MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2011年05月26日

関西最大のスキー場

嵐山から西へひた走り!

国道9号を西へ西へ突き進んでいると、
兵庫県と鳥取県の県境付近で
急にスキー場の看板が多くなりました。

「おっ!関西にもスキー場はあるのか?」

あまり関西地方で「スキー場」というイメージが
なかったので、ちょっとビックリしました。

自分が目にした看板だけで

・ハチ高原スキー場
・ハチ北スキー場
・スカイバレイスキー場
・氷ノ山国際スキー場


の4スキー場。

しかも、集中してその一帯だけに。


関西方面でも、普通にスキーを楽しむことができるんですね。
長野の白馬あたりに行くと、関西弁の方が多いので、
関西の方は長野まで来ないとスキー出来ないんだなぁって
勝手に勘違いしていました。

すみません m(_ _)m

関西最大のスキー場はどこ?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

やはり人気の嵐山

伏見桃山城を後にして、本来の目的地『二条城』へ!
そして『二条城』に到着したのは午後4時30分…

な、なんと!既に閉場してしまってました… orz

開場時間は午前8時45分〜午後4時まで(は、早いっ!)
閉場時刻は午後5時とのこと。

事前に調べておけばよかったけれど、
この情報を知っていたら、
『伏見桃山城』に寄ることはできなかったかも。

というわけで、またの機会に (^0^)/~
今度ゆっくり訪れたいと思います。


んじゃ、いっちょ『嵐山』でも行ってみるか!?
ってことで、『嵐山』

嵐山
▲嵐山・渡月橋 (photo by Wiki)

しか〜し、人・人・人って感じで人だらけ!
しかも、カップル率高っ!
そして駐車場はどこも満車状態…。

嵐山
▲こんな感じで人・人・人 (photo bt Wiki)

「う〜んどうしようかなぁ」って思いながら駐車場を探していると、
パラパラと雨が降ってきました…あんなに天気良かったのに。

「駐車場も無いし、人も多いし、雨も降ってきたし…諦めよう!」

ということで、ここで初日の観光が終了です!

やめておいて正解でした。
そのあと10分もしないうちに、バケツの水をひっくり返したような
集中豪雨…京都の天気は変わりやすい?それともたまたま?

京都〜松江 315km!!

そして、ふたたび長距離ドライブ第2ラウンドがスタートです。
明日の朝までに島根県の県庁所在地『松江』に向かいます!!
「嵐山」から「松江」までは、およそ315km。(MAPファンのルート検索)
もちろんオール下道です。
果たして何時間かかるのか?

次の記事:関西最大のスキー場

NEXT STORY

関西最大のスキー場
関西にもスキー場って結構あるんですね〜!
ぜんぜん知りませんでした… (^-^;
関西最大のスキー場ってどこなんでしょ〜?

「山陰・山陽道放浪紀」の目次に戻る



にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
放浪の旅ブログの人気ランキングはこちら
実はこのブログも参加してま〜す (^-^;
今日は順位は何位かな? MINIブログもね⇒

posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

伏見桃山城

宇治上神社から京都市内の『二条城』を目指して、
京都市内の国道24号を北上していると、
東の方角の小高い山の上に天守閣が見えるではないですか!

「ん?何だ??あの城は!?」

夕方の西日を浴びて、輝いて見えたのです。

これはチョット寄ってみるしかありません!
「あの城は何だったのか?」
そんなモヤモヤを抱えたまま、
旅を続けることができません…チョットおおげさですね (^-^;

これも放浪の旅のいいところ♪
軽快に相棒を右折させ、山の上の謎の天守閣に迫りました!
山を登っていくと…
『伏見桃山城運動公園』の駐車場ゲートにたどり着きました。

「ん?運動公園?いいのかな??」

と思いながら、ゲートをくぐり駐車場に入ると
左手に立派な門と天守閣が姿を現しました。

伏見桃山城
▲伏見桃山城

しかし、何だか様子がおかしいのです。。。
こんな立派な天守閣があるにもかかわらず、
観光地的な要素が一切無いのです (?_?)

一体なぜ??
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

宇治上神社の本殿

前回の記事では、鎌倉時代初頭創建の「拝殿」をご案内しましたが、
今回はさらに昔、平安時代後期創建の『本殿』へご案内します。

凄くないですか?平安時代ですよぉ!

