご案内いたします!!

竜王峡

これは「虹見橋」から北方の川治温泉方面を眺めた景色です。
キレイでしょ?


なぜ『竜王峡』と呼ばれるのか?
posted by pleasure1975 at 05:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

鬼怒川温泉郷の紅葉

いよいよ3月ですね〜。
早く暖かい春が来てほしいものです。

そんなタイミングで『紅葉』って…
一体いつの話をしているの?

って皆さんの声が聞こえてきそうですが
あえて突っ走ります。
今回は紅葉のトップシーズンは過ぎてしまっているものの
見事な紅葉を楽しませてくれた『鬼怒川温泉郷』に寄って
みます。

鬼怒川温泉郷の紅葉

写真メインです。
なかなか見事な紅葉でしたよ。

もっと写真が見てみたいって方はこちら!
ラベル:鬼怒川温泉 紅葉
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

金谷ホテル

日光で一番有名なホテルって何?
って聞かれて一番最初に思い浮かぶのは、
『金谷ホテル』ですよね。

金谷ホテル

別に宿泊したわけではないのですが、紅葉が見事だったので、
ついつい入口付近まで歩いて行ってしまいました。


『金谷ホテル』に泊まったことありますか?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

神橋

日光に行かれたことがある方は必ずと言っていい程
目にしている可能性がある橋、それが『神橋』です。

神橋

日光山の開祖・勝道上人は両岸が断崖絶壁のこの大谷川を渡ったのでしょうか?


『神橋』にまつわる伝説
ラベル:日光
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

大猷院〜皇嘉門

チョット駆け足気味でご案内してきた輪王寺大猷院霊廟も
今回で最終回です。

最後は徳川家光公の御廟に続く道の入口になる門である
『皇嘉門』へとご案内いたします。

大猷院〜皇嘉門

この形、何か見覚えがありませんか?


何かに似ている『皇嘉門』
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

大猷院〜拝殿・本殿

輪王寺大猷院霊廟の建築物の中で国宝に指定されているのは
今回ご案内する『拝殿』と『本殿』のみです。

大猷院〜拝殿と本殿

手前左側に写っているのが『拝殿』、奥に写っているのが『本殿』です。

『拝殿』と『本殿』の内部には?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

大猷院〜唐門

東照宮の唐門は平成の大修理で工事中でしたが、
こちらは大丈夫でした。

これが大猷院霊廟の『唐門』です。
大猷院〜唐門

東照宮の『唐門』同様で規模はそれほど大きくないですね。


『唐門』の写真をもっと見る?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

大猷院〜夜叉門

さてさて、今回も引き続き、徳川家光公の墓所である『大猷院霊廟』の
中をご案内していきたいと思います。

今回は『夜叉門』をメインでご案内いたします。

大猷院〜夜叉門

夜叉…鬼?


『夜叉門』は鬼の門?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

大猷院〜二天門

これが日光山内で最も大きい門とされている
輪王寺大猷院霊廟の『二天門』です。

大猷院〜二天門

この門は別名「雷門」という名前で呼ばれることもあります。

なぜ「雷門」とよばれるのか?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

大猷院〜御水舎

今回も引き続き、三代将軍・徳川家光の墓所である
『輪王寺大猷院霊廟』をご案内していきます!!

前回の記事で潜った「仁王門」の次に現れる建物です。

大猷院〜御水舎

『御水舎 (おみずや)』です。


『御水舎』の天井には?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

大猷院〜仁王門

今回は、『輪王寺大猷院霊廟』の入口の門になる
『仁王門(におうもん)』へとご案内いたします。

大猷院〜仁王門

名前の通り、2体の仁王像が門を守っています。

仁王像の写真はこちら!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

輪王寺大猷院霊廟

今回の記事から数回にわたって世界遺産にも登録されている
『輪王寺大猷院霊廟』をご案内します。

大猷院〜二天門

この『輪王寺大猷院霊廟』はいつ?何のためにつくられたもの?


輪王寺大猷院霊廟 とは?
posted by pleasure1975 at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

日光東照宮のミステリー

日光東照宮の最後の記事です!
最後は『日光東照宮のミステリー』をお送りしたいと思います。

日光東照宮〜五重塔

実はこの「五重塔」にもミステリーが潜んでいるんです。


ミステリー知りたい方はこっち!!
posted by pleasure1975 at 05:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

今日は南房総へ!

14日のバレンタイン・デイはあつかったですねぇ〜。
いや、気温が (^-^;
2月なのに初夏の陽気だったそうです。

Tシャツで街を歩いていた人もいたとか (^0^-ワォ〜!!

そんな気温も町行くカップルも温度を上げている最中に
私めはセミナーに参加するために渋谷に出かけていました。
よりによって渋谷…。

まぁ、そんな鬱憤もあって今日は天気もよかったので
ぶらりプチ放浪の旅をしてきました。
今回もいろいろ写真を撮ってきたのですが、なかなか良い写真が
撮れたのでお見せしたいと思います。

日本寺〜日本スイセン

日本スイセンです!
とてもキレイに咲き誇ってました。

さて今回はどこに?
posted by pleasure1975 at 01:47| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東照宮〜本地堂

今回は『鳴き竜』で有名な『本地堂』へご案内いたします。

日光東照宮〜本地堂

『鳴き竜』はご存知ですか?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

東照宮〜神輿舎

今回は陽明門の内側ラストの記事です。
春秋渡御祭に使われる、三基の神輿(みこし)が納められている
『神輿舎(しんよしゃ)』へご案内します。

日光東照宮〜神輿舎

『神輿舎』の続きはこちら!!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

東照宮〜唐門・本社

奥宮から長い石段を降りてきて、次に見学したのは『本社』
この本社は撮影禁止エリアになっているため、写真は撮れませんでした。

足を踏み入れることができるのも『拝殿』までです。
その拝殿に数十人集められて巫女さんが『本社』の説明を
してくれます。

『拝殿』の欄間には「三十六歌仙」が並んでいて、その中に
「紫式部」の姿もあります。
そして、『拝殿』の天井には「百間百種の竜」といって
一頭、一頭のデザインが異なる竜の絵が描かれています。
狩野探幽とその一門が競作したものだと伝えられています。
圧巻です。
あまり長いこと上を向いていると首を痛めるのでご注意を!!

この他にも、「将軍着座の間」と大広間の間の仕切り戸には
狩野探幽作の「麒麟(きりん)」、「白沢(はくたく)」が
描かれています。

そんな見どころ満載の『拝殿』も巫女さんの説明が終わると
即座に追い出されてしまいます。
連休中で観光客が多かったからかもしれませんが…。


それと拝殿に入るまでに15分から20分くらい待たされたんですが、
靴を脱いで板の間の廊下で待たされることになりますので、
冷え性の方は厚手の靴下を用意していった方がいいかもしれません。


唐門はこちら!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

東照宮〜叶杉

今回は徳川家康公の墓所の傍らにある古木『叶杉(かのうすぎ)』を
ご紹介します。

日光東照宮〜叶杉

樹齢600年と言われるこの古木『叶杉』は
諸々の願い事をこの杉のほこらに向かって唱えると
願い事が叶うと言い伝えられている
そうです。

帰ってきてから調べた結果、この古木の正式名称が『かのうすぎ』と
読むことがわかりましたが、現地では『かないすぎ』と読んでしまって
いました。

『叶い過ぎ』⇒『叶杉』

って、なんて分かりやすいネーミングって若干のうさん臭さを感じつつ…
バチがあたりますね (^-^;

さて、皆さんならどんな願いごとをしますか?

posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。