MINIでいくMINIなオトコの放浪紀
Comming Soon!! ただいま準備中...
「ROUTE INDEX」
Comming Soon!! ただいま準備中...
「BLOG SKIN GALLERY」
「MINIなオトコの趣味の部屋」

2012年05月27日

小倉城天守からの眺め

前回の記事では、小倉城の外観、特に『破風(はふ)』をクローズアップして、
小倉城が復興天守であることを説明しました。

今回は、『小倉城』の内部をご紹介します。

迎え虎〜小倉城
▲迎え虎

まず、最初に出迎えてくれるのは、
高さ4.7m、幅2.9mという大きさで描かれた『迎え虎』
この「迎え虎」、何やらトリックアート的な特徴を持った絵なのです。

さて、その特徴とは一体何でしょう?
(何だか世界不思議発見みたいですね (^-^;)

《続きはこちら⇒》『迎え虎』にはどんな特徴があるの?
posted by pleasure1975 at 02:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

小倉城

いよいよ小倉城の復興天守に迫ります!

小倉城

野面積みの石垣の天守台に、唐造の天守が再建されています。
そう、この天守は1959年に小倉市民の強い要望によって
再建されたRC造の復興天守なのであります。

小倉城

1602年、関ヶ原の戦いの功績で小倉に入国した
細川忠興が築城した「唐造り」の天守を再現しているのですが、
再現する際に残念なことをしてしまうのです。

これはあくまで私見ですが、
この余計なことが「日本百名城」に選出されなかった原因なのではないかと思うのです。
その余計なこととは、一体何のことだと思いますか?

《続きはこちら⇒》復興時にやってしまった余計なこととは?
posted by pleasure1975 at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

小倉城ネコ

2012年のGWも終わってしまいましたね。
今年のGWは天候不順であまり良い天気ではありませんでした。
MINIなオトコは、前半に昨年6月に世界遺産に登録された『平泉』を
旅しただけで終わってしまいました。
皆さんはどのようなGWを過ごされましたでしょうか?

さて、もう2012年のGWが終わってしまったというのに
いまだに2010年のGWのことを書いている当ブログ (^-^;
少しずつでも前に進んでいかなくては。
ウォーミングアップの今回の記事は久しぶりの「ご当地ネコ」です!

本州と九州をつなぐ関門海峡トンネルをくぐり、
九州初上陸を果たし、一番最初に向かったのは『小倉城』

小倉城
▲小倉城

小倉城に向かう前にかわいい奴に出会うのでした!

小倉城ネコ

かわいい奴の写真はこちら!
posted by pleasure1975 at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

九州初上陸!

神秘の青色の池『別府弁天池』からひた走り、
「下関のふぐ」にも目もくれず、目指すは九州!!

今回は、関門海峡を「関門橋」ではなく、
『関門トンネル』をくぐって九州初上陸を目指します。
ところが『関門トンネル』の入口が大渋滞…。
40分くらい渋滞の列に並び、トンネル通過は5分くらい (^-^;

まぁでも、渋滞で待ちに待ったから九州上陸の喜びも倍増!!
そんな感動の九州初上陸の動画がこちら。



う〜ん、ふつうの動画ですよね。。。
でも、感動の瞬間でした (^-^)v

さて、次回は『小倉城』を目指して小倉を目指します!!

posted by pleasure1975 at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

別府弁天池

日本最大の規模を誇る鍾乳洞「秋芳洞」の近くに
とても美しい池があるのをご存知ですか?

その名も『別府弁天池』
とりあえず写真をご覧ください!

別府弁天池
▲神秘的な青さを放つ池『別府弁天池』

めちゃくちゃキレイですよね?
カルスト台地特有の湧き水らしいのですが、
この「神秘的な青さ」には感動です♪

この感動…どこかで味わったような?

《続きはこちら⇒》同じ感動を味わった場所とは?
posted by pleasure1975 at 02:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

秋芳洞

やってきました!
日本最大規模の鍾乳洞『秋芳洞』

秋芳洞
▲秋芳洞内部〜千町田


日本で教育を受けていれば、
誰でもその名前を聞いたことがある
『秋芳洞』
ゴールデンウィークということもあって
人・人・人…って感じでした (^-^;

「う〜ん、人多いし、暗いし、写真撮れね〜!」

そんな状況で撮った写真ですが、
何枚かお見せできそうな…できないかも…
みたいな写真があるのでご紹介します!