本殿〜宇治上神社
▲宇治上神社の本殿

実はこの建物の中にも建物が建っているのです。

建物の中に建物?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

宇治上神社の拝殿

今回は世界遺産『宇治上神社』の境内に入って
一番最初に目に飛び込んでくる建物
『拝殿(はいでん)』をご紹介します!

〜宇治上神社
▲宇治上神社の『拝殿』

この『拝殿』は鎌倉時代初頭に建てられたものです。
国宝に指定されています!

この建物には「おぉ〜っ!!」と思える特徴があります。
※あくまで個人的な感想です (^-^ヾ

はたして『拝殿』の特徴とは?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

宇治上神社

下社(若宮)の宇治神社から参道を通り、
世界遺産に登録されている『宇治上神社』へ。

参道(早蕨の道)〜宇治上神社
▲宇治上神社の参道(早蕨の道)

前の記事でご案内した「宇治神社」の境内は
宇治上神社の参道に隣接しているので、
「宇治神社」経由で『宇治上神社』へ向かえます!

しばらく歩くと赤い大きな鳥居が見えてきます!

『宇治上神社』はこちら!
posted by pleasure1975 at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

宇治神社

平等院から「橘橋」「朝霧橋」で宇治川を渡ると現れるのが
『宇治神社』の鳥居です。

今回はその『宇治神社』へご案内します。
この記事で当ブログも550記事目!!
そんなプチメモリアルな記事の『宇治神社』はどんなところなのか?

宇治神社
▲宇治神社

世界遺産に登録されている上社の『宇治上神社』と比べると
若干地味な感じがしますが、
本殿は三間社流造り桧皮葺きの社殿で、鎌倉時代初期の建築。
国の重要文化財に指定されているんです。

また、この神社の手水舎はあまり他の神社では
見られない動物の口から水が出ています!

〜宇治神社
▲宇治神社の手水舎

他の神社では見られない動物とは?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

宇治川

「平等院」と「宇治上神社」、2つの世界遺産の間を流れる川
『宇治川』へご案内します!

宇治橋〜宇治川周辺散策
▲宇治川にかかる橋「宇治橋」

橋の近くに立てられている案内板によると
『日本最古級の橋』
だそうです。

案内板に書かれている内容を紹介しましょう!
1300年以上もむかし、大化2年(646年)に初めて架けられたと伝えられる。わが国最古級の橋です。
その長い歴史の中で、洪水や地震などの被害はもちろん、戦乱に巻き込まれたことも数えきれません。
しかし、橋はそのつど架けなおされてきました。ここ宇治が、交通上重要な場所であり続けたことのあらわれでしょう。
またこの橋は、古今和歌集や源氏物語をはじめとする文学作品、絵画や工芸品といった美術作品に描かれるなど、古くから景勝の地・宇治の象徴として親しまれてきました。
現在の橋は、長さ155.4m、幅25m、平成8年2月に架け替えられたもので、木製の高欄に擬宝珠があしらわれるなど、この橋の豊かな歴史と文化にふさわしいデザインがほどこされました。これからも宇治の名所のひとつとして優雅な姿を川面にうつしていくことでしょう。
橋なかほどに張り出した「三の間」は、豊臣秀吉が茶の湯の水を汲ませた場所と伝えられ、毎年10月に行われている宇治茶まつりでは今もここから水が汲まれます。
この広場には、昭和の宇治橋の「三の間」を利用してテラスを設けました。川と橋、そして周囲の山々が織りなす宇治の光風を、心ゆくまでお楽しみください。

なるほど、何度も架け替えられているのですな!
「日本最古級の橋」って橋の歴史がってことなんですねぇ〜。

でも、今もむかしもこの橋が「交通上重要な場所」というのは確かですね。
この日も、この橋の上はたくさんの車が走り渡っていました!

