MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2009年03月10日

福島はすでに雪…

久しぶりに東北地方の記事を書きます。
前回の『八郎潟でバス釣り』っていう記事が2008年2月4日なので、
1年1か月ぶりに東北地方の記事です。

それなのに…

福島は雪

福島県はすでに雪でした…。
鬼怒川温泉を抜け、川治温泉あたりまでは秋晴れの快晴だったのに、
山を越えて福島県に入るといきなり雪に・・・

相棒はノーマルタイヤ・・・

しかも外の気温は?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

八郎潟でバス釣り

武田信玄ゆかりの地巡りの記事が完了して、

更新頻度が著しく低下してしまいましたが、

まだまだ紹介したい日本の景勝が沢山ありますので、

どんどん更新していきたいと思います!


今回は秋田県の『八郎潟』です。


1年半前くらいに昔の相棒「ロードスター」と共に日帰りで

訪れたことがあったバス釣りで有名なポイントです。

前回は1時間で3匹くらい釣ることができたのですが、

今回は悪天候ということもあって屈辱の『坊主』でした…。


八郎潟
↑八郎潟

こんな感じでどんよりとした曇り空…強風…低気温…

釣りの環境としては「曇り空」「風がある」という点は好環境なんですが…。

気温が本当に低かったですね。。。それが一番の敗因かと (^0^;

寒かったし、夜には栃木県でフットサルの練習があったので

早々に諦めて撤収することに!


さて、日本海沿いを国道7号でひたすら南下して山形県酒田市周辺で

月山経由で山形市街にむかう国道112号にスイッチ。

国道112号
山形まで78km
↑山形まで78km…目的地の栃木県までは…。

しばらく走ると見えるのが『月山あさひ博物館』です。

月山あさひ博物館
↑月山あさひ博物館

時間的な関係で博物館に入ることはなく、トイレ休憩とお土産購入だけで

通り過ぎてしまいましたが、次回訪れることがあれば寄りたいと思います。

そんな博物館の駐車場にこんな看板がありました。

六十里越街道の看板
↑六十里越街道

この『六十里越街道』とは?

出羽三山詣の道、江戸時代には参勤交代路として活躍していた街道です。

今度トレッキングで訪れたい場所です。


次回は、長野県は松本市の『松本城』からスタートして

高山、五家荘、東尋坊、兼六園を観光した放浪紀を

シリーズものでご紹介します!!

ご期待ください。
posted by pleasure1975 at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

十和田湖

土日月と更新することができませんでした。
せっかく今月はいいペースで更新することができていたんですが…。

実はMovable Typeでブログを構築していました。
そちらに集中してしまって (^0^;
そのMovable Typeで構築したブログは以下のURLからご覧いただけます!

FC CARESS Blog!
http://caress-web.com/blog/

Movable Typeでのブログ構築については別途でご紹介させていただきます!


さて、今回は前回の『浄土ヶ浜』から更に北上!
岩手県を縦断して秋田県と青森県の境にある『十和田湖』です!!

国道4号の桜(ゴールデンウィーク)
↑国道4号線沿いの桜並木

この写真は2006年5月5日の午後4時ころに撮影した写真です。
東北地方の桜はゴールデンウィークあたりがピークなんですかね?
まだ満開の一歩手前のようでした。

十和田湖付近の雪山

この写真は同じく2006年5月5日に撮った写真です。
時刻は17時10分ですから、桜を見たところから1時間程度走ったところにはこんな雪景色が残っているんです…寒かったぁ〜。

十和田湖001
↑十和田湖(展望台から臨む)

途中、道に迷い、「熊注意」の看板にビビリながらやっとの思いで着いた『十和田湖』です!!
天気が悪いのが微妙ですが、『十和田湖』は生まれて初めてだったので、感動しました。

十和田湖002

十和田湖003

十和田湖畔から見た『十和田湖』です。

天気が悪い上に風がこの上なく強く、寒いし波が荒い (^_^;
とてものんびり観光って感じではなかったので、売店できりたんぽを購入して食して『十和田湖』をあとにしました。

十和田湖の乙女の像
↑「十和田湖」の乙女の像


さて、ここまで北上したらやはり次に目指すポイントはバス釣りで有名な『八郎潟』です!とりあえず、八郎潟の近くの町「能代」を目指してGO!!

