MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2008年11月30日

日光〜明智平

朝早くてまだ日光東照宮などの観光地は開場していないので、
神橋を渡り、東照宮を通り過ぎていろは坂に向かいました。

時期が時期だし、早朝で気温も低いので凍結が怖かったのですが
とりあえず奥日光を目指して登り専用の「第二いろは坂」
登って行きました。
所々、路面が光っていて「もしや!!」とドキドキしながら
登って行きましたが、何とか第二いろは坂の終点近くの
『明智平』に到着しました。

明智平とMINI
若干、雲はありますが青空が広がり空気が澄んでいて景色が
とてもキレイでした♪

明智平から見た景色
どうです?この景色。
素晴らしくありませんか?
紅葉の時季はこんなもんじゃないんでしょうね。

明智平ロープウェイ
ここ明智平から乗ることが出来るロープウェイに乗って展望台に
あがると「男体山」「中禅寺湖」「華厳の滝」などが一望すること
ができる絶景ポイントに行くことができます!

【明智平ロープウェイ】

営業時間:9:00〜16:00
※悪天候(霧・強風など)の場合は運休
※3月1日〜3月15日は運休
料金
おとな:390円(片道) 710円(往復)
こども:190円(片道) 360円(往復)

注)2008年11月時点の料金です。
詳しくはこちら⇒明智平ロープウェイ


ん?「男体山」をよ〜く見てみると…


男体山に何が?


posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

日光放浪紀スタート!

今回の記事からしばらくの間は『日光放浪紀』をお送りします。
相棒MINIのNewタイヤの慣し運転とテストドライブを兼ねて、
日光〜鬼怒川〜塩原を気の向くままに放浪してきました。

MINI001
気持ちのいい青空です♪
しかし、その分放射冷却現象で気温は低下、
しかも北風がとても強く寒かったです。
(風は朝のうちだけでしたけどね!)

今回の放浪の旅は日帰りですので、そう遠くに行くことは
できませんでした。

華厳の滝→中禅寺湖→竜頭ノ滝→日光東照宮→大猷院→
神橋→鬼怒川温泉郷→龍王峡→(福島県田島)→源三窟


およそ250kmの旅です。


JR日光駅
ここはJR日光駅。
なかなか趣のある駅舎ですね。
1912年(大正元)に改築されたものみたいです。
96年前、およそ100年前の建物なんですね。
『関東の駅百選』に選ばれているそうです。

その歴史ある駅舎を持つ、日光駅も近代化が進み
今年の3月にSuica対応の自動改札機が導入されています。
時代の流れを感じます。

JR日光駅前
日光駅前です。
現在の時刻は午前6時半、人も車も誰もいません。
5時過ぎから電車は動いているんですけどね。

日光駅前の紅葉
これは「JR日光駅」まえの交差点で色づいていた木々です。

11月も下旬ですので、奥日光の紅葉はもはや期待できません。
日光もここら辺だとまだギリギリで色づいた木々を楽しむことが
出来そうです♪

『神橋』『日光東照宮』近辺の木々はどうなっているかな?
今から楽しみです。


さて、電車で日光に行かれたことがある方は
先ほどのJR日光駅は馴染みが薄いかもしれません。
ほとんどの方が「東武日光駅」を利用しているはずです。


東武日光駅はどんな駅?
ラベル:日光 紅葉
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

クリスマスツリー

ちょっと気が早い気がしますが、
東京タワーではすでにクリスマスツリー
飾られています!

クリスマスツリーin東京タワー

まだ11月ですからね…
気が早い気がしますが、
それでも沢山の人が
クリスマスツリーを見に来てました。

Welcomeロード

こんな感じのものまであったりして。
通路としての意味は全然無いのですが、
たくさんのカップルが通ってました。

クリスマスツリーin東京タワー

規模は大したことがありませんが、
まあまあ綺麗です。
タダですからねぇ〜。

綺麗なクリスマスツリーをご覧になりたい方は
ディズニーランドへ (^Q^)/~

増上寺の近くに東京プリンスホテルがあるんですが、
その駐車場から見る「東京タワー」もなかなかでした。

プリンスホテルから見た東京タワー
posted by pleasure1975 at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

青い東京タワー

だいぶブログの更新をさぼってしまいました…。
そして、いきなり飛騨高山の『高山陣屋』から
離れちゃいます (^_^ゞ

2008年11月14日。
今日は天気が良さそうだったので、
朝、家を出る時にカメラを持って出かけました。
そして、仕事帰りに東京タワーに寄ってみたら

なんと!!