宇治川河畔の様子はこちら!
posted by pleasure1975 at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

平等院参道

本来はこちらの「表門」から入場する感じになるのでしょうね。

平等院の表門
▲平等院の表門

近代的で歴史を微塵も感じなかった「南門」とは対照的に
「表門」は朱塗りの門で何となく歴史を感じる入口になっています。

どこの観光地に行ってもお土産を求める観光客で
活気にあふれる「参道」へご案内します。


「平等院」の参道はこちら!
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

鳳翔館

平等院の境内にある博物館『鳳翔館』へご案内します。

鳳翔館

とても近代的な建物で、文化遺産として世界遺産に
登録された『平等院鳳凰堂』とはマッチングしません (^-^;
しかし、地下に建物を埋め、地上階の高さを抑えるなど、
なるべく景観を損なわないような配慮をしています。

また、『鳳翔館』を設計した「建築家・栗生明(くりゅうあきら)」は
この作品で「日本芸術院賞」を受賞しているそうですよ。


建物も素晴らしいのですが、中に展示されているものも
素晴らしいのです!

中で展示されているものって一体?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

平等院内の雰囲気

最後に平等院の雰囲気を鳳凰堂のまわりの写真を中心に
ご紹介したいと思います。

平等院の雰囲気

平等院の境内の中は、
緑が豊かで気持ちいい空間が広がっています。

平等院の雰囲気

デートにも最適ですよ!

平等院の雰囲気

チョット歩き疲れたら、こんな素敵な休憩スペースも!
この休憩スペースからは下の写真のように「鳳凰堂」を
眺めることができます♪

平等院鳳凰堂


このように「平等院」の境内からは様々な角度で
『鳳凰堂』を眺めることができるんです。

いろいろな角度から見た『鳳凰堂』はこちら!
posted by pleasure1975 at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

平等院の国宝

むかし、むかし…といってもそれほど昔ではないのですが、
以前の「60円切手」に平等院の「あるもの」がモチーフとして
デザインされていました。

昭和生まれの方は見たことが多いのではないでしょうか?
平成14年まで販売されていたようなので、平成生まれでも
見たことがあるかも・・・?

ヒントは平等院にある『国宝』です。
国宝は下の7つ。

・鳳凰堂(中堂・両翼廊・尾廊)4棟
・阿弥陀如来坐像
・木造雲中供養菩薩像 52躯
・木造天蓋
・鳳凰1対
・梵鐘
・壁扉画14面


さて、「60円切手」のデザインに使われていたのは?

どの『国宝』?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

平等院の鳳凰像

平等院鳳凰堂の鳳凰像

中堂の屋根で対をなす『鳳凰像』です。
しかし、これは残念ながらレプリカです。
本物は『鳳翔館』で大切に保管されています。

この「鳳凰像」、日頃の生活の中で目にする機会がありますよね?


日頃、目にする機会とは?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂

『鳳凰堂(ほうおうどう)』

浄土式庭園の阿字池の中島に建っているこの鳳凰堂は
天喜元年(1053年)の建立というから、
今から957年も前に建てられたものなんですよ〜。

今でも残っているなんて、すごいですよね!

平等院鳳凰堂

『鳳凰堂』は、本尊である阿弥陀如来像が安置されている中堂
その左右に連結している「翼廊」と中堂の南側連結している「尾廊」とで
構成されています。


平等院鳳凰堂に行かれたら是非、体験というか参加していただきたいことがあります。


平等院に行ったら参加してほしいこと?
posted by pleasure1975 at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

浄土院と最勝院

近代的な南門ゲートを抜けるといよいよそれっぽい感じの門が現れます。

平等院

そして、この門をくぐると
そこには平等院鳳凰堂の・・・

後ろ姿が・・・

平等院鳳凰堂の後ろ側
▲平等院鳳凰堂の後ろ姿

これはいつも10円玉を見て慣れ親しんだ
「平等院鳳凰堂」
の姿ではありませんね (^-^;

正面にまわる前に目に入ってきた2つの建物をご紹介します。

ここ「平等院」異なる2つの宗派で共同管理されているって
ご存知でしたか??

異なる2つの宗派とは?
posted by pleasure1975 at 02:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

平等院南門

相棒は平等院南門と道路を挟んで正面の
「宇治駐車場」
に駐車しました。

結構な台数を停めることができそうな大きな駐車場ですが、
ピーク時はなかなかクルマを駐車することができないかもですね。
なるべく早く「平等院」入りを考えた方がいいかもしれません。

駐車料金は1日1回で700円なり!
営業時間は8:00〜18:00
※冬期(12/1〜2月末日)は8:30〜17:30なのでお気をつけください。

さて、早速駐車場から近い入り口の「南門」へ向かいます。
その「南門」がなかなか (^-^;

「南門」がどうした?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

平等院鳳凰堂へ!