しかし、途中の山道では霧が立ち込め、日が落ちて視界が悪い状態での運転にとても疲れてしまいました…。

五里霧中


つぎは早朝の『八郎潟』を紹介します!



【地図】十和田湖の場所は??
posted by pleasure1975 at 02:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

浄土ヶ浜

岩手県は宮古市の『浄土ヶ浜』です。

昨年の5月3日に書いた記事…「浄土ヶ浜(剛台展望台)」の続きです。
えらい昔の記事の続きで申し訳ありません m(_ _)m

『武田信玄ゆかりの地』ツアーが始まってしまったものですから (^0^;
流行ものでしたしね。

さて本題の『浄土ヶ浜』です。
その5月3日の記事に書いた通り、駐車場から結構な高低差の坂をおりたところに日本庭園のような美しい海岸が姿を現します。

浄土ヶ浜1
↑浄土ヶ浜

火山岩で形成された岩塊が浄土ヶ浜を外海から隔て、入り江となっているため波が穏やかで、海底が白い小石で形成されているため、波に砂が混じらないのでとてもクリアな水質なんです。
海底が小石で形成されているので、裸足で歩くのはなかなか厳しそうですが、波がなく水が綺麗なので、絶好の海水浴場になっているようです。

浄土ヶ浜2

浄土ヶ浜3


GWでまだ水温が低く海水浴シーズンではありませんが、沢山の人が絶景を眺めに訪れてました。
そんな『浄土ヶ浜』は、「日本の水浴場88選」に選定されているほか、かおり風景100選日本の渚百選日本の白砂青松100選にも指定されているそうです。

さて、次回はこの『浄土ヶ浜』からさらに北上を続け、次なる目的地の『十和田湖』についてです。お楽しみに♪



【地図】浄土ヶ浜の場所は??
posted by pleasure1975 at 01:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

浄土が浜(剛台展望台)

さてさて、また昨年のGWで行った東北巡りの放浪紀の続きを!

今回は岩手県は宮古市の海岸線に広がる陸中海岸国立公園内の
『浄土が浜』にスポットをあてたいと思います。
海岸線を走る国道45号線から脇道にそれて少し走ったところに
あります。

観光地だけあって、第一・第二・第三駐車場まであって、
合計で350台以上の車を停めることができます。
しかし、環境保全なのか?
各駐車場から本当の観光スポットである『浄土が浜』までは
結構歩く必要があります。
しかも、結構な坂道を下りて、帰りは上がってこなければならない
ので、歩き易い服装、靴で行かれることをオススメします!!

ゴールデンウィーク中ともあって、なかなかの人出があり、
第三駐車場まで満車に近い状況…。
今回は第三駐車場に駐車して『浄土が浜』の海岸線まで歩くことに。
その途中に『剛台展望台』があり"蛸の浜(たこのはま)"や"姉ヶ崎"を
見下ろすことができます。

こんな感じです。

蛸の浜(剛台展望台)

とても綺麗で気持ちのいい景色です♪
ぜひぜひ、ご自分の目でお確かめください!!

姉ヶ崎(剛台展望台)

この剛台展望台の他にも「御台場展望台」「舘ヶ崎展望台」があり
それぞれ絶好のビューポイントになっているようです。

詳しくは宮古市のホームページをご覧下さい!!