青く輝く東京タワー

青く輝いていたのです。
ちょっと分かりづらいですか?

青く輝く東京タワー

青いでしょ?
通常、赤く輝いている時の東京タワーはこんな感じ。

東京タワー

だいぶ違うことがわかると思います。
しかし、なんで今日は青だったんでしょう?

なぜ東京タワーは青かったのか?
posted by pleasure1975 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

由比ケ浜

今回の鎌倉散策の最後を締めくくるのは『由比ケ浜』
さすがに10月ですからね。
海水浴を楽しんでいる方はおらず。(当たり前か (^-^; )

静かな砂浜だからこそ醸し出す情緒。

由比ケ浜

由比ケ浜

由比ケ浜

キラキラ輝いてますねぇ〜。
こんな秋晴れの空の海もいいでしょ?
夏は大渋滞が怖くて車ではこれないですからね…。

そんな中、ウインドサーフィンを楽しもうと沖に出る準備を
していました。

続きをみる
ラベル:由比ケ浜 鎌倉
posted by pleasure1975 at 01:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

長谷寺〜最終回

放浪紀、復活第一弾は『長谷寺』の最終回です。

いろいろ見どころがたくさんありましたね。
『長谷寺』

庭園
地蔵堂
観音堂(宝物館)
見晴台
経蔵
弁天窟

そして、ここ『長谷寺』では「写経」をすることができます。
「写経」とは、仏教で教典を書写することです。

写経会場

現代日本の各寺院での「写経」というと一般的には『般若心経』を書写することのようです。
はて?『般若心経』って一体??
う〜む、要約することができませんでした… (^-^;
くわしくはこちらを⇒『般若心経』(wiki)

ここ『長谷寺』で写経を行う場合は、
午前9時〜午後2時までに受付をしなければなりません。
費用は写経用紙の費用で一枚1000円なり。

こちらもくわしくはこちら⇒長谷寺・写経

最後はお土産屋さんです。
長谷寺にちなんで(?)『はせべい』なるせんべいのお土産がありました。
買いませんでしたが… (^-^ゞ

はせべい

気になる方はぜひ、長谷寺でお買い求めを!
posted by pleasure1975 at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

長谷寺〜弁天窟

今回も引き続き、鎌倉・長谷の「長谷寺」です。
『弁天窟』を中心にご案内していきます!

長谷寺〜弁天窟

『弁天窟』の入口です。
弁天堂の更に奥に、このような洞窟の口が開いています。
この洞窟はその昔、弘法大師が廻国修行の折に参籠したと言われています。

そして長谷寺の「弁財天像」は、弘法大師が『弁天窟』に参籠し感得して自ら刻まれた尊像といわれ、江戸時代には「出世弁財天」の名で世に知られていたそうです。
気になる弁天窟の内部は?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

長谷寺〜経蔵

相棒のMac Book Proの調子が良くなかったので、ここ2日間旅ネタから離れてしまいましたが、復活です!

今回も引き続き、鎌倉・長谷の「長谷寺」です。
『経蔵』『石造釈迦如来坐像并四天王像』を中心にをご案内していきたいと思います。
どうぞ、おつきあいくださいませ!!