《続きはこちら⇒》『秋芳洞』の写真はこちら!
posted by pleasure1975 at 02:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

MINIロンドン五輪モデル




ロンドン五輪を記念したロンドンモデル!
「MINI Baker Street」
「MINI Bayswater」

これってロンドンにちなんだネーミングなのかな?

行ったことないし、ロンドンのこと全然知らないので、
関連性が全然わかりませんが (^-^;
今年の春に発売されるそうですよ〜。


日本では、先週の木曜日 1月19日に『MINIロードスター』の
価格が発表されると同時に受注が開始されたそうです。

・MINIクーパー ロードスター(6MT):334万円
・MINIクーパー ロードスター(6AT):347万円
・MINIクーパーS ロードスター(6MT):364万円
・MINIクーパーS ロードスター(6AT):377万円
・MINIジョンクーパーワークス ロードスター(6MT):451万円

2人しか乗れなくなって更に利便性が
悪くなってしまったのですが、この値段!
まぁ、そういうことを考えない人が買う車なんでしょうけどね!

街を走る『MINIロードスター』の姿を見る日も近いですよ♪

ラベル:MINI BMW
posted by pleasure1975 at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MINI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

秋吉台

秋吉台〜日本最大のカルスト台地

ついに来ました!
日本最大のカルスト台地『秋吉台』
国定公園にして「特別天然記念物」なのです!!

秋吉台〜日本最大のカルスト台地
▲見渡す限りのカルスト台地

中学の社会科の授業で、日本最大のカルスト台地と教えられ、
ず〜っと気になっていたところです。
やっと念願が叶いました w
3億5千万年前は海底でサンゴ礁だったというのだから、更に驚きですよね。

そんな『秋吉台』を少しだけですが、
「北山(展望台)」を歩いて登り、散策してみました。
《続きはこちら⇒》『北山』とはどんな山?
posted by pleasure1975 at 01:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

萩の城下町 PART2

前回の記事では、『土塀』を中心に城下町『堀内地区』をご案内しましたが、
今回も引き続き、萩城三の丸だった『堀内地区』をご案内します!

◆ 北の総門
◆ 旧周布家長屋門
◆ 旧繁沢家長屋門
◆ 旧毛利家別邸表門
◆ 旧福原家萩屋敷門
◆ 口羽家(くちばけ)住宅
◆ 堀内 鍵曲(かいまがり)

ひとつひとつ、詳しく紹介したいところですが、
大した知識もないですし、正直同じような景色ばかりなので、
1記事でまとめてご案内したいと思います。

まずは、『北の総門』から
北の総門
▲北の総門

この門は城下から萩城三の丸に入るために設けられた総門の一つです。
柱間約6m、高さ7mの日本最大級の規模を誇る高麗門です。
しかし、残念なのは昔から残っているものではなく、
平成16年に「萩開府400年」を記念して復元されたものだということ。

自分が訪れた2010年5月以降、さらに復元工事が進み、
船着き場などが整備され、写真では茶色い土塀も白漆喰仕上げで
白い壁になっているそうです。

《続きはこちら⇒》その他の見どころはこちら!
posted by pleasure1975 at 04:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

萩の城下町

先日ご案内した美しい砂浜『菊ケ浜』と道を挟んで陸地側に広がっているのが、
近世城下町の武家屋敷の地割りを良好な形で残す土塀の連なる町並み
『堀内地区』です。

萩市の重伝建地区『堀内地区』

この堀内地区は「重要伝統的建造物保存地区」に指定されています。

今回はこの『堀内地区』のうち、その町並の象徴ともいえる土塀を
中心にご案内します!
…「土塀って (^-^;」という声が聞こえてきそうですが w

《続きはこちら⇒》『堀内地区』の象徴とも言える土塀とは?
posted by pleasure1975 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページTOPに戻る

Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。