さぁ、次の目的地
『平等院鳳凰堂』
へ向かいます!!

伊賀上野から宇治へ!
▲伊賀上野から平等院までの最短ルート

上の地図は、「伊賀上野」から「平等院」までの最短ルートです。
国道163号から府道62号を経由して、京都府は宇治市を目指します!!

この最短ルートでも、46km近くあるのです。
近いようで結構ありますね。

そして、「平等院」に向かう途中で『おぉ〜、宇治だからねぇ!』
って光景や「一気にこんなところまで!」という風景の写真を
撮ってきたのでご紹介します。

宇治と言えば?
posted by pleasure1975 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

ギロチン工場

今年のGWに放浪した4泊5日の旅、いよいよフィナーレです。

5月8日から書き始めて、今が10月9日ですから約5ヵ月間かけて書き綴った放浪紀。
こんなに長く書き続けるお馬鹿さんはいるのでしょうか?

春の出来事を秋になっても語っているんですから… (^-^;
まぁ、それだけ内容の濃かった放浪の旅だったんですよ。きっと…。。。

そして、その最後を締めくくる記事のタイトルが

『ギロチン工場』

…う〜む我ながらセンスのない締め方ですな (^o^ゞ

でも、国道を東へひた走っていてこんな工場があったら…

見ますよね?

気になりますよね?

ギロチン工場〜鬼頭商店

ドオォ〜ン!!『ギロチン工場 鬼頭商店』

若干、ゆる〜い渋滞だったので、少し眠たかったんですが、一気に目が覚めて一眼レフを取り出して写真を撮ってました (^-^;

コンパクトじゃなく一眼レフを運転しながらですよ。
まぁ、渋滞なのか信号待ちかで丁度目の前で止まれたので撮ることができたんですが♪

最近では「ギロチン」って言葉自体あまり耳にしないのに。
いきなり目の前に『ギロチン工場』ですからねぇ。
実際、本当にギロチンを造っているのか?気になりますよね??


そんなことを考える人はたくさ〜んいました (^-^;
Googleで検索してみたら、この『ギロチン工場』について書かれたブログ記事がたくさんヒットしました。
それらの記事を参考に想像してみると…


『ギロチン工場』でギロチンは造られているのか?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

奈良土産に「ぷるるん」

奈良公園での観光を終えて、相棒の待つ駐車場へ!

その途中、奈良の町を人力車が走ってました。

奈良の町を駆ける人力車

いろいろな観光地に人力車で観光地を案内するサービスがありますが、奈良の町を駆ける人力車の姿は何とも趣のある姿に見えました。
こんな気持ちになったのは、飛騨高山の町を人力車が走っていたのを見たときですかね。

なかなか自分が人力車に乗る勇気は持てませんが (^-^;


そして、相棒の待つ駐車場の近くにこんなカフェ?レストラン?があったので、チョット寄ってみました。

吉野本葛の老舗・天極堂

ここは創業140余年の葛の老舗、『天極堂』でした。あまり歴史を感じることができない店構えですが… (^-^;

お昼時だったので、たくさんのお客さんでにぎわってました。
待ちのお客さんが何組もいました。

このお店は「葛専門店」で葛料理や葛菓子が楽しめるそうです。
くわしくは⇒吉野本葛「天極堂」

食事をするのは難しそうだったので、葛菓子のお土産を買うことにしました。
その名も『ぷるるん』
実態と食した感想は…

『ぷるるん』のお味は?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

東大寺〜南大門

今回ご紹介するのは、東大寺の正門、金剛力士像(仁王像)でも有名な『南大門』です。
幅約29m、高さ約25mもあり、一般的な建築物であれば8階建てに相当します。
大きいですよねぇ。さすがは日本一の大きさを誇る『南大門』です。

東大寺〜南大門

1199年の鎌倉時代に復興されたものというから、
今から809年も前から存在しているんですね。

もちろん、『南大門』は国宝です。

この『南大門』は中国から伝えられた建築様式「大仏様(天竺様)」を採用した建築としても有名です。
これ以上、南大門についての説明は不要ですよね。


世界遺産・東大寺

東大寺の入口付近に「世界遺産」であることを伝える石碑があります。
1998年に『古都奈良の文化財』として「世界遺産」に登録されました!

『古都奈良の文化財』とは?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。