次回は『浄土が浜』の写真と感想を公開したいと思いますので、
お楽しみに♪
posted by pleasure1975 at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

巨釜(おがま)

一昨日の記事に載せた桜の写真は、
宮城県気仙沼市の景勝地の『巨釜半造』近くで
撮ったものです。

今回はその景勝地『巨釜半造』の紹介をします!
これ『巨釜』は「おがま」って読みます。
ま、どうでもいいことなんですが (^0^;

読み方は別として、あの断崖絶壁はなかなか見どころがある
ところですよ。
巨釜(おがま)001
この巨釜(おがま)は、大理石の浸食によって円状になった地形に
波が押し寄せ、内部を渦巻く様子が、あたかも巨大な釜が湯を
煮立たせているように見えることから『巨釜』と名付けられた
ようです。

『巨釜半造』の残りの「半造」は読んで字の如く、
”半分造られた”釜という意味で、三日月状になっており、規模は
この半造の方が大きいようです。
半造

波の渦巻く様子は荒々しく、ものすごいエネルギーを感じました。
あの波に飲まれたら確実に溺れるなぁ…なんて (^-^ゞ
まぁ、気仙沼付近に行くことがあったら是非足を運んでみてください。


posted by pleasure1975 at 23:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

東北地方はGWが桜の季節?

さてさて相棒のMINIとの旅の続きを!
あぶくま洞の神秘的な美しさを体験したあと、
さらに北を目指すべく北上し、杜の都・仙台に到着したのは
午後9時頃。
仙台といえば?牛タン!!
仙台に住んでいた友人に聞いた牛タンの美味しい店は人気で
列を作って並んでました。。。
本日の宿がある松島まで向かわなければならなかったので、
とりあえず美味しいと言われたお店はあきらめて、
「利休」という若干チェーン店っぽいお店で食しました。
まあまあ美味しかったですよ!

と言うわけで仙台の町並みを探索しながら牛タンを食べ、
本日の宿がある松島へ。
松島は以前、大学の友人と来たことがあるので、特に
観光することなく、出発!!

でも、松島でオススメなのは、やはり日本三景に数えられる
260余島が浮かぶ松島湾の絶景ですが、
『瑞巌寺(ずいがんじ)』の杉林に囲まれた苔むした洞窟と石像です。
何かとても神秘的な雰囲気をかもし出しています。

そんな松島から更に更に北上して、気仙沼へ!
気仙沼と言えば?そうフカヒレ!
残念ながら美味しそうにフカヒレを食べさせてくれそうな店が
見つからなかったので、気仙沼の漁港で海鮮丼を食べました!

でも、やはりフカヒレが食べたかったなぁ。
ということで、フカヒレスープをお土産として購入 (^0^;
そして、意外と美味しかったものを紹介します。
フカヒレの繊維が混ぜられている饅頭です。
是非、気仙沼に行った際にはお試しあれ!

さてさて、ここからが本題…遅いって?まあまあ。
気仙沼から10kmほど走ったところにある「巨釜・半蔵」に
立ち寄ったときに発見した綺麗な桜です!!

本当に満開って感じでとても綺麗でした♪
東北地方はGWでも十分お花見することが出来るんですね。


満開の桜!
posted by pleasure1975 at 02:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ちょっと寄り道

桜の名所「戸中峠」を越えて、栃木県から福島県へ突入した
俺とCooperSは棚倉町で国道118号線に合流する。
しばらく、国道118号を北上して石川町という町で国道118号と決別し
県道40号で東に走り、国道349号を目指す。

県道40号に入ったあたりから
「あぶくま洞まであと何キロ」って道標が目に付くようになる。
「あぶくま洞」といえば結構有名な『鍾乳洞』ではないか!
行ったことのないところには行ってみよう!!
迷わず「あぶくま洞」に向かった。

GWということもあり、観光客で大にぎわい。。。
通常20〜30分で見学できるコースなのに、1時間もかかって
しまいました。
それでも、あぶくま洞の中は綺麗にライトアップされていて
とても綺麗なところでした。一見の価値はあると思いますよ。

写真を撮ったのに、データが見つからず…。
お見せ出来ないのが残念ですが、見つかり次第ご紹介いたします。


posted by pleasure1975 at 03:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。