長谷寺〜経蔵

これは長谷寺の『経蔵』の内部です。
何だか回転しそうなものがありますね。

そうなんです。
このように内部に回転式の書架を備える「経蔵」を『輪蔵(りんぞう)』と呼ぶそうです。
この回転する書架の中には一切経(大蔵経)が収められていて、この書架を一回転させることで一切経を全て読誦(どくじゅ)した高徳が得られると言われています。

※一切経(大蔵経)とは:簡単にいうとお経を集めたもの。
※読誦とは:〔「読」は経文を見て読むこと、「誦」は覚えておいて唱えること〕経などを声をあげて読むこと。読経。(by goo辞書)


しかし、残念ながらこの書架を回すことができる日が限られていて、毎月18日の観音御縁日しか回すことができないそうです。

長谷寺〜海光庵(お食事処)

この「経蔵」のとなりにはお食事処「海光庵」があります。
先日御案内した「見晴台」同様の素晴らしい景色を眺めながら食事することができます。
ここで昼食をとってみるのもよし、お茶にするのもよしです♪

四天王に守られし釈迦如来坐像
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

長谷寺〜見晴し台

引き続き、鎌倉長谷の『長谷寺』からおすすめスポットをお届けします!

今回は由比ケ浜を眼下に遠くは三浦半島、相模湾を一望することができる『長谷寺』の「見晴台」にご案内いたします。

訪れたこの日は快晴で絶景を見ることができました♪

長谷寺〜見晴台からみた由比ケ浜

よい景色でしょ?
若干、写真では表現できませんが、風が気持ちいいんです。

長谷寺〜見晴台

長谷寺〜見晴台

こ〜んな気持ちいい風景が広がってます!
「景観案内図」を見ながら眺めると「あれが三浦半島かぁ〜」とかわかりますよ!

長谷寺〜見晴台景観案内図


とこんな素晴らしい景色を眺めていて、ふと近くを見てみると普段あまり?絶対?見かけることの無い看板を発見しました (^0^)

どんな看板?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

長谷寺〜観音堂

『長谷寺』の本尊「十一面観音像」が安置されている観音堂です。

長谷寺〜観音堂

とても、立派な建物です。
こんな山の中腹にこんな大きな建物を。

まぁ、そんなことを言ったら世界にはたくさん、このような場所があるのですが (^-^;

長谷寺〜観音堂

この中には本尊である「十一面観音像」が祀られています。
しか〜し、『撮影禁止』でした… (T0T)
とても、残念です!とても素晴らしい「十一面観音像」でした!!

なんと高さが9m以上あって、国内でも最大級の木彫仏なんだそうです。

ぜひ、鎌倉に行かれる際には「長谷観音」を見に行ってくださいね。

この観音堂に隣接するのが「長谷寺宝物館」です。

宝物館はこっち!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

長谷寺〜地蔵堂

さて、これから数日間は『長谷寺』のことを書いていきます。

昨日の記事で書いた回遊式庭園から階段を上り、観音堂にいく手前に「地蔵堂」があります。ここには、子安・繁栄のご利益をお授けする 「福壽地蔵」が祀られています。

長谷寺〜地蔵堂


この地蔵堂のまわりには「千体地蔵尊」が所狭しと並んでいます。

長谷寺〜千体地蔵尊

長谷寺〜千体地蔵尊

圧巻です…というか圧倒されてしまいました。
すごい数です!!

長谷寺〜地蔵堂

長谷寺〜水掛け地蔵

すごいですよね。
ホントにビックリでした。

この他にもユニークなお地蔵さんがいましたよ。

ユニークなお地蔵さんはこちら!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

鎌倉〜長谷寺

鎌倉にこんなところがあったなんて!
なんて言う程、鎌倉に来てはいないんですが…。

でも、そう思う程に見どころ満載な『長谷寺』でした。

長谷寺〜山門

長谷寺よりも「長谷観音」という名称で親しまれているようです。
この山門にぶらさがっている大きな提灯にも「長谷観音」と書かれていました。
オススメした駐車場の名前も「長谷観音前第一駐車場」でしたね。

長谷寺〜山門


このお寺は「花の寺」と呼ぶに相応しいと感じるほどに手入れの行き届いた庭園が広がっていて、綺麗な花々が咲いていました。


長谷寺境内の庭園の様子はこちら!
ラベル:鎌倉 長谷寺
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

鎌倉〜光則寺

今回は鎌倉長谷の『光則寺』に行ってきました。
数ある鎌倉の「花の寺」のひとつだそうです。

光則寺

元々は北条時頼の家臣である宿屋光則の屋敷だったそうです。

春先は枝垂れ桜が綺麗なんだそうです。
樹齢200年とも言われる「海棠(かいどう)」をはじめとする古木、花々など綺麗に咲き誇る「花の寺」ということ。

光則寺

う〜む、自分が行った時期はあまり良い時期ではなかったのかもしれません。
「花の寺」という印象はあまりありませんでした…残念 (^-^;

約200種の山紫陽花が植えられているそうです。
開花時期は例年5月中旬から6月中旬ということですので、この時期に行かれてはいかがでしょうか?

この『光則寺』には他のお寺にはない珍しいものがあります。
それは「土牢」です。

土牢とは一体?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

鎌倉〜台湾リス

鎌倉に行かれた方は一度は遭遇するであろう、かわいい奴!
それは…

鎌倉の台湾リス

そう『リス』です。
正確には「台湾リス」というらしいのですが。

木の上で「カサカサッ」って物音がしたり、木の実や葉っぱが落ちてきたら、そこにはリスがいます。
このりす達、江ノ島の小さな動物園で飼育されていたらしいのですが、逃げ出し繁殖し、野生化したのが彼らなのです。
結構な勢いで繁殖したのでしょうか?至る所でリスを見かけます。

鎌倉の台湾リス

しかも、人に慣れていますねぇ。
完璧に目と目があっている状態でも、逃げずにムシャムシャと木の実にかぶりついていました (^-^;

このリス達は『高徳院』の鎌倉大仏の裏手の林の中で出会ったんですが、特にここのリスは人に慣れているかもしれません。

鎌倉の台湾リス

それにしても、かわいいですよね。

観光客からすると非日常的な光景なので、「かわいい」という感想だけで済んでしまいますが、地域住民の方々にはいろいろと問題があるようです。

良い共存の道が見つかるといいですね。
(人ごとですみません (^_^; )
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

鎌倉〜鎌倉大仏

まずは手水舎で手を清めましょう。

高徳院の手水舎

高徳院の手水舎

手水の作法は覚えていますか?
柄杓(ひしゃく)で1回水をすくい、左手、右手とすすいだ後に手に水をためて口をすすぎ、改めて左手をすすいだら、残った水で柄杓(ひしゃく)をすすぎます。
これが一般的な手水の作法です。

『武田神社』を紹介したときにも説明しましたよね。

まぁ、あくまでも一般的な作法ということで!

手水舎の向こう側にはいました『鎌倉大仏』が!

鎌倉大仏

国宝『鎌倉大仏』です。
さて、この『鎌倉大仏』『奈良の大仏』、どちらが大きいと思いますか??

奈良の大仏とどちらが大きい?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

鎌倉〜高徳院

鎌倉に到着しました。
朝早かったので、道は比較的空いてましたね♪
山下公園を出発したのが午前6時30分、鎌倉駅前を通過したのは午前7時20分頃ですから、朝早ければ横浜から鎌倉までは50分程度で行くことができます。
(下道ですよぉ〜、一般的に横浜から鎌倉にむかうのは鎌倉街道(県道21号)だと思いますが。)

今回の鎌倉散策の旅は

『高徳院』
『光則寺』
『長谷寺』
『由比ケ浜』


で、江ノ電の「長谷駅」周辺の観光スポットです。

車で行かれる方は、今回自分が利用した『長谷観音前第一駐車場』がオススメです。
江ノ電「長谷駅」から数十メートルという立地にもかかわらず、30分で250円の安さでした!(2008年10月現在)

他の駐車場は30分で400円が相場のようですから、安上がりですよ。
鎌倉大仏の高徳院まで約400m(徒歩約7分)、『長谷寺』までは約210m(徒歩約4分)。
観光スポットへのアクセスにも不自由しません。

まずはこの時間(午前7時30分)でも観覧することができる『高徳院』にむかいましょう!

大仏前交差点

高徳院前の『大仏前交差点』です。
鎌倉駅からバスを利用して来る場合は、この停留所で降ります。

高徳院の入口

バス停のすぐ先には『高徳院』の入口があります。
以外と質素というか飾り気の無い入口ですよね?

以前、ここを訪れたのは小学校低学年の頃ですから、その当時のことは全く覚えていません…。さて、この先はどんな感じなのでしょうか?

高徳院はどんな場所?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

氷川丸

今回は、『氷川丸』です。
山下公園と聞いて、一番最初に思い浮かべるものはこの『氷川丸』ではないでしょうか?

氷川丸

現在はその役目を終えて、山下公園前の横浜港に係留中しています。
『山下公園』の記事でも書きましたが、とてもゆっくりした時間が流れています。
朝の山下公園と氷川丸は。

氷川丸

この『氷川丸』、船のサイズ的には中級サイズでそれほど特徴のある船体ではなかったのですが、なぜこれほどまで知名度が高く、未だに横浜港に係留中なのでしょうか?

建造された昭和5年当時においては、最新鋭大型ディーゼル機関を搭載し、水密区画配置など先進の安全性を誇っていたようですが、唯一無二の存在ではなかったはずです。

『氷川丸』の人気はどこに?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

山下公園

久しぶりに『山下公園』にやってきました。
2003年以来なので、5年ぶりです。

山下公園から見るマリンタワー

山下公園からは現在、営業停止中でリニューアル工事が進んでいる「横浜マリンタワー」を見ることができます。2006年に閉館したので、前回ここに訪れたときには営業してましたね。入館することはありませんでしたが…あまり魅力を感じることができなくて (^-^;

平成21年春にリニューアルオープンということなので、来年の春にはリニューアルした姿を見ることができるかもしれませんね!

山下公園

早朝の『山下公園』は散歩やジョギングをする人たちが多く、さわやかな風が流れている感じでとても良いです。夜の『山下公園』よりこっちの『山下公園』の方が好きかな。

また、丁度よい時期だったのか?
山下公園のバラも綺麗でした。
バラは横浜市の花に制定されているらしいですよ!

美しいバラはこちら!
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

赤レンガ倉庫とMINI

早朝で人も少なかったので、『赤レンガ倉庫』を背景に相棒MINIの写真を撮ってきました!

赤レンガ倉庫とMINI

ここは、昼間の時間帯だとバスやタクシーの発着所ですからね。
とてもこんな感じで車を停めて記念撮影なんてしている余裕なんてありません。
早朝ならではのショットです。

赤レンガ倉庫とMINI

もう少し近くで。

赤レンガ倉庫とMINI


とまぁ、こんな感じで相棒のMINIも撮影できて満足♪
おまけ?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

赤レンガ倉庫の今!

今は横浜の人気観光スポットとして有名な『赤レンガ倉庫』ですが、1989年(平成元)に倉庫としての役割を終えると落書きなどがされた状態で放置プレーされていたそうです。

しかし、1992年の横浜みなとみらい21による整備に伴い進んだ再開発計画で、赤レンガ倉庫は横浜市が国から取得し、5年もかけて修復工事を行った結果、現在のような観光施設に生まれ変わったのです。

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

そして2002年(平成14)には、赤レンガ倉庫を中心に「展示スペース」「ホール」「広場」「店舗」からなる商業施設『赤レンガパーク』としてオープンしました。

自分が初めて『赤レンガ倉庫』に行ったのは、2000年頃なのですでに綺麗な観光施設として生まれ変わっていましたが、昔は落書きだらけの廃墟と化した『赤レンガ倉庫』が存在したんですねぇ。今の『赤レンガ倉庫』からは想像できません。

くわしい『赤レンガ倉庫』の歴史はこちら

そんな『赤レンガ倉庫』の写真を撮ってきましたのでご紹介します。

赤レンガ倉庫 Gallery
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。